メニュー

EN

トピックス

2018/08/30

天然物化学教室の淡川孝義講師、阿部郁朗教授、産業技術総合研究所の新家一男 主任研究員らが、モジュール酵素の効率的反応改変法の開発に成功


東京大学薬学系研究科の淡川孝義講師と阿部郁朗教授、産業技術総合研究所の新家一男主任研究員らの研究グループは、ポリケタイドと非リボソームペプチドのハイブリッド型抗生物質を合成するモジュール酵素を、天然の構造多様化様式に沿って改変し、合成生物学の手法と組み合わせることによって、これまでにない高い収量の新規デプシペプチド生産系を構築することに成功しました。
本研究成果は2018年8月30日付でNature Communications (オンライン版)に掲載されました。
原著論文: Reprogramming of the antimycin NRPS-PKS assembly lines inspired by gene evolution doi:10.1038/s41467-018-05877-z 
論文はこちら:https://www.nature.com/articles/s41467-018-05877-z
 
ポリケタイドと非リボソームペプチドのハイブリッド型化合物はブレオマイシン、エポチロン、アンチマイシンのように抗ガン、抗菌活性を持つ医薬品として有用な活性を持つ化合物群です。その構造の複雑さにより、酵素法による新規類縁体の生産法の確立が待たれていましたが、その生合成酵素は触媒ドメインが一つのポリペプチドに連なって存在するモジュール酵素であり、その触媒は厳密に制御されていることから、酵素改変による新規物質生産は非常に困難でした。本研究グループは、アンチマイシン生合成酵素群が、共通の基質を取り込むものの、モジュールの数、触媒ドメインの構成によって化合物を作り分ける、「天然のコンビナトリアル型キメラ酵素」であることに着眼し、酵素多様化進化をコントロールし、それを微生物ホストにて機能させることによって、有機合成化学ではきわめて困難とされた、ラクトンサイズや側鎖構造の異なる新規デプシペプチドを自在に生産することに成功しました。今後、本研究の結果を元に、新規医薬品シード類縁体を、酵素法によって簡便に生産する系が構築され、創薬研究に大きく貢献することが期待されます。
 
詳しくはこちら

2019/05/18
プレスリリース 分子生物学教室の田中秀明大学院学生、岡崎朋彦助教、後藤由季子教授が、ペルオキシソームの新たな機能を発見new
2019/04/19
プレスリリース 生理化学教室の山本昌平特任研究員と北川大樹教授が、Plk4の自己組織化特性による中心小体複製の制御機構を解明
2019/04/10
受賞 生長幸之助講師(有機合成化学教室)、林久允助教(分子薬物動態学教室)が平成31年度文部科学大臣表彰を受賞
2019/04/09
受賞 阿部郁朗教授(天然物化学教室)、宮本和範准教授(基礎有機化学教室)、川島茂裕特任講師(有機合成化学教室)が平成31年度文部科学大臣表彰を受賞
2019/04/02
プレスリリース 天然物化学教室の淡川孝義講師、阿部郁朗教授らが、糸状菌の生産する医薬品シードメロテルペノイド化合物アスコフラノンの生合成経路を解明し、遺伝子破壊の手法によりその大量生産系の構築に成功
2019/03/25
受賞 遺伝学教室・三浦正幸教授が第22回比較腫瘍学常陸宮賞を受賞
2019/03/25
受賞 薬品作用学教室の佐々木拓哉助教と東京大学医学部附属病院・薬剤部の山梨義英助教が平成31年度日本薬学会奨励賞を受賞
2019/03/14
プレスリリース 生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員と嶋田一夫教授らが、Rac1発がん性タンパク質の恒常活性化メカニズムを解明
2019/02/27
プレスリリース 生理化学教室の北川大樹教授、渡辺紘己研究員、高尾大輔助教、伊藤慶(学部四年生)らが、Cep57-PCNT複合体による分裂期中心体の制御機構と、その破綻によるMVA症候群、MOPDⅡの発症機構を解明
2019/01/28
プレスリリース 薬化学教室の尾谷優子講師、劉しん大学院学生、大和田智彦教授らが、360度回転するラ クタムアミドの構築に成功
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑