メニュー

EN

トピックス

2020/10/20

蛋白構造生物学教室の張志寛 助教、大戸梅治 准教授、 清水敏之 教授と大日本住友製薬株式会社の共同研究チームがクライオ電子顕微鏡 (Cryo-EM) 分析を用いて高分解能でのTLR7/新規阻害剤の複合体構造を解明


東京大学大学院薬学系研究科蛋白構造生物学教室の張志寛 助教、大戸梅治 准教授、 清水敏之 教授と大日本住友製薬株式会社の共同研究チームがクライオ電子顕微鏡 (Cryo-EM) 分析を用いて高分解能でのTLR7/新規阻害剤の複合体構造を解明しました。本研究成果は2020年10月15日付でNature Communicationsに掲載されました。
 
発表雑誌
雑誌名:Nature Communications
題目:Structural analysis reveals TLR7 dynamics underlying antagonism
著者:Shingo Tojo*†, Zhikuan Zhang*, Hiroyuki Matsui, …, Umeharu Ohto† and Toshiyuki Shimizu† (* co-first authors, †co-corresponding authors)
DOI:10.1038/s41467-020-19025-z
論文へのリンク:https://www.nature.com/articles/s41467-020-19025-z
 
発表概要
 自然免疫は病原微生物感染に対する重要な生体防御システムであり、Toll様受容体 (Toll-like receptor, TLR) は自然免疫システムにおいて中心的な役割を果たしています。TLR7は一本鎖RNAの受容体として知られていますが、過剰な応答は全身性エリテマトーデス(SLE)などの自己免疫疾患に関与することが知られています。近年、TLR7を標的とした自己免疫疾患の治療薬が世界中の研究グループおよび製薬企業により開発されていますが、阻害剤によるTLR7の阻害機構の分子メカニズムは解明されていませんでした。
 大日本住友製薬の共同研究チームは、TLR7の強力な低分子アゴニストを起点とし、様々な誘導体化合物を合成しTLR7に対する特異的かつ強力な阻害剤を創出しました。この化合物をSLEモデルマウスに投与した結果、腎炎発症の抑制および生存率の改善が見られました。さらに本研究グループはクライオ電子顕微鏡およびX線結晶構造解析を併用して、TLR7が上記の阻害剤による動的な構造変化を引き起こすこと、つまりTLR7は、クローズ型(活性化型)とオープン型(不活性化型)のコンフォメーション間の動的な平衡状態のため、安定な活性化状態を保持できず、不活性の阻害状態となることを明らかにしました。さらに、東京大学Cryo-EM施設のTitan Krios電子顕微鏡を用いて、世界で初めてTLR7/阻害剤複合体の高分解能の分子構造も明らかにしました。
 本研究グループの成果はの阻害機構を理解するうえで重要な構造的基盤を提供し、TLR7をターゲットとした自己免疫疾患の画期的な治療薬の開発が進むと期待されます。
詳しくはこちら

2020/11/25
プレスリリース 分子生物学教室の青山幸恵子 特任研究員、岡崎朋彦 助教、後藤由季子 教授がウイルス感染防御における”認識”場と”応答”場をつなぐ新しい鍵因子を発見new
2020/11/18
プレスリリース 分子生物学教室の衛藤光 大学院生、岸雄介 講師、後藤由季子 教授が大脳皮質と基底核を作り分ける初めのメカニズムを発見new
2020/11/11
プレスリリース 遺伝学教室の樫尾宗志朗 助教、三浦正幸 教授が血中代謝産物を介した組織修復の遠隔制御機構を発見
2020/11/10
受賞 後藤由季子教授が2020年秋の 紫綬褒章を受章
2020/10/20
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の張志寛 助教、大戸梅治 准教授、 清水敏之 教授と大日本住友製薬株式会社の共同研究チームがクライオ電子顕微鏡 (Cryo-EM) 分析を用いて高分解能でのTLR7/新規阻害剤の複合体構造を解明
2020/10/20
受賞 機能病態学教室の堀由起子 講師が全米医学アカデミー (NAM) のカタリスト・アワー ド (Catalyst Award)を受賞
2020/10/12
お知らせ 東京大学とエーザイ株式会社が「タンパク質分解創薬」社会連携講座を設置して共同研究を実施
2020/10/05
プレスリリース 生理化学教室の竹田穣 大学院生、知念拓実 助教、北川大樹 教授らが、酵素活性制御の場としての中心体機能を解明
2020/10/03
プレスリリース 天然物合成化学教室の高田悠里 博士、伊藤寛晃 助教、井上将行 教授らの研究グループが、抗生物質グラミシジンAの副作用の低減に成功
2020/10/01
受賞 化学物質安全性評価システム構築(社会連携講座)の竹内春樹 特任准教授が日本味と匂学会研究奨励賞を受賞
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑