メニュー

EN

トピックス

2018/02/09

薬品作用学教室の乘本裕明大学院生、池谷裕二教授らが睡眠中に脳回路がクールダウンされる仕組みを解明


東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らの研究グループは、睡眠中に海馬の神経回路がどのようにクールダウンされるのかを明らかにしました。本研究成果は、2018年2月8日のScience誌(オンライン版)に掲載されました。
 
雑誌:Science(2月8日オンライン版)
題目:Hippocampal Ripples Downregulate Synapses
著者:Norimoto, H., Makino, K., Gao, M., Shikano, Y., Okamoto, K., Ishikawa, T., Sasaki, T., Hioki, H., Fujisawa, S., Ikegaya, Y.
 
海馬が学習や記憶に関わっていることは古くから知られています。しかし、神経細胞の数には限りがあるため、そのままでは脳内が記憶情報で飽和してしまいます。そのため何らかの「クールダウン」の機構が海馬に備わっていると長らく予想されていました。研究グループは、海馬から発生する「sharp wave ripple(以下、SWR)」という脳波が、睡眠中にシナプスの繋がり度合いを弱めていることを突き止めました。この現象は、眠る直前に学習した情報をコードするニューロン群では生じませんでした。つまりSWRは、必要な情報を確保しながら、不要なシナプスを弱めることで、記憶キャパシティを確保することが明らかになりました。また、睡眠中のSWRを阻害するだけで、睡眠不足の状態を十分に再現できることから、睡眠の目的の一つは「SWRを出して回路をクールダウンするため」であると言えます。
 
 
詳しくはこちら

2020/05/04
プレスリリース 基礎有機化学教室の宮本 和範 准教授、内山 真伸 教授らの研究グループが炭素二原子分子(C2)の常温化学合成に世界で初めて成功
2020/03/12
プレスリリース 薬品代謝化学教室の坂本眞伍 大学院生、小松徹 特任助教、浦野泰照 教授らが、血液中の1分子レベルの酵素活性検出に基づく新たな病態診断法を開発
2020/02/29
受賞 天然物化学教室の淡川孝義 准教授がIsoprenoid Society の Kenji Mori Medal を受賞
2020/02/28
プレスリリース 薬品作用学教室の宮脇健行 大学院生(研究当時)、池谷裕二 教授らが、マウス全脳血管ネットワーク可視化手法の開発に成功
2020/02/15
プレスリリース 有機合成化学教室の布施拡 大学院生、三ツ沼治信 特任助教、金井求 教授らの研究グループが、クリーンなアルコール酸化触媒システムの開発に成功
2020/02/13
プレスリリース 薬品作用学教室の石川智愛 大学院生、池谷裕二教授らが、海馬ニューロンが受けるシナプス入力 を大規模に可視化することで、近傍のシナプスが特定の順番で反復入力 (シークエンス入力)を受けることを発見
2020/01/30
プレスリリース 薬品代謝化学教室の沼澤宏治大学院生、花岡健二郎准教授、浦野泰照教授らが、動物体内で葉酸受容体を高発現しているがん部位を、短時間ではっきりと蛍光検出する新たな蛍光試薬を開発
2020/01/25
受賞 分子薬物動態学教室の三宅健之大学院生が米国薬理学会(ASPET) "James R. Gillette Awards from the Division for Drug Metabolism and Disposition"を受賞
2020/01/24
プレスリリース 有機合成化学教室の土門憲史 博士、藤吉浩平 学部生、川島茂裕 特任講師、山次健三 助教、金井求 教授らが、セリン/スレオニンキナーゼ様のリン酸化を進行する化学触媒系を開発
2020/01/15
プレスリリース 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、三浦健介大学院生、神谷光一大学院生、井上将行教授らが、抗がんデヒドロペプチド系天然物ヤクアミドBの固相全合成に成功
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑