MENU

TOPICS

2019

  • 2019/4/1

    教室名を「天然物合成化学教室」に改称しました。

  • 2019/8/21

    当研究室の卒業生である向井健博士のインタビュー記事が、東京大学薬学部・大学院薬学系研究科の案内パンフレットに掲載されました。リンクはこちら

  • 2019/7/18

    当研究室のOBOCライブラリー戦略による新規生物活性ライソシンE類縁体の創出に関する記事が、日経産業新聞に掲載されました。リンクはこちら

  • 2019/7/16

    当研究室のOBOCライブラリー戦略による新規生物活性ライソシンE類縁体の創出に関する論文がNature CommunicationsのEditor's Highlightsに選ばれました。リンクはこちら

  • 2019/7/5

    PUBLICATIONSを更新しました。
    H. Itoh, K. Tokumoto, T. Kaji, A. Paudel, S. Panthee, H. Hamamoto, K. Sekimizu, M. Inoue, "Development of a high-throughput strategy for discovery of potent analogues of antibiotic lysocin E," Nat. Commun. 2019, 10, 2992.
    DOI: 10.1038/s41467-019-10754-4

  • 2019/6/25

    PUBLICATIONSを更新しました。
    H. Itoh, M. Inoue, "Full solid-phase total synthesis of macrocyclic natural peptides using four-dimensionally orthogonal protective groups," Org. Biomol. Chem. in press
    DOI: 10.1039/C9OB01130G

  • 2019/6/19

    PUBLICATIONSを更新しました。
    Y. Imamura, S. Yoshioka, M. Nagatomo, M. Inoue, "Total Synthesis of 1‐Hydroxytaxinine," Angew. Chem. Int. Ed. in press.
    DOI: 10.1002/anie.201906872

  • 2019/6/17

    The 1st International Symposium on Hybrid Catalysis for Enabling Molecular Synthesis on Demandにて博士課程2年の廣瀬哲がポスター賞を受賞しました。演題: "Study toward Unified Total Synthesis of Tigliane and Daphnane Diterpenes"

  • 2019/6/4

    第17回次世代を担う有機化学シンポジウムにて博士課程1年の神谷光一が優秀発表賞を受賞しました。演題: 「ヤクアミドBおよび幾何異性体の統一的固相全合成」

  • 2019/5/17

    PUBLICATIONSを更新しました。
    占部大介、井上将行 "生物活性カルデノリド類の収束的全合成" 有機合成化学協会誌 2019, 77, 452-461.
    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.77.452

  • 2019/4/25

    井上将行教授が、Pharmaron Lecture Awardを受賞しました。リンクはこちら

  • 2019/4/22

    日本薬学会第139年会において、以下の学生が学生優秀発表賞を受賞しました。
    永井利也 (D1、演題:オイオニミノールの合成研究)
    島川典 (M2、演題:プベルリンCの全合成研究)
    薛贇唯 (M2、演題:ポリセオナミド模倣ペプチドの作用解析)

  • 2019/4/5

    PUBLICATIONSを更新しました。
    H. Itoh, M. Inoue, "Comprehensive Structure–Activity Relationship Studies of Macrocyclic Natural Products Enabled by Their Total Syntheses," Chem. Rev. in press.
    DOI: 10.1021/acs.chemrev.9b00063

  • 2019/3/29

    PUBLICATIONSを更新しました。
    D. Kuwana, B. Ovadia, D. Kamimura, M. Nagatomo, M. Inoue, "Installation of O‐Heterocycles to N‐Heteroarenes via Et3B/O2‐mediated Radical Reaction of α-Alkoxy and α-Alkoxyacyl Tellurides," Asian J. Org. Chem. in press.
    DOI: 10.1002/ajoc.201900170

  • 2019/2/28

    PUBLICATIONSを更新しました。
    M. Nagatomo, Y. Fujimoto, K. Masuda, M. Inoue, "Construction of a 6/5/9-membered tricyclic structure of cladiellins via radical-polar crossover reaction," J. Antibiot. in press.
    DOI: 10.1038/s41429-019-0150-7

  • 2019/2/27

    当研究室が発表した抗菌ペプチドWAP-8294A2の合成および作用機構解明研究に関する論文がThe journal of Organic Chemistryにおいて2018年に最も読まれた論文Top3に選ばれました。リンクはこちら

  • 2019/1/4

    長友優典講師が Thieme Chemistry Journal Award 2019 を受賞しました。リンクはこちら