メニュー

EN

トピックス

2019/06/05

薬品作用学教室の小山隆太准教授と安藤めぐみ大学院生らの研究グループが、自閉症モデルマウスを用いて、自閉症の治療における運動の有効性とマイクログリアの関与を発見


薬品作用学教室の小山隆太准教授と安藤めぐみ大学院生らの研究グループは、自閉症モデルマウスを用いて、自閉症の治療における運動の有効性を示しました。本研究成果は2019年6月5付でCell Reports誌(オンライン版)に掲載されました。
 
発表論文
雑誌:Cell Reports
題目:Exercise reverses behavioral and synaptic abnormalities after maternal inflammation
著者:安藤めぐみ、柴田和輝、岡本和樹、小野寺純也、森下皓平、三浦友樹、池谷裕二、小山隆太*(*責任著者)
 
発表概要
 自閉症は、社会性障害やコミュニケーション障害を主な症状とする神経発達障害です。自閉症は患者やその家族の生活の質を損ねることが問題となっていました。しかしながら、その発症メカニズムは十分には解明されておらず、根本的な治療法も確立されておりません。
 研究グループは、自発的な運動が自閉症モデルマウスにおける自閉症様行動と、脳内シナプス密度の増加を改善させることを発見しました。また、自閉症モデルマウスでは脳内免疫細胞であるマイクログリアによるシナプス貪食が不全となっており、運動がシナプス貪食を促進させ、シナプス密度を正常化することを明らかにしました。
 本研究から、自閉症の発症および治療におけるマイクログリアの重要性が明らかとなりました。本研究成果が、自閉症の発症メカニズムのさらなる解明や、新規治療ターゲットの創出に繋がることが期待されます。

2019/10/08
プレスリリース 薬学系研究科薬品代謝化学教室の浦野泰照教授、医学系研究科生体情報学分野の千葉真由美博士課程学生、神谷真子准教授らが、1細胞レベルで標的細胞の細胞死誘導が可能な試薬を開発new
2019/09/25
お知らせ 研究・教育年報第23巻を公開しました
2019/09/24
プレスリリース 遺伝学教室の篠田夏樹特任助教、花輪望未大学院生、三浦正幸教授らが、細胞死を実行する因子として知られるカスパーゼが、非細胞死性に器官の成長を促進し、器官サイズの安定性に寄与することを発見
2019/08/28
プレスリリース 薬学系研究科薬品代謝化学教室の浦野泰照教授、医学系研究科生体情報学分野の河谷稔博士課程学生、山本恭子博士課程学生、神谷真子准教授らが、前立腺がんをその場で光らせて検出する新しい種類の蛍光試薬を開発
2019/08/28
プレスリリース 生理化学教室の高尾大輔助教・山本昌平研究員 ・北川大樹教授が、中心小体複製の制御メカニズムをモデル化
2019/08/02
プレスリリース 薬化学教室の翟 璐晗(ザイ ルーハン)特任研究員と大和田智彦教授らが、アルツハイマー病に関係していると考えられているアミロイドβの凝集構造の起源について計算化学を用いて解析し、今まで認識されていなかった弱い電子相互作用を疎水性領域に発見
2019/07/07
プレスリリース 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、井上将行教授らの研究グループが、OBOCライブラリー戦略の応用により強力な抗菌活性を示す人工化合物群の創出に成功
2019/06/21
プレスリリース 天然物合成化学教室の今村祐亮大学院生、長友優典講師、井上将行教授らが、がん細胞毒性を有する複雑天然物1-ヒドロキシタキシニンの全合成に成功
2019/06/10
プレスリリース 化学物質安全性評価システム構築(社会連携講座)の竹内春樹特任准教授、および薬品作用学教室の中嶋藍特任助教と伊原尚樹大学院生らの研究グループが神経回路形成の新たなルールを解明
2019/06/05
プレスリリース 薬品作用学教室の小山隆太准教授と安藤めぐみ大学院生らの研究グループが、自閉症モデルマウスを用いて、自閉症の治療における運動の有効性とマイクログリアの関与を発見
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑