Journal of the American Chemical Society誌に"Total Synthesis of Lyconadins A-C"が掲載されました。(2013.02.13)
当研究室からの論文"Total Synthesis of (–)-Lycoposerramine-S"Synfacts誌にて紹介されました。(2013.01.17)
第64回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)で博士課程2年・井手上英司が若手講演賞を獲得しました。演題:「ステモフォリンの合成研究」(2012.12.27)
Organic Letters誌に"2-Pyridone Synthesis Using 2-(Phenylsulfinyl)acetamide"が掲載されました。(2012.12.21)
Chemical Science誌に"Modified McFadyen-Stevens Reaction for a Versatile Synthesis of Aliphatic/Aromatic Aldehydes: Design, Optimization, and Mechanistic Investigations"が掲載されました。(2012.12.17)
Neuron誌に"Activity-Dependent Proteolytic Cleavage of Neuroligin-1"が掲載されました。(2012.10.25)
Angewandte Chemie International Edition誌に"Total Synthesis of (–)-Lycoposerramine-S"が掲載されました。(2012.10.16)
当研究室からの論文"Total Synthesis of (–)-Isoschizogamine"Synfacts誌にて紹介されました。(2012.09.21)
Angewandte Chemie International Edition誌に"Synthetic Studies on Chartelline C: Stereoselective Construction of the Core Skeleton"が掲載されました。(2012.08.03)
Chemistry - A European Journal誌に"Total Synthesis of (–)-Lemonomycin"が掲載されました。(2012.08.02)
当研究室元助教の下川淳(現・名古屋大学創薬科学研究科助教)が天然物化学談話会奨励賞を受賞しました。(2012.07.17)
Journal of the American Chemical Society誌に"Total Synthesis of (–)-Isoschizogamine"が掲載されました。(2012.07.14)
Synthesis誌に"Synthetic Studies toward Ecteinascidin 743 (Trabectedin)"が掲載されました。(2012.07.06)
当研究室からの論文"Total Synthesis of (–)-Anisatin"Synfacts誌にて紹介されました。(2012.06.26)
2010, 2011年度の学会発表リスト(国内・国際)を更新しました。(2012.05.28)
Organic Syntheses誌に"Convenient Synthesis of α-Diazoacetates from α-Bromoacetates and N,N'-Ditosylhydrazine: Preparation of Benzyl Diazoacetate"が掲載されました。(2012.05.28)
Organic Syntheses誌に"Efficient Synthesis of Oxime Using O-TBS-N-Tosylhydroxylamine: Preparation of (2Z)-4-(Benzyloxy)but-2-enal Oxime"が掲載されました。(2012.05.28)
検見川運動会において、博士課程3年・安達庸平/修士課程1年・中島彩ペアが卓球部門で準優勝を収めました。また、サッカー部門において3位となりました。(2012.05.26)
当研究室からの論文"Total Synthesis of All the Amathaspiramides"Synfacts誌にて紹介されました。(2012.05.22)
Pure and Applied Chemistry誌に"Total Synthesis of Gelsemoxonine"が掲載されました。(2012.05.09)
日本薬学会第132年会で竹内連修士が学生優秀発表賞を受賞しました。演題:「エピジチオピペラジンジオン骨格の不斉合成法の開発」(2012.04.25)
日本薬学会第132年会で博士課程1年・西山義剛が学生優秀発表賞を受賞しました。演題:「レペニンの合成研究」(2012.04.25)
Organic Letters誌に"A Practical Preparation of Highly Versatile N-Acylpyrroles from 2,4,4-Trimethoxybutan-1-amine"が掲載されました。(2012.04.03)
横島聡准教授が名古屋大学大学院創薬科学研究科天然物化学分野(福山透兼任教授)に転任しました。(2012.04.02)
下川淳助教が名古屋大学大学院創薬科学研究科有機合成化学分野(北村雅人教授)に転任しました。(2012.04.02)
Organic Letters誌に"Total Synthesis of (–)-Anisatin"が掲載されました。(2012.02.28)
Cumulative Examinationの問題を更新しました。(2012.02.24)
Angewandte Chemie International Edition誌に"Total Syntheses of All the Amathaspiramides"が掲載されました。(2012.01.27)
また本論文がHot Paperに選ばれました。(ワイリー・サイエンスカフェでの紹介はこちら) (2012.02.03)
当研究室からの論文"Total Synthesis of Gelsemoxonine"Synfacts誌にて紹介されました。(2012.01.05)
第62回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)で修士課程2年・島田尚明が若手講演賞を獲得しました。演題:「リコポセラミンSの合成研究」(2011.12.16)
当研究室の横島聡准教授が日本薬学会奨励賞を受賞しました。(2011.11.22)
第37回反応と合成の進歩シンポジウム(徳島)で博士課程3年・北原克志が優秀発表賞を受賞しました。演題:「スピロトリプロスタチン A の全合成」(2011.11.15)
当研究室の横島聡准教授が世話人代表を務める天然物化学談話会のウェブサイトが出来ました。(2011.10.25)
Cumulative Examinationの問題を更新しました。(2011.10.25)
Synthesis誌に"A Practical Synthesis of (–)-Kainic Acid"が掲載されました。(2011.10.20)
Journal of the American Chemical Society誌に"Total Synthesis of Gelsemoxonine"が掲載されました。また本研究が"Chem Station"にて紹介されました。(2011.10.14)
EMBO Journal誌に本研究科臨床薬学教室との共同研究"Phenylpiperidine-type γ-secretase modulators target the transmembrane domain 1 of presenilin 1e"が掲載されました。(2011.10.14)
The 23rd International Congress on Heterocyclic Chemistry (Glasgow, Scotland) で博士課程1年・肥後拓也がPoster Prizeを受賞しました。演題:「Synthetic Studies on Sarain A」(2011.08.29)
The 23rd International Congress on Heterocyclic Chemistry (Glasgow, Scotland) で博士課程1年・河岸文希がPoster Prizeを受賞しました。演題:「Total Synthesis of Ecteinascidin 743」(2011.08.29)
Organic Letters誌に"Total Synthesis of (–)-Histrionicotoxin"が掲載されました。(2011.07.27)
Synlett誌に"Copper-Mediated Aryl Amination: In Situ Generation of an Active Copper(I) Species"が掲載されました。(2011.07.15)
Tetrahedron誌に"Total Synthesis of Tryprostatins A and B"が掲載されました。(2011.06.02)
Organic Letters誌に"Total Synthesis of (–)-Salinosporamide A"が掲載されました。(2011.05.17)
The Journal of Neuroscience誌に本研究科臨床薬学教室との共同研究"BACE1 Activity Is Modulated by Cell-Associated Sphingosine-1-Phosphate"が掲載されました。(2011.05.04)
Cumulative Examinationの問題を更新しました。(2011.04.30)
当研究室からの論文"Concise Total Synthesis of (+)-Lyconadin A"Synfacts誌の"SYNFACT of the month"に選ばれました。(2011.4.28)
Angewandte Chemie International Edition誌に"Total Synthesis of (–)-Conophylline and (–)-Conophyllidine"が掲載されました。(2011.04.15)
横島聡博士が准教授になりました。(2011.04.01)
Organic Letters誌に"A Practical Synthesis of (–)-Kainic Acid"が掲載されました。(2011.03.22)
Cumulative Examinationの問題を更新しました。(2011.01.08)
Journal of the American Chemical Society誌に"Concise Total Synthesis of (+)-Lyconadin A"が掲載されました。(2010.12.15)
第60回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)で修士課程1年・西山義剛が若手講演賞を獲得しました。演題:「α-アジドエーテル型リンカーの光アフィニティラベル化法への応用」(2010.12.05)
第60回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)で博士課程2年・北原克志が若手講演賞を獲得しました。演題:「スピロトリプロスタチン A の全合成」(2010.12.05)
Angewandte Chemie International Edition誌に"Total Synthesis of Tryprostatins A and B"が掲載されました。(2010.10.30)
Cumulative Examinationの問題を更新しました。(2010.10.30)
Chemistry - An Asian Journal誌に"Total Synthesis of (–)-Morphine"が掲載されました。(2010.08.20)
Tetrahedron Letters誌に"Synthesis of the optically active key intermediate of FR901483"が掲載されました。(2010.07.27)
Cumulative Examinationの問題を更新しました。(2010.07.17)
Journal of the American Chemical Society誌に"Total Synthesis of (+)-Manzamine A"が掲載されました。(2010.07.17)
Cumulative Examinationの問題を更新しました。(2010.04.17)
過去のトピックスはこちら







Web Manager:

atの所は@を入れてください。