東京大学大学院薬学系研究科 育薬学講座東京大学
HOMEEnglish Site
設立主旨と沿革
研究内容紹介
業績
スタッフ/メンバー紹介
講義/実習
トピックス
アルバム/写真
リンク集
スタッフ/メンバー紹介
育薬セミナー・BASIC
文科省委託事業・平成23年度活動報告
DLMセンター
コラム:くすりを育てよう!

研究業績 2016 年

原著論文

  1. Matsuo N, Hori S, Suehira M, Satoh H, Miki A, Sawada Y.
    Sisters who developed piloerection after administration of milnacipran.
    Int J Clin Pharmacol Ther,54(3):208-11,2016.[Abstract]
  2. Miyazaki S, Satoh H, Ikenishi M, Sakurai M, Ueda M, Kawahara K, Ueda R, Ohtori T, Matsuyama K, Miki A, Hori S, Fukui E, Nakatsuka E, Sawada Y.
    Pharmacokinetic model analysis of interaction between phenytoin and capecitabine.
    Int J Clin Pharmacol Ther,54(9): 657-665, 2016.[Abstract]
  3. Tanaka S, Hori S, Satoh H, Sawada Y.
    Prediction of fetal ductus arteriosus constriction by systemic and local dermatological formulations of NSAIDs based on PK/PD analysis.
    Int J Clin Pharmacol Ther,54(10): 782-794, 2016.[Abstract]
  4. Shihyakugari A, Hori S, Miki A, Sawada Y.
    Induced next-day somnolence in an elderly patient taking suvorexant concomitantly with diltiazem.
    Int J Clin Pharmacol Ther,54(8): 645-648, 2016.[Abstract]
  5. Ikenishi M, Kuroda A, Tsukazaki H, Nakao M, Takeuchi M, Konishi Y, Matsuda T, Ohtori T, Matsuyama K, Takada M, Satoh H, Sawada Y, Ueda M.
    Fluoropyrimidines S-1 and capecitabine may prolong international normalized ratios of prothrombin time by 3-fold in cancer patients receiving warfarin.
    Iyakuhin Johogaku (Jpn J Drug Inform),18(3): 172-178, 2016.
  6. 朴 恵林, 三木 晶子, 佐藤 宏樹, 馬来 秀行, 浅井 康平, 小西 ゆかり, 澤田 康文
    介護施設における安心・安全な服薬介助を目指した取り組み 介護スタッフを対象としたワークショップ開催による問題点の抽出と対応策の立案
    薬学雑誌,136(6),913-923,2016.[Abstract]
  7. 荒井 基晴, 前田 一人, 佐藤 宏樹, 三木 晶子, 澤田 康文
    薬剤師による経口糖尿病薬の患者服薬指導箋の制作と患者による評価
    薬学雑誌,136(10):1449-1454,2016.[Abstract]
  8. 平山 匡彦, 鈴木 慎太郎, 井上 広平, 作元 誠司,井手 陽一, 北原 敏弘, 中野 正治,宮﨑 長一郎, 嵩下 賢, 出口 法隆, 佐藤 宏樹, 三木 晶子, 澤田 康文
    長崎県二次離島における医薬品適正使用の実態と情報提供に関する研究
    医薬品情報学,18(2):87-94,2016.
  9. 藤枝正輝, 野中琢哉, 林愛子, 長谷川佳孝, 月岡良太, 森澤あずさ, 大石美也, 佐藤宏樹, 澤田康文
    保険薬局における疑義照会事例から見える課題とその対応策.
    医薬品情報学,18(3): 192-200, 2016.

著書

  1. 龍原 徹, 澤田 康文 著. 「ポケット医薬品集 2016」, 白文舎(2016)
  2. 澤田康文ら 著, 日経ドラッグインフォメーション編. 日経DIクイズ 循環器疾患篇. 日経BP社 (2016).
  3. 澤田康文ら 著, 秋下雅弘 編著. 高齢者のポリファーマシー 多剤併用を整理する「知恵」と「コツ」. 南山堂 (2016)

総説・その他

  1. 澤田 康文. モバイルDI室・愛知県 事例報告〈17〉薬苑 (愛知)., 630 : 64-75, 2016.
  2. 澤田 康文. 広島県 モバイルDI室・事例報告〈12〉広島県薬剤師会誌., 261 : 94-95, 2016.
  3. 澤田 康文. DIY(DIは薬局で活きる)日薬モバイルDI室事業 長崎県・事例報告〈2〉県薬だより (長崎)., 548 : 32-35, 2016
  4. 澤田 康文. 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際(173)ふくおか県薬会報., 332 : 43-48, 2016
  5. 澤田 康文. 薬剤師の動きと働きを記録に残そう. Excellent Pharmacy., (35) :1-4, 2016.01
  6. 澤田 康文. 【新薬展望2016】 (第I部)創薬と育薬 育薬 教育の役割. 医薬ジャーナル. 52 : 242-248, 2016
  7. 澤田 康文. 医薬分業のメリットは個々の実例で証拠を示せ―電話モニタリングとトレースレポートによる見せる化―. 医療薬学. 42(4) : 303, 2016
  8. 澤田 康文. 薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく 第 64 回 薬歴不備で薬剤師間の正確な情報伝達ができず!. 調剤と情報, 22(1) : 75-80, 2016.
  9. 澤田 康文. 薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく 第 65 回 一包化の方法変更からアレビアチンの過量服用に!. 調剤と情報, 22(2) : 191-197, 2016.
  10. 澤田 康文. 薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく 第 66 回 抗線維化剤ピレスパ錠を抗精神病薬ピレチア錠と思い込み. 調剤と情報, 22(3) : 315-321, 2016.
  11. 澤田 康文. 薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく 第 67 回 ツインラインNF配合経腸用液の混合を知らずに誤調剤. 調剤と情報, 22(5) : 553-560, 2016.
  12. 澤田 康文. 薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく 第 68 回 点眼液の処方は「5」に注意!. 調剤と情報, 22(6) : 715-721, 2016.
  13. 澤田 康文. 薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく 第 69 回 指導せんと説明が原因でプラザキサの服用を拒否!. 調剤と情報, 22(7) : 841-849, 2016.
  14. 澤田 康文. 薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく 第 70 回 複数介護者による服薬介助で重複服用!. 調剤と情報, 22(9) : 1109-1114, 2016.
  15. 澤田 康文. 薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく 第 71 回 服用中の薬で味覚障害?. 調剤と情報, 22(10) : 1257-1264, 2016.
  16. 澤田 康文. 薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく 第 72 回 パルミコートとシムビコートの初回使用時の操作の違いは?. 調剤と情報, 22(12) : 1560-1566, 2016.
  17. 澤田 康文. 薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく 第 73 回 「g」と「包」を処方と調剤の両方で取り違え!. 調剤と情報, 22(13) : 1705-1712, 2016.
  18. 澤田康文. 薬学的症例・DI検討会事業における事例報告…1. 道楽誌. 33(2): 77-79, 2016.
  19. 澤田康文. 群馬モバイルDI室・事例報告〈10〉. 群馬県薬剤師会会報. 153: 12-14,2016
  20. 澤田康文. 群馬モバイルDI室・事例報告〈11〉. 群馬県薬剤師会会報. 154: 13-15,2016
  21. 澤田康文. きょうと薬事情報「薬学的症例・DI検討会 事後報告 その4」. 京都薬報. 456: 47-53, 2016.
  22. 澤田康文. きょうと薬事情報「薬学的症例・DI検討会 事後報告 その5」. 京都薬報. 457: 49-53, 2016.
  23. 澤田康文. 薬学的症例・DI検討会 詳細事例〈5〉. お薬会報(福井). 181: 38-45, 2016
  24. 澤田康文. ホームページへようこそ 薬事情報センター. お薬会報(福井). 181: 57, 2016
  25. 澤田康文. 薬学的症例・DI検討会 詳細事例〈9〉. お薬会報(福井). 183: 21-26, 2016
  26. 澤田康文. 薬学的症例・DI検討会 詳細事例〈10〉. お薬会報(福井). 181: 27-31, 2016
  27. 澤田 康文. DIY(DIは薬局で活きる)日薬モバイルDI室事業 長崎県・事例報告〈19〉県薬だより (長崎). 548 : 32-35, 2016
  28. 澤田 康文. DIY(DIは薬局で活きる)日薬モバイルDI室事業 長崎県・事例報告〈20〉県薬だより (長崎). 551 : 23-25, 2016
  29. 澤田 康文. 薬局プレアボイド「事例番号 2」. 県薬 (奈良). 166 : 40-42, 2016.
  30. 澤田 康文. 薬局プレアボイド「事例番号 3」. 県薬 (奈良). 167 : 20-23, 2016.
  31. 澤田 康文. 薬局プレアボイド「事例番号 4」. 県薬 (奈良). 168 : 26-28 , 2016.
  32. 澤田 康文. モバイルDI室・愛知県 事例報告〈18〉薬苑 (愛知). 631 : 71-82, 2016.
  33. 澤田 康文. モバイルDI室・愛知県 事例報告〈19〉薬苑 (愛知). 632 : 17-23, 2016.
  34. 澤田 康文. モバイルDI室・愛知県 事例報告〈20〉薬苑 (愛知). 633 : 44-57, 2016.
  35. 澤田 康文. モバイルDI室・愛知県 事例報告〈21〉薬苑 (愛知). 634 : 56-59, 2016.
  36. 澤田 康文. モバイルDI室・愛知県 事例報告〈22〉薬苑 (愛知). 636 : 66-82, 2016.
  37. 澤田 康文. モバイルDI室・愛知県 事例報告〈23〉薬苑 (愛知). 637 : 36-44, 2016.
  38. 澤田 康文. 県薬/県病薬・ヒヤリハット事例徹底解析コーナー〈50〉薬苑 (山形). 64(1) : 26-29, 2016.
  39. 澤田 康文. 日薬モバイル(動く)DI室事業・山形事例報告〈11〉薬苑 (山形). 64(2) : 28-32, 2016.
  40. 澤田 康文. 県薬/県病薬・ヒヤリハット事例徹底解析コーナー〈51〉薬苑 (山形). 64(3) : 24-28, 2016.
  41. 澤田 康文. 日薬モバイル(動く)DI室事業・山形事例報告〈12〉薬苑 (山形). 64(4) : 20-23, 2016.
  42. 澤田 康文. 県薬/県病薬・ヒヤリハット事例徹底解析コーナー〈52〉薬苑 (山形). 64(5) : 14-21, 2016.
  43. 澤田 康文. 日薬モバイル(動く)DI室事業・山形事例報告〈13〉薬苑 (山形). 64(6) : 11-15, 2016.
  44. 澤田 康文. 県薬/県病薬・ヒヤリハット事例徹底解析コーナー〈53〉薬苑 (山形). 64(7) : 5-11, 2016.
  45. 澤田 康文. 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際(173)ふくおか県薬会報. 332 : 43-48, 2016
  46. 澤田 康文. 薬学的症例・DI検討会 事例報告 その3. ふくおか県薬会報. 332 : 49-51, 2016
  47. 澤田 康文. 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際(174)ふくおか県薬会報. 333 : 44-47, 2016
  48. 澤田 康文. 薬学的症例・DI検討会 事例報告 その4. ふくおか県薬会報. 333 : 58-63, 2016
  49. 澤田 康文. 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際(175)ふくおか県薬会報. 334 : 33-38, 2016
  50. 澤田 康文. 薬学的症例・DI検討会 事例報告 その5. ふくおか県薬会報. 334 : 39-44, 2016
  51. 澤田 康文. 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際(176)ふくおか県薬会報. 335 : 33-37, 2016
  52. 澤田 康文. 薬学的症例・DI検討会 事例報告 その6. ふくおか県薬会報. 335 : 38-41, 2016
  53. 澤田 康文. 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際(177)ふくおか県薬会報. 336 : 39-43, 2016
  54. 澤田 康文. 薬学的症例・DI検討会 事例報告 その7. ふくおか県薬会報. 336 : 52-56, 2016
  55. 澤田 康文. 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際(178)ふくおか県薬会報. 337 : 21-25, 2016
  56. 澤田 康文. 薬学的症例・DI検討会 事例報告 その8. ふくおか県薬会報. 337 : 26-31, 2016
  57. 澤田 康文. 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際(179)ふくおか県薬会報. 338 : 105-109, 2016
  58. 澤田 康文. 薬学的症例・DI検討会 事例報告 その9. ふくおか県薬会報. 338 : 110-112, 2016
  59. 澤田 康文. 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際(180)ふくおか県薬会報. 339 : 31-34, 2016
  60. 澤田 康文. 薬学的症例・DI検討会 事例報告 その10. ふくおか県薬会報. 339 : 43-47, 2016
  61. 澤田 康文. 「ヒヤリ・ハット」と「処方チェック」の実際(181)ふくおか県薬会報. 340 : 81-86, 2016
  62. 澤田 康文. 薬学的症例・DI検討会 事例報告 その11. ふくおか県薬会報. 340 : 87-91, 2016
  63. 澤田 康文. 広島県 モバイルDI室・事例報告〈12〉広島県薬剤師会誌. 261 : 94-95, 2016.
  64. 澤田 康文. 広島県 モバイルDI室・事例報告〈13〉広島県薬剤師会誌. 262 : 76-78, 2016.
  65. 澤田 康文. 広島県 モバイルDI室・事例報告〈14〉広島県薬剤師会誌. 263 : 95-97, 2016.
  66. 澤田 康文. 広島県 モバイルDI室・事例報告〈15〉広島県薬剤師会誌. 264 : 60-61, 2016.
  67. 澤田 康文. 広島県 モバイルDI室・事例報告〈16〉広島県薬剤師会誌. 265 : 104-106, 2016.
  68. 澤田 康文. 「症例・DI検討会」「モバイルDI室」で薬局プレアボイド収集.Excellent Pharmacy, (35) :1-4, 2016.01
  69. SOMPOケアネクスト ALOHA! 夏号; 2, 2016.
東京大学東京大学東京大学大学院薬学系研究科東京大学大学院情報学環・学際情報学府pagetoppagetop
東京大学 大学院薬学系研究科 |
育薬学講座 |
〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1