メニュー

EN

トピックス

2020/03/12

薬品代謝化学教室の坂本眞伍 大学院生、小松徹 特任助教、浦野泰照 教授らが、血液中の1分子レベルの酵素活性検出に基づく新たな病態診断法を開発


東京大学大学院薬学系研究科の坂本眞伍 大学院生、小松徹 特任助教、浦野泰照 教授、理化学研究所開拓研究本部渡邉分子生理学研究室の渡邉力也 主任研究員、東京大学大学院工学系研究科の野地博行 教授、名古屋市立大学大学院薬学系研究科の川口充康 講師、中川秀彦 教授、国立がん研究センター研究所の本田一文 部門長らの研究グループは、血液中の酵素を「1分子」レベルで区別して検出する新たな方法論を開発し、疾患と関わる酵素活性異常を超高感度に検出する病態診断法の可能性を示しました。本研究成果は、2020年3月12日付でScience Advances誌に掲載されました。
 
発表論文
雑誌:Science Advances
題目:Multiplexed single-molecule enzyme activity analysis for counting disease-related proteins in biological samples
著者:Shingo Sakamoto, Toru Komatsu*, Rikiya Watanabe*, Yi Zhang, Taiki Inoue, Mitsuyasu Kawaguchi, Hidehiko Nakagawa, Takaaki Ueno, Takuji Okusaka, Kazufumi Honda, Hiroyuki Noji*, and Yasuteru Urano*
DOI番号: doi:10.1126/sciadv.aay0888
論文へのリンク: https://advances.sciencemag.org/content/6/11/eaay0888
 
発表概要
 生体内には、数千種類を超える酵素が存在し、これらの中にはさまざまな疾患の発生と関連して活性異常が起こるものもあります。血液中の特定の酵素活性の異常を知ることは、疾患の有無を判断する際の指標(バイオマーカー)として広く用いられていますが、現在、血液中の酵素を検出する方法論では、その感度の不十分さから血液中にごく微少量で存在する酵素を検出することが困難である場面がしばしば見られ、特に、疾患の早期診断に関わる酵素活性異常を見つけるためには、このような酵素の活性検出法の高感度化が求められています。
 研究グループは、酵素活性を高感度に検出する有機小分子蛍光プローブ技術と、1分子レベルの高精度計測を可能とするマイクロチップ技術という異なる分野の技術を融合させることで、生体サンプル中の多数の酵素の活性を1分子レベルで網羅的に検出する方法論を世界に先駆けて確立し、 これまでの方法論では検出が困難であった血液中のごく微少量の疾患関連酵素を超高感度に検出することを可能としました。そして、本技術を用いて膵臓がん患者血液中の酵素活性を解析し、疾患の進行に伴い血液中に上昇する新たなバイオマーカー候補タンパク質を発見することに成功しました。今後、本手法を用いて様々な疾患バイオマーカー候補の発見や、これに基づく新たな疾患診断法の確立につながることが強く期待されます。
詳しくはこちら

2020/03/12
プレスリリース 薬品代謝化学教室の坂本眞伍 大学院生、小松徹 特任助教、浦野泰照 教授らが、血液中の1分子レベルの酵素活性検出に基づく新たな病態診断法を開発
2020/02/29
受賞 天然物化学教室の淡川孝義 准教授がIsoprenoid Society の Kenji Mori Medal を受賞
2020/02/28
プレスリリース 薬品作用学教室の宮脇健行 大学院生(研究当時)、池谷裕二 教授らが、マウス全脳血管ネットワーク可視化手法の開発に成功
2020/02/15
プレスリリース 有機合成化学教室の布施拡 大学院生、三ツ沼治信 特任助教、金井求 教授らの研究グループが、クリーンなアルコール酸化触媒システムの開発に成功
2020/02/13
プレスリリース 薬品作用学教室の石川智愛 大学院生、池谷裕二教授らが、海馬ニューロンが受けるシナプス入力 を大規模に可視化することで、近傍のシナプスが特定の順番で反復入力 (シークエンス入力)を受けることを発見
2020/01/30
プレスリリース 薬品代謝化学教室の沼澤宏治大学院生、花岡健二郎准教授、浦野泰照教授らが、動物体内で葉酸受容体を高発現しているがん部位を、短時間ではっきりと蛍光検出する新たな蛍光試薬を開発
2020/01/25
受賞 分子薬物動態学教室の三宅健之大学院生が米国薬理学会(ASPET) "James R. Gillette Awards from the Division for Drug Metabolism and Disposition"を受賞
2020/01/24
プレスリリース 有機合成化学教室の土門憲史 博士、藤吉浩平 学部生、川島茂裕 特任講師、山次健三 助教、金井求 教授らが、セリン/スレオニンキナーゼ様のリン酸化を進行する化学触媒系を開発
2020/01/15
プレスリリース 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、三浦健介大学院生、神谷光一大学院生、井上将行教授らが、抗がんデヒドロペプチド系天然物ヤクアミドBの固相全合成に成功
2020/01/08
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の 平野良憲助教らが植物の根に重力方向を伝える新しい因子の発見 ~オーキシンを重力側へより多く分配するしくみ~
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑