Apr 2016

NIBB conference "Evolution of Seasonal Timers"に参加

基礎生物学研究所@愛知県岡崎市で行われた国際カンファレンス"Evolution of Seasonal Timers”(2016/4/21-23)に冬眠チームが参加しました。概日リズム、年周リズム、休眠、生態学などの興味深い話題が満載の大変エキサイティングな会議でした。

NIBB

IMG_6873
概日リズム研究の先駆者、Michael Menaker博士と!

茶山由一の論文がRoyal Society Open Scienceに掲載されました

茶山由一君(D3)の論文がRoyal Society Open Science誌に掲載されました。季節を問わず冬眠できる哺乳類シリアンハムスターにおいても、冬眠するためには環境に応答した冬眠準備期間があり、その間に体重がある値以下になること、さらに基礎体温の低下が生じることを明らかにしました。

Chayama, Y., Ando, L., Tamura, Y., Miura, M., Yamaguchi, Y*.:
Decreases in body temperature and body mass constitute pre-hibernation remodelling in the Syrian golden hamster, a facultative mammalian hibernator
Royal Society Open Science, DOI: 10.1098/rsos.160002


DSC00814-1
ゼロから立ち上げた冬眠論文第一号、シュポっとお祝い!

新年度がはじまりました

2016年度がはじまりました。今年も新人6人が入ってきてくれました。気持ちも新たに、皆で切磋琢磨し高いレベルで良い研究が出来るよう、頑張っていきましょう!

2016 Lab集合2