2017, 2016, 2015, 2014, 2013, 2012, 2011, 2010, 2009, 2008, 2007, 2006, 2005, 2004, 2003, 2002, ~2001, Japanese
総説(和文)


—2016年

山口良文
冬眠する哺乳類に学ぶ代謝制御〜冬眠するための準備とは?
薬事日報 2016/10/03 医療と薬剤 2016年 秋 

三浦正幸
S-アデノシルメチオニン代謝と全身性傷害応答、実験医学 34, 2430-2436, 2016

三浦正幸
Sアデノシルメチオニン代謝は寿命延長の鍵、医学のあゆみ 258, 801-802, 2016

勝山朋紀,三浦正幸
発生,組織修復,再生におけるアポトーシスの役割
実験医学 増刊号 「細胞死 新しい実行メカニズムの謎に迫り疾患を理解する」34, 7, 2016

劉霆、三浦正幸、山口良文
アポトーシスとバイロトーシスのイメージング
実験医学 増刊号 「細胞死 新しい実行メカニズムの謎に迫り疾患を理解する」34, 7, 2016



—2015

佐久間知佐子、千原崇裕
細胞内輸送に関わる新しい分子Strip、医学のあゆみ 254: 1185-1186 (2015)

小幡史明、三浦正幸
局所的なネクローシス細胞が引き起こす全身性炎症と代謝異常、ファルマシア
51, 556-560, 2015

山口良文
単一細胞レベルでの細胞死のイメージング、臨床免疫・アレルギー科、63, 5,415-419,2015



小幡史明、三浦正幸
メチオニン代謝と飢餓応答、
The Lipid 26, 61-66, 2015



—2014

千原崇裕
膜タンパク質を一網打尽:小胞体分子Meigoによる樹状突起ターゲティング制御機構
生化学 86, 259-264, 2014


野々村恵子、山口良文、三浦正幸
局所において起こるアポトーシスはモルフォゲンを産生する細胞の除去を介し哺乳類の発生の初期における脳の形成を制御する
ライフサイエンス新着論文レビュー


—2013

宮沢英延、山口良文、三浦正幸
脳発生における細胞死、脳の発生学
ニューロンの誕生・分化・回路形成
化学同人、
pp170-185, 2013

関根清薫、千原崇裕
小胞体タンパク質MeigoはEphrinのタンパク質量およびN-結合型糖鎖修飾を介し樹状突起のターゲティングにおける特異性を制御する
ライフサイエンス 新着論文レビュー

山口良文
アポトーシスの頭部神経管閉鎖における役割
医学のあゆみ 246, 5, p.393-398, 2013


—2012

三浦 正幸
私のメンター〜受け継がれる研究の心〜
Junying Yuan-柔らかな発想で細胞死研究を牽引する- 
実験医学
30,2649-2652, 2012


三浦正幸
プログラム細胞死:その分子機序と発生における生理的な役割
ライフサイエンス領域融合レビュー1, e002, 2012



山口良文、三浦正幸
個体発生における細胞死の役割
実験医学
30, 218-223, 2012



—2011

大澤志津江、三浦正幸
嗅神経細胞とカスパーゼ―カスパーゼを介した嗅神経細胞の運命制御
脳21 14, 55-60, 2011

中嶋悠一朗、三浦正幸
カスパーゼが織り成す組織のスクラップ・アンド・ビルト~組織リモデリングにおけるアポトーシスと細胞増殖の協調
実験医学 29, 1891-1897, 2011

小幡史明、倉永英里奈、三浦正幸
ショウジョウバエにおける炎症応答と組織再生
生体の科学 62, 249-256, 2011


—2010

三浦正幸
様々な生命現象に関わる細胞死研究の魅力とその生理機能解明

実験医学 増刊 28, 994-1002, 2010

倉永英里奈
生き物の「形」をつくる細胞死
実験医学 増刊 28, 1062-1068

山口良文
なんのために細胞は死ぬのか?
ー神経系発生発達期におけるプログラム細胞死の意義
実験医学 増刊 28, 1069-1076

小幡史明、倉永英里奈、三浦正幸
ショウジョウバエにおける組織傷害応答
炎症と免疫18, 222-227, 2010

篠塚直美、山口良文、三浦正幸
カスパーゼの異常と疾患
メディカル・サイエンス・ダイジェスト36, 711-714, 2010

三浦正幸
分子遺伝学による創薬ターゲットの探索、創薬科学の魅力東京大学大学院薬学系研究科からの発信
廣川書店、pp.331-346, 2010


—2009

殿城亜矢子、三浦正幸
ショウジョウバエを用いた神経変性疾患の遺伝学的研究
細胞工学28, 461-465

香山古金谷綾子、三浦正幸、平林義雄
ショウジョウバエを用いた創薬研究ショウジョウバエ・モデルにおけるエネルギー代謝調節機構の研究
実験医学27, 798-804


—2008

倉永英里奈、三浦正幸
ショウジョウバエ個体発生におけるライブイメージング〜細胞に何が起こったか、その瞬間を捉える〜
実験医学 増刊 26-17, 1182792-1242798

野々村恵子、山口良文、三浦正幸
細胞社会におけるアポトーシス制御とがん
がんの分子標的治療(鶴尾隆編), 150-155

三浦正幸
組織の恒常性維持にかかわるストレス応答分子としてのカスパーゼ
蛋白質・核酸・酵素 53, 1239-1245

大澤志津江、三浦正幸
神経系における細胞死の役割とその調節機構〜選択的細胞死を中心に
Brain and Nerve 60, 343-350

倉永英里奈、三浦正幸
カスパーゼの新しい機能
生化学 80, 24-28

古藤日子、倉永英里奈、三浦正幸
カスパーゼ研究の新展開〜神経細胞の運命決定から晩発性疾患の発症まで
実験医学 増刊 26-2, 322-327

—2007

倉永英里奈、三浦正幸
カスパーゼの新たな機能とその制御
蛋白質・核酸・酵素 52, 1337-1343

千原崇裕
樹状突起はミトコンドリア不全に敏感!?神経突起の形を制御するタンパク質合成とミトコンドリア
細胞工学 26, 1048-1049

三浦正幸
細胞死の新たな生体機能と調節機構
バイオニクス 28, 28-31

倉永英里奈、三浦正幸
細胞を殺さないカスパーゼの新機能
バイオニクス 28, 44-48

三浦正幸
カスパーゼと神経変性
神経変性疾患のサイエンス、南山堂 71-79

近藤周、岡部正隆、三浦正幸、広海健
カスパーゼが誘導する増殖因子転写のメカニズム
実験医学 25, 1575-1579