メニュー

EN

トピックス

2019/04/02

天然物化学教室の淡川孝義講師、阿部郁朗教授らが、糸状菌の生産する医薬品シードメロテルペノイド化合物アスコフラノンの生合成経路を解明し、遺伝子破壊の手法によりその大量生産系の構築に成功


東京大学薬学系研究科の淡川孝義講師、阿部郁朗教授、長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科研究科長、東京大学名誉教授、北潔教授、理化学研究所松崎素道研究員、キッコーマン荒木康子らの研究グループは、抗寄生性原虫、抗腫瘍など多様な生理活性を持つメロテロペノイド化合物アスコフラノンを生産する糸状菌の遺伝子操作技術を開発し、それを用いることで、アスコフラノンとその類縁化合物アスコクロリンの全生合成経路の解明、遺伝子操作による活性成分の作り分け、に成功しました。本研究成果は2019年4月1日付でProceedings of the National Academy of Sciences of the United States of Americaに掲載されました。
 
原著論文: Complete biosynthetic pathways of ascofuranone and ascochlorin in Acremonium egyptiacum: branched pathways encoded at two separate loci 
 
メロテルペノイドは、テルペンの部分構造を持ち、有用生理活性を持つ化合物を多く含む天然物です。これらのうち、アスコフラノンは、抗寄生性原虫、抗腫瘍など多様な生理活性を持つことが知られており、医薬品シードとして極めて有望であることが知られていました。しかし、アスコフラノン生産糸状菌は、類縁メロテルペノイド化合物であり細胞毒性を持つアスコクロリンも生産するため、安価な大量生産のためには、両化合物の生合成を同定し、片方の経路を不活化する必要がありました。本研究グループは、生産菌における詳細な遺伝子転写プロファイルの解析を行うことで、アスコフラノン、アスコクロリン生合成酵素遺伝子群を発見しました。次に、遺伝子破壊技術を用いることで、それぞれの生合成酵素の同定を行いました。その結果、アスコフラノン、アスコクロリンの全生合成酵素の同定に成功し、アスコクロリン生合成経路を欠損し、アスコフラノンのみを生産する有用物質生産微生物を人為的に作り出すことに成功しました。この株は、野生株の収量を超える500 mg/Lもの高収量でアスコフラノンを生産する有用微生物であり、本研究でのバイオエンジニアリングで初めて創出されました。本研究を通して、有用物質生産糸状菌の遺伝子操作技術の確立、その生合成エンジニアリングによる生物物質生産システム制御の研究が進展し、医薬品シードの生物生産に大きく寄与することが期待されます。本研究は、文部科学省科学研究費補助金、新学術領域「生合成リデザイン」、JST/NSFC日本-中国戦略的国際共同研究プログラム「植物共生菌相互作用の包括的利用による二次代謝産物の網羅的解析」研究活動の一環として行われました。
 
詳しくはこちら

2019/04/19
プレスリリース 生理化学教室の山本昌平特任研究員と北川大樹教授が、Plk4の自己組織化特性による中心小体複製の制御機構を解明new
2019/04/10
受賞 生長幸之助講師(有機合成化学教室)、林久允助教(分子薬物動態学教室)が平成31年度文部科学大臣表彰を受賞new
2019/04/09
受賞 阿部郁朗教授(天然物化学教室)、宮本和範准教授(基礎有機化学教室)、川島茂裕特任講師(有機合成化学教室)が平成31年度文部科学大臣表彰を受賞
2019/04/02
プレスリリース 天然物化学教室の淡川孝義講師、阿部郁朗教授らが、糸状菌の生産する医薬品シードメロテルペノイド化合物アスコフラノンの生合成経路を解明し、遺伝子破壊の手法によりその大量生産系の構築に成功
2019/03/25
受賞 遺伝学教室・三浦正幸教授が第22回比較腫瘍学常陸宮賞を受賞
2019/03/25
受賞 薬品作用学教室の佐々木拓哉助教と東京大学医学部附属病院・薬剤部の山梨義英助教が平成31年度日本薬学会奨励賞を受賞
2019/03/14
プレスリリース 生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員と嶋田一夫教授らが、Rac1発がん性タンパク質の恒常活性化メカニズムを解明
2019/02/27
プレスリリース 生理化学教室の北川大樹教授、渡辺紘己研究員、高尾大輔助教、伊藤慶(学部四年生)らが、Cep57-PCNT複合体による分裂期中心体の制御機構と、その破綻によるMVA症候群、MOPDⅡの発症機構を解明
2019/01/28
プレスリリース 薬化学教室の尾谷優子講師、劉しん大学院学生、大和田智彦教授らが、360度回転するラ クタムアミドの構築に成功
2019/01/17
プレスリリース 有機合成化学教室の三ツ沼治信 助教、田辺駿 学部生、布施拡 大学院生、金井求 教授らが、可視光のエネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒システムの開発に成功
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑