メニュー

EN

トピックス

2018/08/30

有機反応化学教室の喜多村佳委博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授が、抗がんペプチド系天然物ヤクアミドBの作用機構を解明


有機反応化学教室の喜多村佳委博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授は、東京農工大学の櫻井香里准教授、がん研究所の旦慎吾博士と共同で、抗がんペプチド系天然物ヤクアミドBのATP合成酵素に対する作用を初めて明らかにしました。本研究成果は、2018年8月29日付けでJournal of the American Chemical Society電子版に掲載されました。

発表論文
掲載雑誌名: Journal of the American Chemical Society
論文タイトル: Target Identification of Yaku’amide B and Its Two Distinct Activities against Mitochondrial FoF1-ATP Synthase
著者: Kai Kitamura, Hiroaki Itoh, Kaori Sakurai, Shingo Dan, Masayuki Inoue*
DOI: 10.1021/jacs.8b07339
論文へのリンクはこちら:
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jacs.8b07339

発表概要:
ヤクアミドBは、通常のペプチドとは異なり4つのα,β-不飽和アミノ酸を有する複雑構造ペプチド系天然物です。本化合物は、複数のがん細胞系列に対して既存の抗がん薬とは異なるパターンで極めて顕著な増殖抑制活性を示すため、新たな抗がん薬シーズとして期待されていますが、その作用機構はこれまで一切明らかになっていませんでした。
今回、本研究グループは、ヤクアミドBを化学的に構築する全合成法を応用し、ヤクアミドB誘導体群の合成とこれらを用いた標的タンパク質同定を試みました。その結果、本化合物は細胞内でミトコンドリアに集積し、FoF1-ATP合成酵素に対して結合することを世界で初めて明らかにしました。さらに、本分子のFoF1-ATP合成酵素に対する作用を解析することで、ヤクアミドBがFoF1-ATP合成酵素によるATP産生を抑制する上、同酵素による逆反応であるATP加水分解を亢進することを初めて見出しました。このような作用を示す化合物はヤクアミドBが初めての例であり、本研究によりヤクアミドBの示す特異な機能を利用した抗がん薬シーズ開発への展開が期待されます。
 

2018/03/29
プレスリリース 小幡史明助教、津田(櫻井)香代子特任研究員、三浦正幸教授らが、食物栄養由来のアミノ酸代謝物SAMが腸組織の恒常性に寄与することを発見
2018/03/23
受賞 井上将行教授(有機反応化学教室)が、読売テクノ・フォーラム ゴールド・メダル賞を受賞
2018/03/18
プレスリリース 有機合成化学教室と機能病態学教室が共同で脳内のアミロイドβ量を減少させる光触媒を開発
2018/03/14
プレスリリース 細胞情報学教室の渡邊謙吾特任助教らが細胞の浸透圧ストレス応答における変換システムを発見
2018/03/13
受賞 長野哲雄名誉教授が日本学士院賞を受賞
2018/02/09
プレスリリース 薬品作用学教室の乘本裕明大学院生、池谷裕二教授らが睡眠中に脳回路がクールダウンされる仕組みを解明
2018/01/21
プレスリリース 薬品作用学教室の佐々木拓哉助教らが作業記憶(ワーキングメモリ)の脳メカニズムを解明
2018/01/21
プレスリリース 生命物理化学教室の白石勇太郎博士研究員、嶋田一夫教授らが、医薬品の副作用を引き起こす受容体分子の構造変化を解明
2018/01/10
プレスリリース 天然物化学教室の中嶋優大学院生、阿部郁朗教授らが、タンパク質結晶構造に基づく酵素の機能改変によって、多段階反応を触媒する新規酸化酵素の創出に成功
2018/01/09
プレスリリース 機能病態学教室の木棚究特別研究員、建部卓也元大学院生、富田泰輔教授らが、アルツハイマー病の病態形成に関わるアストロサイト由来アミロイドβ分解酵素を世界で初めて発見
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑