メニュー

EN

トピックス

2020/11/10

後藤由季子教授が2020年秋の 紫綬褒章を受章


薬学系研究科の後藤由季子教授が、2020年11月2日の褒章発令において、学術・芸術・スポーツ分野で業績の著しい方を対象とする紫綬褒章を受章されました。



後藤教授は、永年にわたって生命科学の教育、研究に務められ、特に、「MAPキナーゼ経路」の同定ならびに神経幹細胞運命制御機構の解明、に多大な貢献をされました。生命体の基本構成単位である細胞は、細胞外から増殖因子、分化因子などの情報を受け取って細胞内の核(DNA)へと情報を伝えることで、自身の機能・性質の変化、増殖や生存などの運命変化、の決定を行います。「MAPキナーゼ経路」はこの情報伝達を司る主要な経路です。「MAPキナーゼ経路」の同定は、生命体の成り立ちを理解するという生命科学の基礎として根源的な発見であったと同時に、「MAPキナーゼ経路」の異常活性化が癌化につながることから医学的社会的インパクトも大きなものでした。また後藤教授は、細胞運命制御に魅せられて幹細胞が組織を作り上げる過程を研究し、脳の幹細胞である「神経幹細胞」の巧妙な運命制御機構をいくつも明らかにされました。その中でも、成体(大人)の脳に存在する神経幹細胞の胎生期の起源を明らかにした発見は、アイデアの意外性・独創性、実験的証明の明確さが世界的に高く評価されています。後藤教授は、現在も脳発生の基本原理とその異常による脳疾患への関連を精力的に研究されています。そして神経科学、幹細胞学の分野で主要な国際学会のプレナリー講演や国際誌のアドバイザーを数多く務めるなど国際的な活躍をされています。

後藤教授の今回のご受章は、基礎学術への国際的貢献と種々の学術界への貢献を高く評価されたものです。御受章を心よりお祝い申し上げますとともに、今後の益々の御活躍を祈念いたします。
(大学院工学系研究科・工学部 平林祐介)

2020/11/25
プレスリリース 分子生物学教室の青山幸恵子 特任研究員、岡崎朋彦 助教、後藤由季子 教授がウイルス感染防御における”認識”場と”応答”場をつなぐ新しい鍵因子を発見new
2020/11/18
プレスリリース 分子生物学教室の衛藤光 大学院生、岸雄介 講師、後藤由季子 教授が大脳皮質と基底核を作り分ける初めのメカニズムを発見new
2020/11/11
プレスリリース 遺伝学教室の樫尾宗志朗 助教、三浦正幸 教授が血中代謝産物を介した組織修復の遠隔制御機構を発見
2020/11/10
受賞 後藤由季子教授が2020年秋の 紫綬褒章を受章
2020/10/20
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の張志寛 助教、大戸梅治 准教授、 清水敏之 教授と大日本住友製薬株式会社の共同研究チームがクライオ電子顕微鏡 (Cryo-EM) 分析を用いて高分解能でのTLR7/新規阻害剤の複合体構造を解明
2020/10/20
受賞 機能病態学教室の堀由起子 講師が全米医学アカデミー (NAM) のカタリスト・アワー ド (Catalyst Award)を受賞
2020/10/12
お知らせ 東京大学とエーザイ株式会社が「タンパク質分解創薬」社会連携講座を設置して共同研究を実施
2020/10/05
プレスリリース 生理化学教室の竹田穣 大学院生、知念拓実 助教、北川大樹 教授らが、酵素活性制御の場としての中心体機能を解明
2020/10/03
プレスリリース 天然物合成化学教室の高田悠里 博士、伊藤寛晃 助教、井上将行 教授らの研究グループが、抗生物質グラミシジンAの副作用の低減に成功
2020/10/01
受賞 化学物質安全性評価システム構築(社会連携講座)の竹内春樹 特任准教授が日本味と匂学会研究奨励賞を受賞
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑