メニュー

EN

トピックス

2020/12/11

薬品代謝化学教室の花岡健二郎 准教授が第3回島津奨励賞(2020年度)を受賞


本学大学院薬学系研究科薬品代謝化学教室の花岡健二郎 准教授が第3回島津奨励賞(2020年度)を受賞しました。「島津奨励賞」は、2018年度に設置された賞で、科学技術、主として科学計測に係る領域で、基礎的研究及び応用・実用化研究において独創的成果をあげ、かつ、その研究の発展が期待される45歳以下の研究者を島津科学技術振興財団が表彰するものです(毎年3名以下)。

【概要】
花岡准教授は、生命現象の解明のために必要不可欠な蛍光を用いた計測技術である蛍光イメージングにおいて必要とされる蛍光試薬の開発に大きく貢献しました。蛍光試薬の開発における新たな切り口として、従来汎用されている緑色の波長領域の蛍光では難しい生体深部観察に対応するため、さらに長い深赤色から近赤外波長領域に至る蛍光化合物の母核を新たに開発し、それを用いて実用的な蛍光試薬の開発及び市販化に成功した点が高く評価されました。

詳細はこちら:https://www.shimadzu.co.jp/ssf/news/2020/news20201211-2.html

2021/01/15
プレスリリース 生理化学教室の知念拓実 助教、山崎香穂 大学院生、北川大樹 教授らが、 中心小体と中心体マトリックスによる協調的な二極紡錘体形成機構を解明new
2021/01/13
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の石田英子 特任研究員、大戸梅治 准教授、清水敏之 教授らがウイルスのRNAを感知するToll様受容体と輸送に関与するUNC93B1との複合体構造を解明new
2021/01/07
プレスリリース 細胞情報学教室の小川基行 大学院生、名黒功 准教授、一條秀憲 教授らが がんの元になる細胞を周囲の正常細胞が認識・排除する機構を解明new
2021/01/07
プレスリリース 薬品作用学教室の岡本和樹 大学院生(研究当時)、池谷裕二 教授らが、生物研究用に開発された蛍光ガラス素材の開発に成功new
2020/12/26
プレスリリース 薬品作用学教室の井形秀吉 大学院生、佐々木拓哉 特任准教授、池谷裕二 教授が新しい学習に必要な脳の情報リプレイを解明
2020/12/11
受賞 薬品代謝化学教室の花岡健二郎 准教授が第3回島津奨励賞(2020年度)を受賞
2020/12/02
受賞 天然物合成化学教室の伊藤寛晃 助教が2021年度日本薬学会奨励賞を受賞
2020/11/25
プレスリリース 分子生物学教室の青山幸恵子 特任研究員、岡崎朋彦 助教、後藤由季子 教授がウイルス感染防御における”認識”場と”応答”場をつなぐ新しい鍵因子を発見
2020/11/18
プレスリリース 分子生物学教室の衛藤光 大学院生、岸雄介 講師、後藤由季子 教授が大脳皮質と基底核を作り分ける初めのメカニズムを発見
2020/11/11
プレスリリース 遺伝学教室の樫尾宗志朗 助教、三浦正幸 教授が血中代謝産物を介した組織修復の遠隔制御機構を発見
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑