メニュー

EN

トピックス

2019/08/28

生理化学教室の高尾大輔助教・山本昌平研究員 ・北川大樹教授が、中心小体複製の制御メカニズムをモデル化


生理化学教室の高尾大輔助教・山本昌平研究員・北川大樹教授が、細胞分裂に重要な細胞小器官である中心小体の複製メカニズムを解明しました。中心小体の複製プロセスにおいて、主要因子であるPlk4の自己組織化が寄与していることを超解像イメージングと数理モデリングによって明らかにしました。
本研究成果は2019年8月26日付でJournal of Cell Biology電子版に掲載されました。
 
発表論文
雑誌:Journal of Cell Biology
題目:A Theory of Centriole Duplication Based on Self-Organized Spatial Pattern Formation
著者:Daisuke Takao, Shohei Yamamoto, and Daiju Kitagawa
DOI : 10.1083/jcb.201904156
論文へのリンク:http://jcb.rupress.org/content/early/2019/08/23/jcb.201904156/tab-article-info
 
発表概要
中心小体はタンパク質の複合体から形成される非膜系の細胞小器官であり、動物細胞における中心体や繊毛・鞭毛の形成に必要とされます。中心小体を核として形成された中心体は、微小管形成中心として細胞分裂や細胞内極性の形成に重要な働きをしています。中心小体の複製はDNAと同様に一細胞周期に一度だけ起こり、母中心小体の隣に一つだけ娘中心小体が形成されます。中心小体の消失や過剰な複製は、小頭症や癌の悪性化などヒト疾患の原因の一つとされており、適切な細胞の機能を保証するために中心小体の複製は厳格に制御されなければなりません。しかしながら、中心小体のコピー数を制御する基本原理は未解明のままでした。
 今回、本研究グループは主要な制御因子であるPolo like kinase 4(Plk4)の自己組織化特性によって、中心小体複製プロセスが時空間的に制御されることを解明しました。中心小体周辺の直径400 nm程度の空間でダイナミックに変動するPlk4の局在パターンをSTED超解像イメージングにより定量的に可視化しました。さらに、数理モデリングとシミュレーションによって、実際に可視化された空間パターンがどのようなメカニズムで形成されるのかをPlk4の分子特性によって説明することに成功しました。分子スケールのパターン制御メカニズムが細胞機能制御に関与していることを示した本研究の成果は、組織の形態形成など、生命システムに普遍的なパターン形成メカニズムの全容解明につながることが期待されます。


2019/08/28
プレスリリース 薬学系研究科薬品代謝化学教室の浦野泰照教授、医学系研究科生体情報学分野の河谷稔博士課程学生、山本恭子博士課程学生、神谷真子准教授らが、前立腺がんをその場で光らせて検出する新しい種類の蛍光試薬を開発
2019/08/28
プレスリリース 生理化学教室の高尾大輔助教・山本昌平研究員 ・北川大樹教授が、中心小体複製の制御メカニズムをモデル化
2019/08/02
プレスリリース 薬化学教室の翟 璐晗(ザイ ルーハン)特任研究員と大和田智彦教授らが、アルツハイマー病に関係していると考えられているアミロイドβの凝集構造の起源について計算化学を用いて解析し、今まで認識されていなかった弱い電子相互作用を疎水性領域に発見
2019/07/07
プレスリリース 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、井上将行教授らの研究グループが、OBOCライブラリー戦略の応用により強力な抗菌活性を示す人工化合物群の創出に成功
2019/06/21
プレスリリース 天然物合成化学教室の今村祐亮大学院生、長友優典講師、井上将行教授らが、がん細胞毒性を有する複雑天然物1-ヒドロキシタキシニンの全合成に成功
2019/06/10
プレスリリース 化学物質安全性評価システム構築(社会連携講座)の竹内春樹特任准教授、および薬品作用学教室の中嶋藍特任助教と伊原尚樹大学院生らの研究グループが神経回路形成の新たなルールを解明
2019/06/05
プレスリリース 薬品作用学教室の小山隆太准教授と安藤めぐみ大学院生らの研究グループが、自閉症モデルマウスを用いて、自閉症の治療における運動の有効性とマイクログリアの関与を発見
2019/05/26
プレスリリース 薬品作用学教室の折田健大学院生と池谷裕二教授らが、人工知能を用いたヒトiPS由来細胞培養の品質管理法を開発
2019/05/23
イベント 東京大学ITヘルスケア社会 連携講座と3Hホールディングスが、患者による情報の管理と利活用に 基づいた患者中心の医薬品開発の推進についての新プログラムを開始し、 2019年5月20日に記者会見を開催
2019/05/23
プレスリリース 機能病態学教室の堀由起子助教と富田泰輔教授、有機合成化学教室の相馬洋平グループリーダーと金井求教授らが、タウアミロイドに対する光酸素化の凝集抑制効果を解明
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑