東京大学大学院薬学系研究科 育薬学講座東京大学
HOMEEnglish Site
設立主旨と沿革
研究内容紹介
業績
スタッフ/メンバー紹介
講義/実習
トピックス
アルバム/写真
リンク集
スタッフ/メンバー紹介
育薬セミナー・BASIC
文科省委託事業・平成23年度活動報告
DLMセンター
コラム:くすりを育てよう!

研究業績 2005 年

原著論文

  1. Sata R, Ohtani H, Tsujimoto M, Murakami H, Koyabu N, Nakamura T, Uchiumi T, Kuwano M, Nagata H, Tsukimori K, Nakano H, Sawada Y.
    Functional analysis of organic cation transporter 3 expressed in human placenta.
    J Pharmacol Exp Ther 315(2): 888-895, 2005 [Abstract]
  2. Satoh H, Yamashita F, Tsujimoto M, Murakami H, Koyabu N, Ohtani H, Sawada Y.
    Citrus juices inhibit the function of human organic anion-transporting polypeptide OATP-B.
    Drug Metab Dispos 33(4): 518-523, 2005 [Abstract]
  3. Tian R, Koyabu N, Morimoto S, Shoyama Y, Ohtani H, Sawada Y.
    Functional induction and de-induction of P-glycoprotein by St. John's wort and its ingredients in a human colon adenocarcinoma cell line.
    Drug Metab Dispos 33(4): 547-554, 2005 [Abstract]
  4. Nasu R, Kumagai Y, Kogetsu H, Tsujimoto M, Ohtani H, Sawada Y.
    Physiologically based pharmacokinetic model for pralmorelin hydrochloride in rats.
    Drug Metab Dispos 33(10): 1488-1494, 2005 [Abstract]
  5. Nishimuta H, Tsujimoto M, Ogura K, Hiratsuka A, Ohtani H, Sawada Y.
    Inhibitory effects of various beverages on ritodrine sulfation by recombinant human sulfotransferase isoforms SULT1A1 and SULT1A3.
    Pharm Res 22(8): 1406-1410, 2005 [Abstract]
  6. Murakami H, Ohkura A, Takanaga H, Matsuo H, Koyabu N, Naito M, Tsuruo T, Ohtani H, Sawada Y.
    Functional characterization of adenosine transport across the BBB in mice.
    Int J Pharm 290(1-2): 37-44, 2005 [Abstract]
  7. Arima Y, Kubo C, Tsujimoto M, Ohtani H, Sawada Y.
    Improvement of dry mouth by replacing paroxetine with fluvoxamine.
    Ann Pharmacother 39(3): 567-571, 2005 [Abstract]
  8. Hirata S, Izumi S, Furukubo T, Ota M, Fujita M, Yamakawa T, Hasegawa I, Ohtani H, Sawada Y.
    Interactions between clarithromycin and digoxin in patients with end-stage renal disease.
    Int J Clin Pharmacol Ther 43(1): 30-36, 2005 [Abstract]
  9. Nakazono Y, Abe H, Murakami H, Koyabu N, Isaka Y, Nemoto Y, Murata S, Tsutsumi Y, Ohtani H, Sawada Y.
    Association between neuroleptic drug-induced extrapyramidal symptoms and dopamine D2-receptor polymorphisms in Japanese schizophrenic patients.
    Int J Clin Pharmacol Ther 43(4): 163-171, 2005 [Abstract]
  10. Matsui-Sakata A, Ohtani H, Sawada Y.
    Pharmacokinetic-pharmacodynamic analysis of antipsychotics-induced extrapyramidal symptoms based on receptor occupancy theory incorporating endogenous dopamine release.
    Drug Metab Pharmacokinet 20(3): 187-199, 2005 [Abstract]
  11. Matsui-Sakata A, Ohtani H, Sawada Y.
    Receptor occupancy-based analysis of the contributions of various receptors to antipsychotics-induced weight gain and diabetes mellitus.
    Drug Metab Pharmacokinet 20(5): 368-378, 2005 [Abstract]
  12. Murakami Y, Kohyama N, Kobayashi Y, Ohbayashi M, Ohtani H, Sawada Y, Yamamoto T.
    Functional characterization of human monocarboxylate transporter 6 (SLC16A5).
    Drug Metab Dispos 33(12): 1845-1851, 2005 [Abstract]
  13. Dohgu S, Takata F, Yamauchi A, Nakagawa S, Egawa T, Naito M, Tsuruo T, Sawada Y, Niwa M, Kataoka Y.
    Brain pericytes contribute to the induction and up-regulation of blood-brain barrier functions through transforming growth factor-β production.
    Brain Res 1038(2): 208-215, 2005 [Abstract]
  14. Hori S, Ohtsuki S, Ichinowatari M, Yokota T, Kanda T, Terasaki T.
    Selective gene silencing of rat ATP-binding cassette G2 transporter in an in vitro blood-brain barrier model by short interfering RNA.
    J Neurochem 93(1): 63-71, 2005 [Abstract]
  15. Bhongsatiern J, Ohtsuki S, Tachikawa M, Hori S, Terasaki T.
    Retinal-specific ATP-binding cassette transporter (ABCR/ABCA4) is expressed at the choroid plexus in rat brain.
    J Neurochem 92(5): 1277-1280, 2005 [Abstract]
  16. Tachikawa M, Watanabe M, Hori S, Fukaya M, Ohtsuki S, Asashima T, Terasaki T.
    Distinct spatio-temporal expression of ABCA and ABCG transporters in the developing and adult mouse brain.
    J Neurochem 95(1): 294-304, 2005 [Abstract]
  17. Kondo T, Hosoya K, Hori S, Tomi M, Ohtsuki S, Terasaki T.
    PKC/MAPK signaling suppression by retinal pericyte conditioned medium prevents retinal endothelial cell proliferation.
    J Cell Physiol 203(2): 378-386, 2005 [Abstract]
  18. Ohtsuki S, Tomi M, Hata T, Nagai Y, Hori S, Mori S, Hosoya K, Terasaki T.
    Dominant expression of androgen receptors and their functional regulation of organic anion transporter 3 in rat brain capillary endothelial cells; comparison of gene expression between the blood-brain and -retinal barriers.
    J Cell Physiol 204(3):896-900 (2005) [Abstract]
  19. Ohtsuki S, Kamiya N, Hori S, Terasaki T.
    Vascular endothelium-selective gene induction by Tie2 promoter/enhancer in the brain and retina of a transgenic rat.
    Pharm Res 22(6): 852-857, 2005 [Abstract]

著書

  1. 澤田康文著, 『ヒヤリハット事例に学ぶ 服薬指導のリスクマネジメント』, 279p, 日経BP社 (2005)
  2. 澤田康文他著, 日経ドラッグインフォメーション編, 『日経DIクイズ 服薬指導・実践編7』, 147p, 日経BP社 (2005)
  3. 澤田康文著, 『薬と食の相互作用<上巻> 薬と食・嗜好品の出会いで起こる有害作用』, 199p, 医薬ジャーナル社 (2005)
  4. 澤田康文著, 『薬と食の相互作用<下巻> 薬と食・嗜好品の出会いで起こる治療の失敗』, 203p, 医薬ジャーナル社 (2005)
  5. 澤田康文著, 『処方せん監査・疑義照会 実践トレーニング2』, 221p, 南山堂 (2005)
  6. 澤田康文執筆協力, 『調剤学総論 改訂7版』(堀岡正義著), 南山堂 (2005)
  7. 澤田康文, 『薬の知識』(朝日現代用語「知恵蔵」2005), p1071-1076, 朝日新聞社 (2005)
  8. 澤田康文, 「A. 第II部. 第4章. SBO8:薬剤師業務として」(スタンダード薬学シリーズ1『ヒューマニズム・薬学入門』(日本薬学会編)), p50-53, 東京科学同人 (2005)
  9. 澤田康文, 大谷壽一, 「B. 第III部. 第11章. 生理的要因 SBO44-46」(スタンダード薬学シリーズ6『薬と疾病III』(日本薬学会編)), p271-278, 東京科学同人 (2005)
  10. 大谷壽一, 澤田康文ら分担執筆, 『臨床検査データブック2005-2006年版』(高久史麿監修, 黒川清, 春日雅人, 北村聖編), 944p, 医学書院 (2005)
  11. 寺崎哲也, 堀里子, 「第IV部. 第1章. SBO66:薬物が生体内に取り込まれた後, 組織間で濃度差が生じる要因を説明できる」(スタンダード薬学シリーズ6『薬と疾病I』(日本薬学会編)), 東京科学同人 (2005)

総説・その他

  1. 澤田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる④ 医薬品市販後の問題 (I), 月刊薬事 47(1):127-132 (2005)
  2. 澤田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる⑤ 医薬品市販後の問題 (II), 月刊薬事 47(2):301-306 (2005)
  3. 澤田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる⑥ 医薬品市販後の問題 (III), 月刊薬事 47(3):471-476 (2005)
  4. 澤田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる⑦ 医薬の創製から維持・進化へ, 月刊薬事 47(4):889-894 (2005)
  5. 田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる⑧ 医薬の創製から維持・進化へ (II), 月刊薬事 47(5):1057-1062 (2005)
  6. 澤田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる⑨ 医薬の創製から維持・進化へ (III), 月刊薬事 47(6):1253-1257 (2005)
  7. 澤田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる⑩ 医療現場が行うこと (I), 月刊薬事 47(7):1429-1434 (2005)
  8. 澤田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる⑪ 医療現場が行うこと (II), 月刊薬事 47(8):1583-1589 (2005)
  9. 澤田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる⑫ 製薬企業が行うこと (I), 月刊薬事 47(9):1705-1709 (2005)
  10. 澤田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる⑬ 製薬企業が行うこと (II), 月刊薬事 47(10):1881-1887 (2005)
  11. 澤田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる⑭ 製薬企業が行うこと (III), 月刊薬事 47(11):2055-2060 (2005)
  12. 澤田康文, 医薬品ライフタイムマネジメント正しく使って上手に育てる⑮ 大学薬学部・薬科大学が行うこと (I), 月刊薬事 47(12):2261-2268 (2005)
  13. 澤田康文, <高脂血症治療剤>微粉化フェノフィブラートカプセル「リピディルカプセル」, 医薬ジャーナル 41(S-1):344-349 (2005)
  14. 澤田康文, 三木晶子, 佐田宏子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (64) III.薬と食事の相性 4.リファンピシンと食事, 医薬ジャーナル 41(1):143-146 (2005)
  15. 澤田康文, 三木晶子, 佐田宏子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (65) III.薬と食事の相性 5.イトラコナゾールと食事, 医薬ジャーナル 41(2):820-822 (2005)
  16. 澤田康文, 三木晶子, 佐田宏子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (66) III.薬と食事の相性 6.グリセオフルビンと食事, 医薬ジャーナル 41(3):1025-1027 (2005)
  17. 澤田康文, 三木晶子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (67) III.薬と食事の相性 7.β遮断薬と食事, 医薬ジャーナル 41(4):1236-1240 (2005)
  18. 澤田康文, 三木晶子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (68) III.薬と食事の相性 8.ニコチン酸トコフェロールと食事, 医薬ジャーナル 41(5):1439-1441 (2005)
  19. 澤田康文, 三木晶子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (69) III.薬と食事の相性 9.イコサペント酸エチルあるいはプロブコールと食事, 医薬ジャーナル 41(6):1659-1662 (2005)
  20. 澤田康文, 三木晶子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (70) III.薬と食事の相性 10.インドメタシンファルネシルと食事, 医薬ジャーナル 41(7):1853-1857 (2005)
  21. 澤田康文, 三木晶子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (71) III.薬と食事の相性 11.メナテトレノンと食事, 医薬ジャーナル 41(8):2095-2100 (2005)
  22. 澤田康文, 三木晶子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (72) III.薬と食事の相性 12.リボフラビンと食事, 医薬ジャーナル 41(9):2287-2288 (2005)
  23. 澤田康文, 三木晶子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (73) III.薬と食事の相性 13.サキナビルと食事, 医薬ジャーナル 41(10):2507-2508 (2005)
  24. 澤田康文, 三木晶子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (74) III.薬と食事の相性 14.シルデナフィルあるいはバルデナフィルと食事, 医薬ジャーナル 41(11):2730-2735 (2005)
  25. 澤田康文, 三木晶子, 大谷壽一, 薬と食の相互作用 (75) III.薬と食事の相性 15.イベルメクチンと食事, 医薬ジャーナル 41(12):2948-2949 (2005)
  26. 澤田康文, ヒヤリハット事例に学ぶ?⑧ 硝酸系貼付剤を湿布と誤解, 日経ドラッグインフォメーション 87:38-39 (2005)
  27. 澤田康文, ヒヤリハット事例に学ぶ?⑨ 特殊な服薬時点を忘れる患者, 日経ドラッグインフォメーション 89:44-45 (2005)
  28. 澤田康文, ヒヤリハット事例に学ぶ?⑩ 薬の包装中の乾燥剤を誤飲, 日経ドラッグインフォメーション 91:28-29 (2005)
  29. 澤田康文, ヒヤリハット事例に学ぶ?⑪ ケテック服用中に意識消失の危険, 日経ドラッグインフォメーション 93:40-41 (2005)
  30. 澤田康文, ヒヤリハット事例に学ぶ?⑫ 普通錠を口腔内崩壊錠と誤解, 日経ドラッグインフォメーション 95:35-36 (2005)
  31. 澤田康文, ヒヤリハット事例に学ぶ?⑬ ワルファリンの指導は入念に, 日経ドラッグインフォメーション 97:36-37 (2005)
  32. 澤田康文, クイズ疑義照会 吸入ステロイド剤使用中に出された抗真菌剤, 日経ドラッグインフォメーション 91:PE3-PE4 (2005)
  33. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (41), ふくおか県薬会報 18(1):52-58 (2005)
  34. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (42), ふくおか県薬会報 18(2):111-115 (2005)
  35. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (43), ふくおか県薬会報 18(3):175-179 (2005)
  36. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (44), ふくおか県薬会報 18(4):266-272 (2005)
  37. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (45), ふくおか県薬会報 18(5):335-340 (2005)
  38. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (46), ふくおか県薬会報 18(6):429-433 (2005)
  39. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (47), ふくおか県薬会報 18(7):503-510 (2005)
  40. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (48), ふくおか県薬会報 18(8):575-580 (2005)
  41. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (49), ふくおか県薬会報 18(9):668-674 (2005)
  42. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (50), ふくおか県薬会報 18(10):746-754 (2005)
  43. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (51), ふくおか県薬会報 18(11):808-814 (2005)
  44. 澤田康文, 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際 (52), ふくおか県薬会報 18(12):839-844 (2005)
  45. 澤田康文, 総論2 投薬 併用禁忌とされていなくても併用してはいけない薬剤, 治療 (J. Therap.) 87:693-696 (2005)
  46. 澤田康文, 薬剤師に求められる薬学的知識, 病体生理 39:24-30 (2005)
  47. 澤田康文, 薬の知識 基本編 身近な飲食物やサプリメントによる薬への影響, 月刊ナーシング 25(10):22-33 (2005)
  48. 澤田康文, 〔専門講座〕リスクマネージメント?医薬品の副作用 ?薬物相互作用?, 日耳鼻 108:1175-1179 (2005)
  49. 澤田康文, [施設紹介]東京大学大学院薬学系研究科 医薬品情報学講座, 医薬品情報学 (Jpn. J. Drug Inform.) 7:70-74 (2005)
  50. 澤田康文, 医薬品情報学の目指すもの?コンテンツとしてのデータベース・アルゴリズム?, 医薬品情報学 (Jpn. J. Drug Inform.) 7:149-151 (2005)
  51. 澤田康文, ヒト胎盤組織を用いた薬物の胎児移行性及び胎児毒性の定量的評価, 平成16年度創薬等ヒューマンサイエンス研究重点研究報告書, 111-116 (2005)
  52. 澤田康文, くすりの飲み合わせ, 平成16年度武蔵野市寄付講座講義録 薬・健康と仏教, 39-46 (2005)
  53. 澤田康文, 薬物相互作用トピックス, Medical View Point 26:6 (2005)
  54. 澤田康文, Ph.D. SawadaのRp. チェック! 初回では使用されない疼痛治療薬, Rp.【レシピ】別冊 4:144-145 (2005)
  55. 澤田康文, Ph.D. SawadaのRp. チェック! ポリカルボフィルカルシウムとH2受容体拮抗薬の併用は注意, Rp.【レシピ】別冊 4:240-241 (2005)
  56. 澤田康文, 薬物相互作用ワンポイント 第5回 消化管・肝臓代謝過程の相互作用 (2), INTERET 5:12 (2005)
  57. 澤田康文, 薬物相互作用ワンポイント 第6回 消化管・肝臓代謝過程の相互作用 (3), INTERET 6:12 (2005)
  58. 澤田康文, 薬物相互作用ワンポイント 第7回 腎排泄過程の相互作用, INTERET 7:12 (2005)
  59. 澤田康文, 薬物相互作用ワンポイント 第8回 作用発現に関係した受容体での相互作用, INTERET 8:12 (2005)
  60. 澤田康文, 薬物相互作用ワンポイント 第9回 作用発現に関係した酵素での相互作用, INTERET 9:12 (2005)
  61. 澤田康文, 大谷壽一, 第2章 11薬剤管理指導?薬動力学的投与計画への介入, ("薬剤師の実務に生かせる情報検索 [改訂第4版]", 折井孝男監修), pp90-97, 三共株式会社 (2005)
  62. 澤田康文監修, カルシウム拮抗薬とグレープフルーツジュースの相互作用, ファイザー株式会社 (2005)
  63. 澤田康文, マクロライド薬と併用薬?相互作用に注意しなくてはならないもの?, BSラジオNIKKEIアボット感染症アワー (2005年12月23日放送)
  64. 堀里子, 血液脳関門透過型キャリアを用いた脳への遺伝子デリバリーと疾患治療への応用, 薬剤学 65:38-42 (2005)
東京大学東京大学東京大学大学院薬学系研究科東京大学大学院情報学環・学際情報学府pagetoppagetop
東京大学 大学院薬学系研究科 |
育薬学講座 |
〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1