メニュー

EN

トピックス

2018/08/30

有機反応化学教室の喜多村佳委博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授が、抗がんペプチド系天然物ヤクアミドBの作用機構を解明


有機反応化学教室の喜多村佳委博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授は、東京農工大学の櫻井香里准教授、がん研究所の旦慎吾博士と共同で、抗がんペプチド系天然物ヤクアミドBのATP合成酵素に対する作用を初めて明らかにしました。本研究成果は、2018年8月29日付けでJournal of the American Chemical Society電子版に掲載されました。

発表論文
掲載雑誌名: Journal of the American Chemical Society
論文タイトル: Target Identification of Yaku’amide B and Its Two Distinct Activities against Mitochondrial FoF1-ATP Synthase
著者: Kai Kitamura, Hiroaki Itoh, Kaori Sakurai, Shingo Dan, Masayuki Inoue*
DOI: 10.1021/jacs.8b07339
論文へのリンクはこちら:
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jacs.8b07339

発表概要:
ヤクアミドBは、通常のペプチドとは異なり4つのα,β-不飽和アミノ酸を有する複雑構造ペプチド系天然物です。本化合物は、複数のがん細胞系列に対して既存の抗がん薬とは異なるパターンで極めて顕著な増殖抑制活性を示すため、新たな抗がん薬シーズとして期待されていますが、その作用機構はこれまで一切明らかになっていませんでした。
今回、本研究グループは、ヤクアミドBを化学的に構築する全合成法を応用し、ヤクアミドB誘導体群の合成とこれらを用いた標的タンパク質同定を試みました。その結果、本化合物は細胞内でミトコンドリアに集積し、FoF1-ATP合成酵素に対して結合することを世界で初めて明らかにしました。さらに、本分子のFoF1-ATP合成酵素に対する作用を解析することで、ヤクアミドBがFoF1-ATP合成酵素によるATP産生を抑制する上、同酵素による逆反応であるATP加水分解を亢進することを初めて見出しました。このような作用を示す化合物はヤクアミドBが初めての例であり、本研究によりヤクアミドBの示す特異な機能を利用した抗がん薬シーズ開発への展開が期待されます。
 

2017/08/16
プレスリリース 「薬」の振る舞いと効きめを体内で測る新技術 針状 “ダイヤモンド電極センサー”を使って開発-さまざな病気の治療法や創薬に期待-
2017/08/02
プレスリリース 免疫・微生物学教室の堀昌平教授、村上龍一助教らが制御性T細胞(Treg細胞)による新たな免疫抑制メカニズムを解明
2017/08/01
プレスリリース 天然物化学教室の森貴裕助教、阿部郁朗教授らが、糸状菌二次代謝産物の複雑骨格生合成に関わる新規異性化酵素の構造解析に成功
2017/07/28
受賞 有機反応化学教室・井上将行教授が、スイス化学会レクチャーシップ賞を受賞
2017/07/28
プレスリリース 有機反応化学教室の藤野遥大学院生、長友優典助教、井上将行教授らが、抗生物質であるポリオキシン類およびフッ素化誘導体の統一的全合成に成功
2017/07/28
受賞 有機反応化学教室・長友優典助教が、天然物化学談話会奨励賞を受賞
2017/07/12
お知らせ 東京大学とバイオジェン・ジャパン、「脳神経疾患治療学」社会連携講座を開設
2017/06/11
プレスリリース 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師、山次健三助教、金井求教授らが染色体タンパク質を選択的に酵素に代わって化学修飾する人工的な化学触媒システムを開発
2017/05/27
プレスリリース 有機合成化学教室の山次健三助教、川島茂裕特任講師、金井求教授らが染色体タンパク質の狙った部位に化学修飾を導入する触媒を開発
2017/05/24
プレスリリース 生体分析化学教室の角田誠講師らは、がんの悪性化にアミノ酸が関与していることを発見
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑