International conference

EDRC@Imperial College London (9/22-25)

9/22-25Imperial College Londonで行われた25th European Drosophila Research Conferenceに参加してきました。800人が参加して個体を用いた多彩な遺伝学的な研究が発表されました。新しいことは、シンプルなモデルから出てくるという認識をヨーロッパやアメリカの研究者仲間と共有しました。遺伝の大学院生も海外の研究者と濃密なdiscussionをしていて得るものが多かった学会です。

HEn6KmP_OiQEhXsw1Rb9LY5x8CGjSPrELBmRi_axsOYxxh7cCnQ7ihk_LmZQ3mbOGCLAC5m7UqJf_QcVsGJ3AllfsmmwgVg4R1IkFHk3-QrFoOMJBmZAe4eBUImojRgXWUZu3Fcs


最終日、学会会場のとなりにあるNatural History Museum自然史博物館を見学。ダーウインが鎮座しておりました。恐竜のなんと大きいこと。
2zhUZ5kwKd9nc3nGkI5a22bDCClgg7f58YZg1voEWrpzJT7qbcc3k8xpUr5CxLlr2T40U3oPFjC9E8dguReAACn7qNpFDDkTaFNodzI2Gj-oSNGwne0mE-Uiqx4RuuoahAMSFREY


ロンドン感の溢れる情景(道・地下鉄)。様々なニュースが絶えないロンドンですが、訪れてみればそこにあるのは穏やかな日常でした。
7bxpSsom6r81rBohYSAxPRO9TabytyrkQR5OpHb2drYHZOgg72hRfwXw94FJ5fgU_ZOfNrFjuFroQSAn1UsrIH8kOLEFHYVDLMnUOhVctBnzzKDt4KrtWMyhTVlathHj25nKWAl7




APDRC@大阪でポスター賞(1st Prize)を受賞!(5/8-11)

樫尾君がショウジョウバエ研究者が一堂に会する国際会議4th Asia-Pacific Drosophila Research Conference (APDRC4)にて堂々のポスター賞(1st Prize)を受賞。おめでとうございます。
JpYbIDFUkpnY6OG6MWGyFnKzaG3PoS1HKq6DNLiwfXiCdDmUuKS941kOfuLUjMoMaKlxqkBgXTlxd89HdUPaoKkPKubAwdEhZ2MGh_Yp0gUwEY3ykpwC8r0b8Y_-SL4hiPoIPtnG

M1も初のポスター発表を終えてホッと一息、夜はみんなで大阪の街に繰り出しました。
WAAKeL6HtGkz8_gtIhQFQ3rDJyapnJ28T7fNO5TRIRaVTGjf689O80heACMSpemY4ApBwfGQ3vA1UF6OvuaekyqCPkj24_0xCA3sf9XWHMXV6nsFzBjU6cfnjPmeWi4oqVXfIEY2

日本ショウジョウバエ研究会(第12回)@東京に参加、森脇大五郎賞を受賞!

第12回日本ショウジョウバエ研究会@東京(立教大学)にラボから多数参加し、勝山・津田・安蔵・篠田が口頭発表しました。研究員の津田香代子さんが森脇大五郎賞(First Prize)を受賞しました!この研究会は2年に一度、日本のショウジョウバエ研究者が集う貴重な機会です。ちなみにショウジョウバエは、豊富な遺伝学的・分子生物学的ツールを用いて、発生・神経科学・免疫などの研究が行える強力なモデル生物であります。


DSC03753
受賞おめでとうございます!!


IMG_3228
遺伝学教室の若人たちも参加!


Goto_image1

大会長の後藤聡先生(立教大学)と!髪の毛がアンテナ(触角)になる変異が生じた模様です。

International Hibernation Symposium @USAに参加

4年に一度の国際冬眠学会、15th International Hibernation Symposia@ラスベガス(USA)に山口・茶山・姉川が参加し発表しました。動物学、生態学から生理学、分子生物学まで、幅広い背景をもつ冬眠研究者が一同に集う学会での発表を通じて、世界の冬眠研究者たちと貴重な交流が出来ました。

thumb_IMG_3801_1024
来ましたラスベガス!

thumb_IMG_3814_1024
コーヒーブレイクでの、ラスベガス郊外にもいるというキンイロジリスが描かれたケーキ。


IMG_7321
ポスター前にて!






Genetics Conference 2016 @USAに参加

Genetics Conference 2016 @Orlando, FL (2016/7/13-17)に樫尾(D2)が参加しました。線虫、yeast、ciliate、マウス、ハエ、zebrafishといったモデル生物の研究が一堂に会すというなかなか気合の入った学会でした。

13906689_1114262015308081_1165412250617451207_n
来ました、学会会場!



13925032_1114259615308321_54662324238831637_n
Gal4/UAS systemの生みの親、Norbert Perrimon博士と!

Gordon Research Conderence "Cell Death"@Spainに参加

Gordon Conference Cell Death “New Concepts in Cell Death Research: From Basic Mechanisms to Clinical Opportunities” @Girona, Spainに山口が参加し発表しました。Cell Death研究の最先端の話満載で、密度の濃い有意義な学会でした。

IMG_3582
夕食会場にて。左から日本での研究経験もあるSharad Kumar博士(University of South Australia)、三浦先生の留学時代の師匠でもあるJunying Yuan博士(Harvard Medical School)、世界の細胞死研究の第一人者、長田重一先生(阪大IFReC)。


IMG_1364
日本からの参加者(同じ薬学部の一條先生のラボ)の方々と!

NIBB conference "Evolution of Seasonal Timers"に参加

基礎生物学研究所@愛知県岡崎市で行われた国際カンファレンス"Evolution of Seasonal Timers”(2016/4/21-23)に冬眠チームが参加しました。概日リズム、年周リズム、休眠、生態学などの興味深い話題が満載の大変エキサイティングな会議でした。

NIBB

IMG_6873
概日リズム研究の先駆者、Michael Menaker博士と!

CDB symposiumに参加

CDB Symposium 2016 “Size in Development, Growth, Shape and Allometry”2016/3/28-30@理研CDB, 神戸)に勝山、宮沢、篠田が参加・発表しました。第一線の研究者たちによるサイズ制御に関する刺激的な議論に盛り上がりました。

BMB2015にラボから多数参加しました

BMB2015 日本分子生物学会・日本生化学会合同年会@神戸にラボから多数参加し発表しました。

BMB20151
ポスター発表で議論中(許可をとって撮影しています!)

BMB2015-2
ぷち打ち上げ!?

Cell death meeting@Australiaに参加

JAPAN AUSTRALIA MEETING ON CELL DEATH@Melbourne, Australiaに、山口、劉が参加しました。本ミーティングは日本とオーストラリアのの細胞死研究コミュニティの相互交流を深めるために、両国から第一線の研究者が参加して行われました。大学院生の劉君(D2)の発表がPoster Awardを受賞しました。


メルボルン川
メルボルン中心部の川。ボートが盛んなもよう。

WEHI
会場となったThe Walter and Eliza Hall InstituteWEHIの歴史ある看板です。


JAM on cell deth1
メルボルン市の懇親会場にて日本からの参加者の方々と。

アジア太平洋ショウジョウバエ研究会@北京に参加

第3回アジア太平洋ショウジョウバエ研究会(The 3rd Asia-Pacific Drosophila Research Conference (APDRC))(5/11~14)にラボから多数参加しました。

APDRC会場@北京での写真
2015-05-13 19.51.31


日本のショウジョウバエ研究者の方々と@万里の長城!
2015-05-13 15.26.18-1