新澤直明の論文がCell Host & Microbeに掲載されました。

新澤直明君(博士3年、帯広畜産大学嘉糠研へ研究出向中)の論文がCell Host & Microbeに掲載されました。

Shinzawa. N., Nelson, B., Aonuma, H., Okadao, K., Fukumoto, S., Miura, M., Kanuka, H.: p38 MAPK-dependent phagocytotic encapsulation confers infection tolerance in Drosophila.  Cell Host & Microbe 6, 244-252, 2009.