メニュー

EN

トピックス

2019/11/05

一條秀憲教授が2019年秋の 紫綬褒章を受章


このたび、大学院薬学系研究科・薬学部の一條秀憲教授が本年秋の紫綬褒章を受章されました。

一條教授

一條教授は、長年にわたり細胞レベルのストレス応答の研究に尽力され、特にASKファミリー分子の解析を手がかりに、生体が様々なストレス(酸化ストレス、浸透圧ストレス、小胞体ストレス、病原体感染など)に対してどのように感知・情報処理・応答を行なっているか分子生物学的スケールで多数の新たな発見をされました。その中でも、がん、神経変性、炎症などの病態に深く関わる酸化ストレス応答について、ASK1を中心的要素として含む分子複合体が、細胞内で活性酸素などによって直接酸化され構造ならびに機能を変えることを示し、「システインの酸化還元によるシグナル伝達の可逆的制御」という、ユニーク且つ普遍的なメカニズムを世界に先駆けて提唱されました。また、遺伝性の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因遺伝子として同定された100種類を超える変異型SOD1が、正常のものとは異なる共通の高次構造をとることで小胞体ストレスが惹起され、運動神経細胞死の原因となるという新たな病態発症メカニズムを発見されました。そして、オリジナリティの高いこれらの知見は、ASK1阻害剤を筆頭に、物理化学的あるいは生物学的ストレスの関与する様々な疾患に対する革新的な創薬の開発へと発展しつつあります。これらの優れた業績に対し、平成20年にJCA-Mauvernay Award、平成25年に持田記念学術賞、平成28年に高峰記念第一三共賞、平成29年に上原賞などを受賞されています。
 
このたびのご受章を心よりお喜び申し上げますとともに、一條先生のご健勝と益々のご活躍を祈念申し上げます。
(大学院薬学系研究科・薬学部 名黒功)

2019/11/06
プレスリリース 天然物合成化学教室の鎌倉大貴博士研究員、萩原浩一特任助教、井上将行教授らが、抗不整脈活性を有する複雑天然物タラチサミンの全合成に成功new
2019/11/06
受賞 天然物合成化学教室の長友 優典講師、基礎有機化学教室の王 超助教がMSD生命科学財団Chemist Award BCA 2019を受賞new
2019/11/05
受賞 一條秀憲教授が2019年秋の 紫綬褒章を受章new
2019/10/29
プレスリリース 天然物化学教室の森貴裕助教と阿部郁朗教授ら が、テレオシジン類の骨格形成に関わる新奇酸化酵素の反応機構解析に成功
2019/10/08
プレスリリース 薬学系研究科薬品代謝化学教室の浦野泰照教授、医学系研究科生体情報学分野の千葉真由美博士課程学生、神谷真子准教授らが、1細胞レベルで標的細胞の細胞死誘導が可能な試薬を開発
2019/09/25
お知らせ 研究・教育年報第23巻を公開しました
2019/09/24
プレスリリース 遺伝学教室の篠田夏樹特任助教、花輪望未大学院生、三浦正幸教授らが、細胞死を実行する因子として知られるカスパーゼが、非細胞死性に器官の成長を促進し、器官サイズの安定性に寄与することを発見
2019/08/28
プレスリリース 薬学系研究科薬品代謝化学教室の浦野泰照教授、医学系研究科生体情報学分野の河谷稔博士課程学生、山本恭子博士課程学生、神谷真子准教授らが、前立腺がんをその場で光らせて検出する新しい種類の蛍光試薬を開発
2019/08/28
プレスリリース 生理化学教室の高尾大輔助教・山本昌平研究員 ・北川大樹教授が、中心小体複製の制御メカニズムをモデル化
2019/08/02
プレスリリース 薬化学教室の翟 璐晗(ザイ ルーハン)特任研究員と大和田智彦教授らが、アルツハイマー病に関係していると考えられているアミロイドβの凝集構造の起源について計算化学を用いて解析し、今まで認識されていなかった弱い電子相互作用を疎水性領域に発見
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑