メニュー

EN

トピックス

2020/05/29

天然物化学教室の翟睿 大学院生、森貴裕 助教、阿部郁朗 教授らが非リボソームペプチドの環化機構を解明


天然物化学教室の翟睿 大学院生、森貴裕 助教、阿部郁朗 教授および北海道大学大学院薬学研究院の松田研一 助教、脇本敏幸 教授の共同研究グループは,放線菌より発見した新規ペプチド環化酵素SurEの触媒機構の解明に成功しました。本研究成果は、2020年5月4日公開のNature Catalysis誌にオンライン掲載されました。

発表論文
雑誌:Nature Catalysis
題目:Heterochiral Coupling in Non-ribosomal Peptide Macrolactamization
著者:Kenichi Matsuda, Rui Zhai, Takahiro Mori, Masakazu Kobayashi, Ayae Sano, Ikuro Abe, Toshiyuki Wakimoto
DOI:10.1038/s41929-020-0456-7
論文へのリンク:https://doi.org/10.1038/s41929-020-0456-7

発表概要
ペニシリン結合タンパク質(PBP-type TE)に分類されるSurEは直鎖状のペプチド鎖の両端を認識し、N末端とC末端のアミノ酸残基間でアミド結合を形成し、環状ペプチドを効率的に合成することが分かりました。SurEはC末端残基にD-アミノ酸、N末端残基にL-アミノ酸を有する基質を選択的に受け入れ、中央部のアミノ酸残基に対しては寛容な選択性を示します。この知見はX線結晶構造解析によって得られたSurEの構造情報からも支持されました。さらにD-アミノ酸とL-アミノ酸との間のヘテロキラルな環化反応は自然界のほぼ全ての環状非リボソームペプチドにおいても共通の機構であることが分かりました。本研究ではSurEの寛容な基質特異性と放線菌細胞内で改変した非リボソームペプチド合成酵素を組み合わせることで非天然型環状ペプチドの合成にも成功しました。PBP-type TEファミリー酵素の機能をさらに開拓し、生体触媒や合成生物学的手法へ展開することによって、環状ペプチドの新しい供給法の確立につながることが期待されます。

2020/07/23
プレスリリース 遺伝学教室の小坂元 陽奈大学院生、小幡 史明講師、三浦 正幸教授が、全身炎症における腸内フローラの寄与を発見new
2020/07/11
お知らせ 東京大学とバイオジェン・ジャパン「脳神経疾患治療学」社会連携講座での共同研究を延長
2020/07/07
プレスリリース 天然物合成化学教室の藤野遥 博士、福田卓海 大学院生、長友優典 講師、井上将行 教授が、核酸系抗生物質ヒキジマイシンの全合成に成功
2020/07/03
プレスリリース 有機合成化学教室の田辺駿 大学院生、三ッ沼治信 特任助教、金井求 教授のグループが、安定なアルケンを活性化してアルデヒドと反応させるハイブリッド触媒システムの開発に成功
2020/06/04
受賞 竹内春樹 特任准教授(化学物質安全性評価システム構築講座)、小幡史明 講師(遺伝学教室)、佐々木拓也 助教(薬品作用学教室)が令和2年度文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞
2020/05/29
プレスリリース 天然物化学教室の翟睿 大学院生、森貴裕 助教、阿部郁朗 教授らが非リボソームペプチドの環化機構を解明
2020/05/26
プレスリリース 衛生化学教室の田中悠貴 大学院生、嶋中雄太 助教(研究当時)、新井 洋由名誉教授、河野望 准教授らが、非アルコール性脂肪性肝疾患の発症機構を解明
2020/05/23
受賞 基礎有機化学教室の 楊 沢コン 大学院生が、2019年度中国優秀私費留学生奨励賞を受賞
2020/05/19
プレスリリース 薬品代謝化学教室の浦野泰照 教授、両角明彦 大学院生、医学系研究科生体情報学の神谷真子 准教授らが、新しい原理に基づく細胞内で自発的に明滅を繰り返す色素の開発に成功
2020/05/08
プレスリリース 機能病態学教室の富田泰輔 教授、堀由起子 講師、邱詠玟 大学院生らと、新潟大学脳研究所の池内健 教授らが、新規Aβ産生制御分子CIB1の同定に成功
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑