Japanese/English
■ 過去のトピックス
2015
  • 写真館更新しました:2015 環太平洋国際化学会議 (Pacifichem 2015) (2015/12/22)
  • 写真館更新しました:薬学部 バレーボール大会 2回戦, Cambridge-UTokyo Joint Symposium, 博士研究業績発表会(2015/12/17)
  • 2015 環太平洋国際化学会議 (Pacifichem 2015)にて博士課程2年の小清水正樹が"Student Poster Competition Award"を受賞しました。演題:「Unified total synthesis of ryanoids」 (2015/12/15)
  • 第41回 反応と合成の進歩シンポジウムにて博士課程1年の橋本哲が優秀発表賞を受賞しました。演題:「レジニフェラトキシンの全合成研究」 (2015/12/15)
  • 論文リスト更新しました:
    K. Masuda, M. Koshimizu, M. Nagatomo, M. Inoue, "Asymmetric Total Synthesis of (+)-Ryanodol and (+)-Ryanodine," Chem. Eur. J. in press
    DOI:10.1002/chem.201503641
    M. Nagatomo, K. Hagiwara, K. Masuda, M. Koshimizu, T. Kawamata, Y. Matsui, D. Urabe, M. Inoue, " Symmetry-Driven Strategy for the Assembly of the Core Tetracycle of (+)-Ryanodine: Synthetic Utility of a Cobalt-Catalyzed Olefin Oxidation and α-Alkoxy Bridgehead Radical Reaction," Chem. Eur. J. in press
    DOI:10.1002/chem.201503640
    (2015/12/1)
  • 論文リスト更新しました:
    J. Okude, T. Ueda,Y. Kofuku, M. Sato,N. Nobuyama, K. Kondo, Y. Shiraishi, T. Mizumura, K. Onishi, M. Natsume, M. Maeda, H. Tsujishita, T. Kuranaga, M. Inoue, I. Shimada, "Identification of a Conformational Equilibrium That Determines the Efficacy and Functional Selectivity of the μ-Opioid Receptor," Angew. Chem. Int. Ed. in press
    DOI:10.1002/anie.201508794
    (2015/11/17)
  • 写真館更新しました:ICCEOCA-10/JICCEOCA-5
    LMU-UTokyo Symposium (2015/11/10)
  • 第108回 有機合成シンポジウムにて修士課程2年の藤野遥が優秀ポスター賞を受賞しました。演題:「ポリオキシン類の収束的全合成」
  • 5th Junior International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (JICCEOCA-5)にて博士課程2年の坂田光命がOutstanding Oral Presentation Awardを受賞しました。演題:「Synthetic Study of Batrachotoxin」
    (2015/11/6)
  • 論文リスト更新しました:
    T. Asaba, Y. Katoh, D. Urabe, M. Inoue, "Total Synthesis of Crotophorbolone," Angew. Chem. Int. Ed. in press
    DOI:10.1002/anie.201509160
  • 第57回 天然有機化合物討論会において武藤大之 (M2)が奨励賞を受賞しました。 (演題: ヤクアミドBの構造訂正と全合成)
    (2015/10/24)
  • 写真館更新しました:薬学部 バレーボール大会 緒戦 (2015/10/8)
  • 写真館更新しました:BBQ, 第57回 天然有機化合物討論会 (2015/10/6)
  • 論文リスト更新しました:
    T. Goto, D. Urabe, Y. Isobe, M. Arita, M. Inoue, "Total Synthesis of Four Stereoisomers of (5Z,8Z,10E,14Z)-12-Hydroxy-17,18-epoxy-5,8,10,14-eicosatetraenoic Acid and Their Anti-Inflammatory Activities," Tetrahedron 2015, in press
    DOI:10.1016/j.tet.2015.08.047
    (2015/9/12)
  • 論文リスト更新しました:
    T. Goto, D. Urabe, K. Masuda, Y. Isobe, M. Arita, M. Inoue, "Total Synthesis of Four Stereoisomers of (4Z,7Z,10Z,12E,16Z,18E)-14,20-Dihydroxy-4,7,10,12,16,18-docosahexaenoic Acid and Their Anti-inflammatory Activities," J. Org. Chem. 2015, in press
    DOI:10.1021/acs.joc.5b01461
  • 論文リスト更新しました:
    伊藤寛晃, 井上将行, "脂質を見分ける天然物," 化学 2015, 70 (8), 64-65.
    (2015/7/22)
  • 論文リスト更新しました:
    T. Kuranaga, H. Mutoh, Y. Sesoko, T. Goto, S. Matsunaga, M. Inoue, "Elucidation and Total Synthesis of the Correct Structures of Tridecapeptides Yaku’amides A and B. Synthesis-Driven Stereochemical Reassignment of Four Amino Acid Residues," J. Am. Chem. Soc. 2015, in press
    DOI:10.1021/jacs.5b05550
    (2015/7/8)
  • 写真館更新しました:検見川運動会 (2015/6/14)
  • 写真館更新しました:2015年度 集合写真, RCS Organic Chemistry Symposia in Tokyo, 第8回 アステラスレクチャー (2015/6/5)
  • 3月29日、日大 理工学部船橋キャンパスで行われたMBLA10周年記念特別講演会にて井上教授が講演した動画が公開されました。 (2015/6/5)
  • 第13回 次世代を担う有機化学シンポジウムにおいて萩原浩一 (D1)が優秀発表賞を受賞しました。 (演題:プベルリンCの全合成研究) (2015/5/25)
  • 6月3日 (水) 武田ホールにてRSC Organic Chemistry Symposiaを開催します。
    詳細はこちら
  • 5月25日 (月) 薬学部講堂にてアステラスレクチャーを開催します。
    詳細はこちら
    (2015/5/23)
  • 論文リスト更新しました:
    T. Yamashita, T. Kuranaga, M. Inoue, "Solid-Phase Total Synthesis of Bogorol A: Stereocontrolled Construction of Thermodynamically Unfavored (E)-2-Amino-2-butenamide," Org. Lett. in press
    DOI:10.1021/acs.orglett.5b00769
    (2015/4/14)
  • 日本薬学会 第135回年会において山下智也 (D3)が優秀発表賞を受賞しました。 (演題:ボゴロールAの全合成)
    (2015/4/10)
  • 写真館更新しました:日本薬学会 第135回年会, 花見 (2015/4/6)
  • 2015年度のメンバーを掲載しました
    (2015/4/1)
  • 論文リスト更新しました:
    K. Mukai, S. Kasuya, Y. Nakagawa, D. Urabe, M. Inoue, "A Convergent Total Synthesis of Ouabagenin," Chem. Sci. 2015, in press
    DOI:10.1039/C5SC00212E
    (2015/3/31)
  • 写真館更新しました:サッカー, 歓送会, 学位記授与式 (2015/3/24)
  • 論文リスト更新しました:
    D. Urabe, T. Asaba, M. Inoue, "Convergent Strategies in Total Syntheses of Complex Terpenoids," Chem. Rev. 2015, in press
    DOI:10.1021/cr500716f
    (2015/3/18)
  • 写真館更新しました:誕生日会, 修士課程研究業績発表会 (2015/3/6)
  • 論文リスト更新しました:
    M. Nagatomo, D. Kamimura, Y. Matsui, K. Masuda, M. Inoue, "Et3B-Mediated Two- and Three-Component Coupling Reactions via Radical Decarbonylation of α-Alkoxyacyl Tellurides: Single-Step Construction of Densely Oxygenated Carboskeletons," Chem. Sci. in press
    DOI:10.1039/C5SC00457H
  • 当研究室の論文 (J. Mao, T. Kuranaga, H. Hamamoto, K. Sekimizu, M. Inoue "Rational Design, Synthesis, and Biological Evaluation of Lactam-Bridged Gramicidin A Analogues: Discovery of a Low-Hemolytic Antibacterial Peptide" ChemMedChem 2015, 10, 540-545.)がChemMedChem誌のBack Coverに掲載されました。
    DOI:10.1002/cmdc.201402473 (2015/2/27)
  • 井上将行教授が英国王立化学会フェローに選出されました。 (2015/1/28)
  • 写真館更新しました:博士課程研究業績発表会, 大掃除 冬〜忘年会 (2015/1/19)
  • 研究室紹介を新設しました。 (2015/1/7)
  • 当研究室の論文 (H. Todoroki, M. Iwatsu, D. Urabe, M. Inoue, "Total Synthesis of (−)-4-Hydroxyzinowol," J. Org. Chem. 2014, 79, 8835-8849.)がSynfacts誌で紹介されました。
    Synfacts 2015, 0009.
    DOI:10.1055/s-0034-1379678 (2015/1/5)
2014
  • 論文リスト更新しました:
    S. Yoshioka, M. Nagatomo, M. Inoue, "Application of Two Direct C (sp3)-H Functionalizations for Total Synthesis of (+)-Lactacystin," Org. Lett. in press
    DOI:10.1021/ol503291s (2014/12/24)
  • 写真館更新しました:2014年 学会受賞者 (2014/12/17)
  • 論文リスト更新しました:
    J. Mao, T. Kuranaga, H. Hamamoto, K. Sekimizu, M. Inoue, "Rational Design, Synthesis, and Biological Evaluation of Lactam-Bridged Gramicidin A Analogues: Discovery of a Low-Hemolytic Antibacterial Peptide," ChemMedChem. 2014, in press
    DOI:10.1002/cmdc.201402473
    M. Murai, T. Kaji, T. Kuranaga, H. Hamamoto, K. Sekimizu, M. Inoue, "Total Synthesis and Biological Evaluation of the Antibiotic Lysocin E and Its Enantiomeric, Epimeric, and N-Demethylated Analogues," Angew. Chem. Int. Ed. 2014, in press
    DOI:10.1002/anie.201410270
  • 第68回 有機合成化学協会関東支部シンポジウムにおいて、修士課程1年の松井勇樹が若手講演賞を受賞しました。演題:「脱カルボニル化を伴う3成分ラジカル-極性交差型反応の開発」
  • 論文リスト更新しました:
    M. Nagatomo, H. Nishiyama, H. Fujino, M. Inoue, "Decarbonylative Radical Coupling of α-Aminoacyl Tellurides: Single-Step Preparation of γ-Amino and α,β-Diamino Acids and Rapid Synthesis of Gabapentin and Manzacidin A," Angew. Chem. In. Ed. 2014, 53, in press
    DOI:10.1002/anie.201410186
    (2014/12/11)
  • 論文リスト更新しました:
    H. Hamamoto, M. Urai, K. Ishii, J. Yasukawa, A. Paudel, M. Murai, T. Kaji, T. Kuranaga, K. Hamase, T. Katsu, J. Su, T. Adachi, R. Uchida, H. Tomoda, M. Yamada, M. Souma, H. Kirihara, M. Inoue, K. Sekimizu, "Lysocin E is a new antibiotic that targets menaquinone in the bacterial membrane," Nat. Chem. Bio. 2014, in press
    DOI:10.1038/nchembio.1710
    (2014/12/9)
  • 4th Junior International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (JICCEOCA-4)にて博士課程2年の浅羽太郎がBest Poster Presentation Awardを受賞しました。演題:「Total Synthesis of Crotophorbolone」
  • 第40回反応と合成の進歩シンポジウムにて博士課程2年の浅羽太郎が優秀発表賞を受賞しました。演題:「クロトホルボロンの全合成」 (2014/12/6)
  • 占部大介講師が平成27年度日本薬学会奨励賞を受賞しました。 (2014/12/3)
  • 第56回 天然有機化合物討論会において枡田健吾 (D2)が奨励賞を受賞しました。 (演題: (+)-リアノジンの不斉全合成)
  • 11月15日 (土)に若手研究者のためのセミナーを開催します。
    詳細はこちら
  • 写真館更新しました:ボート大会 (2014/11/10)
  • 第58回日本薬学会関東支部大会において的場博亮 (M2)が優秀発表者賞を受賞しました。 (演題:ノビラミドBおよびDの全合成)
    (2014/10/30)
  • 論文リスト更新しました:
    M. Nagatomo, S. Yoshioka, M. Inoue, "Enantioselective Radical Alkynylation of C (sp3)-H Bonds Using Sulfoximine as a Traceless Chiral Auxiliary," Chem. Asian. J. 2014, in press
    DOI:10.1002/asia.201402983
  • 第31回有機合成化学セミナーにおいて小清水正樹 (D1)がポスター賞を受賞しました。 (演題:リアノドールの全合成)
  • 写真館更新しました:第31回有機合成化学セミナー, 秋季学位記授与式・卒業式 (2014/10/2)
  • 2014年度のメンバーを更新しました (2014/10/2)
  • 論文リスト更新しました:
    H. Todoroki, M. Iwatsu, D. Urabe, M. Inoue, "Total Synthesis of (−)-4-Hydroxyzinowol," J. Org. Chem. in press
    DOI:10.1021/jo501666x
    (2014/9/9)
  • 写真館更新しました:博士研究業績発表会〜大掃除 夏〜納涼会, 4年生 院試合格打ち上げ (2014/9/9)
  • 論文リスト更新しました:
    Y. Amaoka, M. Nagatomo, M. Watanabe, K. Tao, S. Kamijo, M. Inoue, "Photochemically Induced Radical Alkenylation of C (sp3)-H Bonds," Chem. Sci. in press
    DOI:10.1039/C4SC01631A
    T. Yamashita, H. Matoba, T. Kuranaga, M. Inoue, "Total syntheses of nobilamides B and D: application of traceless Staudinger ligation," Tetrahedron in press
    DOI:10.1016/j.tet.2014.05.091
  • 写真館更新しました:BBQ (2014/6/23)
  • 写真館更新しました:集合写真 (2014/6/14)
  • 論文リスト更新しました:
    K. Hagiwara, M. Iwatsu, D. Urabe, M. Inoue, "N- (2,3,4,5,6-Pentafluorophenyl)maleimide as a Powerful Dienophile in Dearomatizing Diels-Alder Reactions," Heterocycles in press
    DOI:10.3987/COM-14-S (K)23 (2014/6/3)
  • 論文リスト更新しました:
    K. Hagiwara, D. Urabe, M. Inoue, "Studies in symmetry-driven synthesis of ryanodol: application of nucleophilic alkynylation for regio- and stereoselective desymmetrization," Tetrahedron Lett. in press
    DOI:10.1016/j.tetlet.2014.05.075
    (2014/6/1)
  • 写真館更新しました:検見川運動会 練習風景,検見川運動会 (2014/6/1)
  • 第12回 次世代を担う有機化学シンポジウムにおいて小清水正樹 (D1)が優秀発表賞を受賞しました。 (演題: (±)-リアノドールの全合成) (2014/5/24)
  • 論文リスト更新しました:
    M. Inoue, "Chemical construction and structural permutation of neurotoxic natural product, antillatoxin: importance of the three-dimensional structure of the bulky side chain," Proc. Jpn. Acad., Ser. B 2014, 90, 56-66.
    DOI:10.2183/pjab.90.56
  • 写真館更新しました:第7回 アステラスレクチャー (2014/5/7)
  • 論文リスト更新しました:
    T. Kubota, M. Arita, Y. Isobe, R. Iwamoto, T. Goto, T. Yoshioka, D. Urabe, M. Inoue, H. Arai, "Eicosapentaenoic Acid Is Converted via ω-3 Epoxygenation to the Anti-inflammatory Metabolite 12-Hydroxy-17,18-epoxyeicosatetraenoic acid," FASEB J. 2014, 28, 586-593.
    DOI:10.1096/fj.13-236224
    (2014/4/21)
  • 日本薬学会第134年会において、以下の学生が学生優秀発表賞を受賞しました。 (2014/4/14)
    天岡佑紀 (D3、演題:光反応を利用するC (sp3)-H結合アルケニル化反応の開発)
    浅羽太郎 (D1、演題:クロトホルボロンの全合成研究)
    加治拓哉 (M2、演題:カイコシン類の網羅的全合成)
    坂田光命 (M2、演題:バトラコトキシンの合成研究)
    萩原浩一 (M1、演題:プベルリンCの合成研究)
    早田敦  (M1、演題:ポリセオナミドを基盤とした機能性分子の合成と機能制御)
  • 論文リスト更新しました:
    M. Nagatomo, M. Koshimizu, K. Masuda, T. Tabuchi, D. Urabe, M. Inoue "Total Synthesis of Ryanodol," J. Am. Chem. Soc., in press
    DOI:10.1021/ja502770n
  • 2014年度のメンバーを掲載しました。
    (2014/4/1)
  • 写真館更新しました:花見 (2014/4/1)
  • 写真館更新しました:日本薬学会 第134回年会, 卒業式, 歓送会, 修士課程研究業績発表会, 祝賀会, 第55回 天然有機化合物討論会 (2014/3/31)
  • 論文リスト更新しました:
    H. Itoh, S. Matsutaka, T. Kuranaga, M. Inoue, "Control of the cytotoxicity of dansylated polytheonamide mimic, an artificial peptide ion channel, by modification of the N-terminal structure," Tetrahedron Lett. 2014, 55, 728-731.
    DOI:10.1016/j.tetlet.2013.12.007
    H. Itoh, M. Inoue, "Antibody-mediated functional control of a dansylated polytheonamide mimic," Chem. Commun. 2014, 50, 939-941.
    DOI:10.1039/C3CC48348G
    (2014/1/4)
  • 論文リスト (著書)更新しました:
    M. Inoue, D. Urabe, "Symmetry-Driven Total Synthesis of Merrilactone A and Resolvin E2," Strategy and Tactics in Organic Synthesis 2013, 9, 149-175.
    (2014/1/4)
>>Back