メニュー

EN

トピックス

2018/04/26

薬品代謝化学教室の高橋翔 大大学院生、鏡味優大学院生、花岡健二郎准教授、浦野泰照教授らの 研究グループは、生きている細胞から臓器までのpHを蛍光で簡便に 計測する技術を開発


科学技術振興機構(JST)研究成果展開事業【先端計測分析技術・機器開発プログラム】において、薬品代謝化学教室の高橋翔大大学院生、鏡味優大学院生、花岡健二郎准教授、浦野泰照教授らの研究グループは、生きている細胞から臓器までのpHを蛍光で簡便に計測する技術を開発しました。
本研究成果は2018年4月24日付で米国化学会誌「Journal of the American Chemical Society」のオンライン速報版で公開されました。
 

雑誌名:Journal of the American Chemical Society
論文タイトル:Development of a Series of Practical Fluorescent Chemical Tools To Measure pH Values in Living Samples
著者:Shodai Takahashi, Yu Kagami, Kenjiro Hanaoka, Takuya Terai, Toru Komatsu, Tasuku Ueno, Masanobu Uchiyama, Ikuko Koyama-Honda, Noboru Mizushima, Tomohiko Taguchi, Hiroyuki Arai, Tetsuo Nagano, and Yasuteru Urano.
DOI番号:10.1021/jacs.8b00277
アブストラクトURL:https://pubs.acs.org/doi/10.1021/jacs.8b00277
 
 細胞は取り込んだタンパク質や有機物質の代謝、細胞構成成分の合成、輸送など、さまざまな生化学反応を調整して、生命機能を維持しています。これらの生化学反応を効率良く行うために細胞内には多くの異なった小器官(オルガネラ)が存在し、それぞれ種々の生化学反応に最適なpHを維持しています。臓器レベルでも生体内のpHは維持されている一方、pHの異常はさまざまな疾患に繋がります。
 本研究では、細胞内オルガネラから生体内の臓器に至るまで、生きたまま蛍光でpHを測定する新たな蛍光色素群を開発しました。これまでの蛍光色素と比較して、今回開発した蛍光色素は光の照射による色素の褪色が遅く、長時間の測定が可能になりました。さらに、酸性から中性にかけてオーダーメイドで見たいpHに適した蛍光色素に作り変えられるため、生きた状態でさまざまなオルガネラや臓器のpHを測定することができます。
 本研究成果は、細胞内オルガネラや臓器内のpHをこれまでより簡便かつ正確に、かつリアルタイムに測定することにつながり、がんの画像診断への応用や、pHの異常が関与する疾患の解明およびそれに基づく薬の開発に貢献することが期待されます。
 
詳しくはこちら

2018/07/18
プレスリリース 細胞情報学教室の圓谷奈保美 大学院生、本間謙吾特任助教、藤澤貴央助教、一條秀憲教授らの 共同研究チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)が発症する分子メカ ニズムを明らかにnew
2018/07/05
お知らせ 東京大学薬学部「女子中高生サイエンスツアー」開催のお知らせ
2018/06/30
受賞 有機合成化学教室・生長幸之助講師が2018年三井化学触媒科学奨励賞を受賞
2018/05/26
プレスリリース 薬品作用学教室(星雄高大学院生、 小山隆太准教授、池谷裕二教授)、生体分析化学教室(岡部弘基助教、船津 高志教授)、そして群馬大学大学院医学系研究科(柴崎貢志准教授)らの共同研究チームが、脳浮腫が生じる新たなメカニズムを解明
2018/05/09
プレスリリース 天然物化学教室の胡丹特別研究員、阿部郁朗教授らが、生物共生微生物における新規ステロイド生合成経路の解明に成功
2018/05/03
プレスリリース 薬品作用学教室の八幡洋輔大学院生および池谷裕二教授らが、熟慮後の失敗が学習を促進することを発見
2018/04/26
プレスリリース 薬品代謝化学教室の高橋翔 大大学院生、鏡味優大学院生、花岡健二郎准教授、浦野泰照教授らの 研究グループは、生きている細胞から臓器までのpHを蛍光で簡便に 計測する技術を開発
2018/04/24
プレスリリース 基礎有機化学教室の王 超 助教、内山 真伸 教授らが、不活性な C–O/C–N 結合を切断しながら高分子合成を行う新反応を開発
2018/04/16
お知らせ 平成29年度 薬学教育評価の評価結果について
2018/04/11
受賞 薬品代謝化学教室・小松徹特任助教、有機合成化学教室・相馬洋平グループリーダー(講師相当)が、平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑