メニュー

EN

トピックス

2018/12/18

分子生物学教室の壷井將史大学院生、岸雄介講師、平林祐介准教授、後藤由季子教授らの研究グループはマウス大脳の神経幹細胞を用い、組織幹細胞が特定の細胞だけを生み出せる機構のひとつを解明


分子生物学教室の壷井將史大学院生、岸雄介講師、平林祐介准教授、後藤由季子教授らの研究グループはマウス大脳の神経幹細胞を用い、組織幹細胞が特定の細胞だけを生み出せる機構のひとつを明らかにしました。本研究成果は2018年12月17日付けの米科学誌「Developmental Cell」に掲載されました。
 
発表論文
雑誌:Developmental Cell(2018年12月17日号)
題目:Ubiquitination-independent repression of PRC1 targets during neuronal fate restriction in the developing mouse neocortex
著者:Masafumi Tsuboi, Yusuke Kishi, Wakana Kyozuka, Haruhiko Koseki, Yusuke Hirabayashi, and Yukiko Gotoh    
DOI:10.1016/j.devcel.2018.11.018
 
発表概要
 私たちの体を作るさまざまな「幹細胞」は、発生が進むと徐々に分化可能な細胞の種類が少なくなります。たとえば脳を作る「神経幹細胞」は、発生の過程で初めはニューロンに分化できますが、発生後期になるとその能力を失い、グリア細胞のみに分化します。しかしこの「幹細胞の分化能力」がどのように制御されているのかについては未だに多くが謎に包まれています。東京大学大学院工学系研究科大学院学生の壷井將史氏、平林祐介准教授、東京大学大学院薬学系研究科の岸雄介講師、後藤由季子教授らの研究グループは、ポリコーム群タンパク質(PcG, 注2)に注目してそのメカニズムの一端を明らかにしました。まず、ニューロン分化期においては、PcGがヒストンユビキチン化という修飾によって「一過的に(可逆的に)」ニューロン関連遺伝子の発現を抑制しており、ニューロン分化誘導シグナルに応答してPcGによる抑制が外れることで、ニューロン関連遺伝子が活性化しニューロンに分化することが示されました。一方グリア分化期では、PcGはヒストンユビキチン化ではなく、PcG自身の凝集化によって「がっちりと(永続的に)」ニューロン関連遺伝子の発現を抑制しているために、ニューロン分化誘導シグナルに応答してPcGによる抑制が外れないため、神経幹細胞はニューロンに分化しないことが示されました。この成果は、再生医療の実現において、幹細胞の分化能を適切に制御することで、目的の細胞に分化させる方法を確立するために重要な知見になることが期待されます。
詳しくはこちら

2019/01/17
プレスリリース 有機合成化学教室の三ツ沼治信 助教、田辺駿 学部生、布施拡 大学院生、金井求 教授らが、可視光のエネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒システムの開発に成功new
2019/01/15
プレスリリース 天然物化学教室の胡志娟大学院生、淡川孝義講師、阿部郁朗教授らが、天然由来スルホンアミド抗生物質生合成に関わる新規多段階酸化酵素を発見new
2019/01/11
プレスリリース 有機合成化学教室の若木貴行大学院生と金井求教授らの研究グループが、C-H結合を組み換えて炭化水素をアップグレードする触媒を開発new
2019/01/09
プレスリリース 薬品作用学教室の野村洋助教(現・北海道大学大学院薬学研究院講師)、池谷裕二教授らの研究グループが、忘れた記憶を復活させる薬を発見new
2019/01/07
受賞 生長幸之助講師(有機合成化学教室)、長友優典講師(有機反応化学教室)、宮本和範講師(基礎有機化学教室)がThieme Chemistry Journal Award 2019を受賞new
2018/12/18
プレスリリース 分子生物学教室の壷井將史大学院生、岸雄介講師、平林祐介准教授、後藤由季子教授らの研究グループはマウス大脳の神経幹細胞を用い、組織幹細胞が特定の細胞だけを生み出せる機構のひとつを解明
2018/12/04
受賞 機能病態学教室・富田泰輔教授が2018年度島津奨励賞を受賞
2018/11/26
プレスリリース 東京大学、ネオファーマジャパン、クロエ、「ITヘルスケア」社会連携講座を開設
2018/11/13
プレスリリース 宇井理生名誉教授が文化功労者に選出
2018/09/20
プレスリリース 東京大学医学部附属病院・薬剤部の池淵祐樹 助教、本間雅 講師、鈴木洋史 教授らの研究グループは、骨芽細胞に発現するRANKLが骨芽細胞分化・骨形成を促進するシグナル受容分子として機能することを初めて発見
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑