メニュー

EN

トピックス

2019/08/28

生理化学教室の高尾大輔助教・山本昌平研究員 ・北川大樹教授が、中心小体複製の制御メカニズムをモデル化


生理化学教室の高尾大輔助教・山本昌平研究員・北川大樹教授が、細胞分裂に重要な細胞小器官である中心小体の複製メカニズムを解明しました。中心小体の複製プロセスにおいて、主要因子であるPlk4の自己組織化が寄与していることを超解像イメージングと数理モデリングによって明らかにしました。
本研究成果は2019年8月26日付でJournal of Cell Biology電子版に掲載されました。
 
発表論文
雑誌:Journal of Cell Biology
題目:A Theory of Centriole Duplication Based on Self-Organized Spatial Pattern Formation
著者:Daisuke Takao, Shohei Yamamoto, and Daiju Kitagawa
DOI : 10.1083/jcb.201904156
論文へのリンク:http://jcb.rupress.org/content/early/2019/08/23/jcb.201904156/tab-article-info
 
発表概要
中心小体はタンパク質の複合体から形成される非膜系の細胞小器官であり、動物細胞における中心体や繊毛・鞭毛の形成に必要とされます。中心小体を核として形成された中心体は、微小管形成中心として細胞分裂や細胞内極性の形成に重要な働きをしています。中心小体の複製はDNAと同様に一細胞周期に一度だけ起こり、母中心小体の隣に一つだけ娘中心小体が形成されます。中心小体の消失や過剰な複製は、小頭症や癌の悪性化などヒト疾患の原因の一つとされており、適切な細胞の機能を保証するために中心小体の複製は厳格に制御されなければなりません。しかしながら、中心小体のコピー数を制御する基本原理は未解明のままでした。
 今回、本研究グループは主要な制御因子であるPolo like kinase 4(Plk4)の自己組織化特性によって、中心小体複製プロセスが時空間的に制御されることを解明しました。中心小体周辺の直径400 nm程度の空間でダイナミックに変動するPlk4の局在パターンをSTED超解像イメージングにより定量的に可視化しました。さらに、数理モデリングとシミュレーションによって、実際に可視化された空間パターンがどのようなメカニズムで形成されるのかをPlk4の分子特性によって説明することに成功しました。分子スケールのパターン制御メカニズムが細胞機能制御に関与していることを示した本研究の成果は、組織の形態形成など、生命システムに普遍的なパターン形成メカニズムの全容解明につながることが期待されます。


2020/03/12
プレスリリース 薬品代謝化学教室の坂本眞伍 大学院生、小松徹 特任助教、浦野泰照 教授らが、血液中の1分子レベルの酵素活性検出に基づく新たな病態診断法を開発
2020/02/29
受賞 天然物化学教室の淡川孝義 准教授がIsoprenoid Society の Kenji Mori Medal を受賞
2020/02/28
プレスリリース 薬品作用学教室の宮脇健行 大学院生(研究当時)、池谷裕二 教授らが、マウス全脳血管ネットワーク可視化手法の開発に成功
2020/02/15
プレスリリース 有機合成化学教室の布施拡 大学院生、三ツ沼治信 特任助教、金井求 教授らの研究グループが、クリーンなアルコール酸化触媒システムの開発に成功
2020/02/13
プレスリリース 薬品作用学教室の石川智愛 大学院生、池谷裕二教授らが、海馬ニューロンが受けるシナプス入力 を大規模に可視化することで、近傍のシナプスが特定の順番で反復入力 (シークエンス入力)を受けることを発見
2020/01/30
プレスリリース 薬品代謝化学教室の沼澤宏治大学院生、花岡健二郎准教授、浦野泰照教授らが、動物体内で葉酸受容体を高発現しているがん部位を、短時間ではっきりと蛍光検出する新たな蛍光試薬を開発
2020/01/25
受賞 分子薬物動態学教室の三宅健之大学院生が米国薬理学会(ASPET) "James R. Gillette Awards from the Division for Drug Metabolism and Disposition"を受賞
2020/01/24
プレスリリース 有機合成化学教室の土門憲史 博士、藤吉浩平 学部生、川島茂裕 特任講師、山次健三 助教、金井求 教授らが、セリン/スレオニンキナーゼ様のリン酸化を進行する化学触媒系を開発
2020/01/15
プレスリリース 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、三浦健介大学院生、神谷光一大学院生、井上将行教授らが、抗がんデヒドロペプチド系天然物ヤクアミドBの固相全合成に成功
2020/01/08
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の 平野良憲助教らが植物の根に重力方向を伝える新しい因子の発見 ~オーキシンを重力側へより多く分配するしくみ~
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑