4. 再生と老化の代謝制御

 私たちの体が健常な状態を維持できるのは、常に曝されている様々なストレスに対して個体レベルで巧みに応答しているからである。このような階層性を超えたストレス応答の劣化や欠如は、老化や修復能力の低下を引き起こすが、その分子メカニズムの全容解明には至っていない。近年、全身性ストレス応答の制御因子として代謝産物の果たす役割の大きさが判明してきた。特に、必須アミノ酸の一つであるメチオニン代謝による体内環境制御が、組織再生や老化に影響を与えることが我々の研究によって見出された。
 このように、代謝産物が制御する組織連関は生物の生存を左右するが、組織をつなぐ分子実態の解明には至っていない。興味深いことに、体液中に存在する特定の代謝産物が組織再生を制御することが分かってきた。現在、代謝産物と組織連関を基軸として、組織再生と老化の新規メカニズムの解明に挑んでいる。



Pasted Graphic


Pasted Graphic 1

References
Kashio, S., Obata, F., Zhang, L., Katsuyama, T., Chihara, T., and Miura, M.: Tissue non-autonomous effects of fat body methionine metabolism on imaginal disc repair in Drosophila. Proc. Natl. Acad. Sci. USA., 113, 1835-1840, 2016. doi: 10.1073/pnas.1523681113
Obata, F., and Miura, M.: Enhancing S-adenosyl-methionine catabolism extends Drosophila lifespan. Nat. Commun., 6, 8332, 2015, doi:10.1038/ncomms9332




Researchページへ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
This page is administered by Department of Genetics All Rights Reserved, Copyright © 2018 Department of Genetics