メニュー

EN

トピックス

2020/10/20

機能病態学教室の堀由起子 講師が全米医学アカデミー (NAM) のカタリスト・アワー ド (Catalyst Award)を受賞


機能病態学教室の堀由起子 講師が、全米医学アカデミー(NAM)のカタリスト・アワード(Catalyst Award)を受賞しました(共同研究者: 機能病態学教室 富田泰輔 教授、有機合成化学教室 金井求 教授、相馬洋平 グループリーダー)。

Catalyst Awardとは、全米医学アカデミー(NAM)が提唱する「Healthy Longevity Global Grand Challenge (HLGC)」の一環として授けられる賞です。HLGCは、世界各国で進行する高齢化社会の課題解決に資するイノベーション創出を促進するため、優れたアイディアを世界各国から募るものです。これは3つの段階から成り立っており、第1段階:カタリストフェーズ(Catalyst Phase)では、健康長寿の実現に資するシーズとなり得る新しい、革新的なアイディアを世界から約450件選出し、カタリスト・アワード(Catalyst Award)として授与しています。

Catalyst Awardの発表は、「Healthy Longevity Global Competition: Announcement of International Catalyst Award Winners」 (2020年10月15日午前8時~9時30分:米国東部標準時間)にて、バーチャル・イベントとして行われました。

関連リンク <https://healthylongevitychallenge.org/winners/the-regulation-of-formation-and-clearance-of-amyloid-by-photooxygenation/>

2020/11/25
プレスリリース 分子生物学教室の青山幸恵子 特任研究員、岡崎朋彦 助教、後藤由季子 教授がウイルス感染防御における”認識”場と”応答”場をつなぐ新しい鍵因子を発見new
2020/11/18
プレスリリース 分子生物学教室の衛藤光 大学院生、岸雄介 講師、後藤由季子 教授が大脳皮質と基底核を作り分ける初めのメカニズムを発見new
2020/11/11
プレスリリース 遺伝学教室の樫尾宗志朗 助教、三浦正幸 教授が血中代謝産物を介した組織修復の遠隔制御機構を発見
2020/11/10
受賞 後藤由季子教授が2020年秋の 紫綬褒章を受章
2020/10/20
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の張志寛 助教、大戸梅治 准教授、 清水敏之 教授と大日本住友製薬株式会社の共同研究チームがクライオ電子顕微鏡 (Cryo-EM) 分析を用いて高分解能でのTLR7/新規阻害剤の複合体構造を解明
2020/10/20
受賞 機能病態学教室の堀由起子 講師が全米医学アカデミー (NAM) のカタリスト・アワー ド (Catalyst Award)を受賞
2020/10/12
お知らせ 東京大学とエーザイ株式会社が「タンパク質分解創薬」社会連携講座を設置して共同研究を実施
2020/10/05
プレスリリース 生理化学教室の竹田穣 大学院生、知念拓実 助教、北川大樹 教授らが、酵素活性制御の場としての中心体機能を解明
2020/10/03
プレスリリース 天然物合成化学教室の高田悠里 博士、伊藤寛晃 助教、井上将行 教授らの研究グループが、抗生物質グラミシジンAの副作用の低減に成功
2020/10/01
受賞 化学物質安全性評価システム構築(社会連携講座)の竹内春樹 特任准教授が日本味と匂学会研究奨励賞を受賞
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑