メニュー

EN

トピックス

2021/01/07

薬品作用学教室の岡本和樹 大学院生(研究当時)、池谷裕二 教授らが、生物研究用に開発された蛍光ガラス素材の開発に成功


薬品作用学教室の岡本和樹 大学院生(研究当時)、池谷裕二 教授らの研究グループは、生物研究用に開発された蛍光ガラス素材を開発しました。本研究成果は、2021年1月6日のScience Advances誌に掲載されました。
 
発表論文
雑誌:Science Advances(1月6日オンライン版)
題目:Tb3+-doped fluorescent glass for biology
著者:Okamoto, K., Ebina, T., Fujii, N., Konishi, K., Sato, Y., Kashima, T., Nakano, R., Hioki, H., Takeuchi, H., Yumoto, J., Matsuzaki, M., Ikegaya, Y.
論文へのリンク:https://advances.sciencemag.org/content/7/2/eabd2529
DOI: 10.1126/sciadv.abd2529
 
発表概要
 神経細胞の活動を記録する上で、パッチクランプ記録法は欠かせないツールとなっています。また近年の遺伝学の発展により、特定の細胞種の蛍光タンパク質標識が一般的に用いられていますが、記録に使用されるガラス電極には蛍光がないため、それらを同じ視野内で観察することができませんでした。もとより標的パッチクランプ記録法は技術者の繊細な手技が要求される難しい手法であり、実験者の技術的な努力で補われているという現状がありました。
今回、薬品作用学教室では希土類イオンの一つである酸化テルビウム(Tb3+)をガラスに添加し、緑色の蛍光波長をもたせることで、緑色蛍光タンパク質(GFP)で標的された細胞と同時に可視化できるパッチクランプガラス電極を実現しました。このTb3+電極は、主として標的パッチクランプ手法への普及を見据えたものですが、それ以外にも単一細胞を対象にした遺伝子導入や遺伝子シークエンス解析にも応用できます。世界的にも単一細胞レベルの研究への需要は高まっており、幅広い用途での有用な研究ツールとなることが期待されます。

2021/01/15
プレスリリース 生理化学教室の知念拓実 助教、山崎香穂 大学院生、北川大樹 教授らが、 中心小体と中心体マトリックスによる協調的な二極紡錘体形成機構を解明new
2021/01/13
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の石田英子 特任研究員、大戸梅治 准教授、清水敏之 教授らがウイルスのRNAを感知するToll様受容体と輸送に関与するUNC93B1との複合体構造を解明new
2021/01/07
プレスリリース 細胞情報学教室の小川基行 大学院生、名黒功 准教授、一條秀憲 教授らが がんの元になる細胞を周囲の正常細胞が認識・排除する機構を解明new
2021/01/07
プレスリリース 薬品作用学教室の岡本和樹 大学院生(研究当時)、池谷裕二 教授らが、生物研究用に開発された蛍光ガラス素材の開発に成功new
2020/12/26
プレスリリース 薬品作用学教室の井形秀吉 大学院生、佐々木拓哉 特任准教授、池谷裕二 教授が新しい学習に必要な脳の情報リプレイを解明
2020/12/11
受賞 薬品代謝化学教室の花岡健二郎 准教授が第3回島津奨励賞(2020年度)を受賞
2020/12/02
受賞 天然物合成化学教室の伊藤寛晃 助教が2021年度日本薬学会奨励賞を受賞
2020/11/25
プレスリリース 分子生物学教室の青山幸恵子 特任研究員、岡崎朋彦 助教、後藤由季子 教授がウイルス感染防御における”認識”場と”応答”場をつなぐ新しい鍵因子を発見
2020/11/18
プレスリリース 分子生物学教室の衛藤光 大学院生、岸雄介 講師、後藤由季子 教授が大脳皮質と基底核を作り分ける初めのメカニズムを発見
2020/11/11
プレスリリース 遺伝学教室の樫尾宗志朗 助教、三浦正幸 教授が血中代謝産物を介した組織修復の遠隔制御機構を発見
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑