メニュー

EN

トピックス

2020/01/15

天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、三浦健介大学院生、神谷光一大学院生、井上将行教授らが、抗がんデヒドロペプチド系天然物ヤクアミドBの固相全合成に成功


 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、三浦健介大学院生、神谷光一大学院生、山下智也博士、井上将行教授は、抗がん活性デヒドロペプチド系天然物ヤクアミドBの固相全合成に初めて成功しました。
 本研究成果は、2020年1月13日付けで「Angewandte Chemie International Edition」(電子版)に掲載されました。
 
雑誌名:Angewandte Chemie International Edition
題目:Solid-Phase Total Synthesis of Yaku’amide B Enabled by Traceless Staudinger Ligation
著者:Hiroaki Itoh, Kensuke Miura, Koichi Kamiya, Tomoya Yamashita, Masayuki Inoue*
(伊藤寛晃、三浦健介、神谷光一、山下智也、井上将行*)
DOI:10.1002/anie.201916517
論文へのリンク:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/anie.201916517
 
発表概要
樹脂上でアミノ酸を連結するFmoc固相合成法は、簡便にペプチドを調製する方法として現在広く用いられています。しかしながら、自然界に存在する生物由来ペプチド(天然物)には、通常のペプチドよりも複雑な構造を持つものも多く、興味深い生物活性を示すにもかかわらず、それらの固相合成法は未だ発展途上です。特に、デヒドロペプチドと呼ばれるアミノ酸残基中に二重結合を含むペプチド群の一般的固相合成法は確立されていませんでした。
本研究グループは、複雑な構造を持つデヒドロペプチド系天然物であり、強力な抗がん活性を示すヤクアミドBの固相全合成に初めて成功しました。本合成では、通常のペプチド合成法では構築できないデヒドロペプチド構造を、無痕跡型Staudingerライゲーションと呼ばれる反応を応用して構築しました。本法は、Fmoc固相合成法をベースに簡便な操作でデヒドロペプチドの全体構造を構築できる極めて一般性の高い方法であり、今後の応用が期待されます。

2020/09/11
プレスリリース 遺伝学教室の山内俊敬 大学院生、三浦正幸教授、小幡史明 講師が腸内細菌によるプリン体の制御機構を発見
2020/08/26
プレスリリース 遺伝学教室の藤澤侑也 大学院生(研究当時)、篠田夏樹 助教、三浦正幸 教授らが、細胞混雑時に生きたまま細胞が脱落する仕組みを解明
2020/08/08
プレスリリース 天然物化学教室の何海兵 大学院生、森貴裕 助教と阿部郁朗 教授らが、テルペン環化酵素の秘められた機能を発見
2020/08/07
受賞 化学物質安全性評価システム構築(社会連携講座)の竹内春樹 特任准教授がジョセフ・アルトマン記念発達神経科学賞を受賞(2020.7.31)
2020/07/23
プレスリリース 遺伝学教室の小坂元 陽奈大学院生、小幡 史明講師、三浦 正幸教授が、全身炎症における腸内フローラの寄与を発見
2020/07/11
お知らせ 東京大学とバイオジェン・ジャパン「脳神経疾患治療学」社会連携講座での共同研究を延長
2020/07/07
プレスリリース 天然物合成化学教室の藤野遥 博士、福田卓海 大学院生、長友優典 講師、井上将行 教授が、核酸系抗生物質ヒキジマイシンの全合成に成功
2020/07/03
プレスリリース 有機合成化学教室の田辺駿 大学院生、三ッ沼治信 特任助教、金井求 教授のグループが、安定なアルケンを活性化してアルデヒドと反応させるハイブリッド触媒システムの開発に成功
2020/06/04
受賞 竹内春樹 特任准教授(化学物質安全性評価システム構築講座)、小幡史明 講師(遺伝学教室)、佐々木拓也 助教(薬品作用学教室)が令和2年度文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞
2020/05/29
プレスリリース 天然物化学教室の翟睿 大学院生、森貴裕 助教、阿部郁朗 教授らが非リボソームペプチドの環化機構を解明
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑