メニュー

EN

トピックス

2019/12/02

生理化学教室の知念拓実特任助教・北川大樹教授らの研究グループが、中心体のないヒト細胞において分裂期紡錘体を形成する分子機構を解明


生理化学教室の知念拓実特任助教・北川大樹教授らの研究グループが、ヒト細胞において中心体に依存せずに分裂期紡錘体の二極性を派生させる分子メカニズムを解明しました。本研究成果は2019年11月29日付でThe EMBO Journal電子版に掲載されました。
 
発表論文
雑誌:The EMBO Journal
題目:NuMA assemblies organize microtubule asters to establish spindle bipolarity in acentrosomal human cells
著者:Takumi Chinen, Shohei Yamamoto, Yutaka Takeda, Koki Watanabe, Kanako Kuroki, Kaho Hashimoto, Daisuke Takao, and Daiju Kitagawa
DOI : 10.15252/embj.2019102378
論文へのリンク:https://www.embopress.org/doi/10.15252/embj.2019102378
 
発表概要
 細胞は分裂時に複製した染色体を正確に娘細胞に分配する必要があり、そのためには二極性の紡錘体形成が必須になります。哺乳類の体細胞分裂では、二つの中心体が極として機能することで二極性の紡錘体が形成されます。その一方で、中心体を持たない卵母細胞の減数分裂では非中心体性のメカニズムが働くことで二極紡錘体形成が為されます。以上のように中心体依存的・非依存的な両経路が紡錘体形成に重要であることは知られていましたが、特にヒトの体細胞分裂において、どのような非中心体性メカニズムが紡錘体の二極性派生に関わるかは明らかになっていませんでした。
 今回、本研究グループは中心体の倍化に重要なキナーゼであるPLK4を阻害することで、ヒト培養細胞において非中心体性の紡錘体を誘導し、二極紡錘体形成プロセスを解析しました。中心体除去時には染色体付近に紡錘体極因子NuMAが重合して微小管を放射上に配向し、その後、微小管の逆並行スライドを担う分裂期キネシンEg5の働きにより紡錘体の二極性が派生し、染色体の整列と分配が起こることが明らかとなりました。さらにNuMAの除去は、中心体を持たない細胞のみならず中心体を持つ細胞においても紡錘体の二極性派生に寄与することを見出しました。以上より、ヒトの体細胞はNuMAに依存した非中心体性システムと中心体に依存したシステムの協調により紡錘体の二極性を派生させることが示唆されました。
本研究の成果は、細胞分裂の基礎マシナリーや卵母細胞の減数分裂のメカニズムなど、生命システムに普遍的な分裂メカニズムの全容解明につながることが期待されます。

2019/12/05
プレスリリース 有機合成化学教室の澤崎鷹大学院生、相馬洋平グループリーダー、金井求教授と、スペイン・Madrid Institute for Advanced Studies in Nanoscience (IMDEA Nanociencia)のCristina Flors博士らの国際共同研究チームが、光触媒反応による一線維レベルでのアミロイド切断の観測に成功new
2019/12/02
プレスリリース 生理化学教室の知念拓実特任助教・北川大樹教授らの研究グループが、中心体のないヒト細胞において分裂期紡錘体を形成する分子機構を解明new
2019/12/01
受賞 天然物化学教室の淡川孝義 准教授が2020年度日本薬学会奨励賞を受賞new
2019/11/21
受賞 化学物質安全性評価システム構築(社会連携講座)の竹内春樹特任准教授、および薬品作用学教室の池谷裕二教授、香取和生大学院生、伊原尚樹大学院生らの共同研究が、ウッドデザイン賞 優秀賞(林野庁長官賞)を受賞
2019/11/06
プレスリリース 天然物合成化学教室の鎌倉大貴博士研究員、萩原浩一特任助教、井上将行教授らが、抗不整脈活性を有する複雑天然物タラチサミンの全合成に成功
2019/11/06
受賞 天然物合成化学教室の長友 優典講師、基礎有機化学教室の王 超助教がMSD生命科学財団Chemist Award BCA 2019を受賞
2019/11/05
受賞 一條秀憲教授が2019年秋の 紫綬褒章を受章
2019/10/29
プレスリリース 天然物化学教室の森貴裕助教と阿部郁朗教授ら が、テレオシジン類の骨格形成に関わる新奇酸化酵素の反応機構解析に成功
2019/10/08
プレスリリース 薬学系研究科薬品代謝化学教室の浦野泰照教授、医学系研究科生体情報学分野の千葉真由美博士課程学生、神谷真子准教授らが、1細胞レベルで標的細胞の細胞死誘導が可能な試薬を開発
2019/09/25
お知らせ 研究・教育年報第23巻を公開しました
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑