Information

研究室紹介2018

News

6/20 澤崎(D1)がポスター賞を受賞

6/10-6/12に行なわれた、日本ケミカルバイオロジー学会第14回年会にて、澤崎鷹(博士課程1年)がポスター賞を受賞しました。おめでとうございます!

6/4 田辺(M1)がポスター賞を受賞

5/30-31に行なわれた第1回ハイブリッド触媒国際シンポジウムおよび6/3-4に行なわれた有機合成シンポジウムにて、田辺駿(修士課程1年)がポスター賞を受賞しました。おめでとうございます!

5/23 機能病態学教室との共同研究がプレスリリース

機能病態学教室との共同研究「光酸素化によるタウアミロイドの凝集抑制」がChem. Commun.誌に公開され、プレスリリース(薬学部東大)されました。また、Cover Pictureに選定されました。

4/25 永島(D3)がポスター賞を受賞

4/20に行なわれた第19回東京大学生命科学シンポジウム(BIO UT)にて、永島臨(博士課程3年)がポスター賞を受賞しました。おめでとうございます!

4/23 大井(D3)が優秀発表賞を受賞

3/20-23に行なわれた日本薬学会第139年会(千葉)にて、大井未来(博士課程3年)が学生優秀発表賞を受賞しました。おめでとうございます!

4/19 Tristan Lambert教授講演会

コーネル大学のTristan Lambert 教授にご講演頂きました。

4/9 川島特任講師、生長講師が文部科学大臣表彰を受賞

当研究室のスタッフ2名が平成31年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞しました。おめでとうございます!関連記事:文部科学大臣表彰 受賞者一覧東大リリース薬学部リリース1薬学部リリース2早稲田大学リリース

・ 川島茂裕 特任講師: 若手科学者賞
受賞業績 「エピゲノムを操作する人工化学触媒の開発研究」

・生長幸之助 講師: 科学技術賞(理解増進部門)
「ウェブを通じた化学研究と教育の理解増進」(山口潤一郎氏との共同受賞)



4/1 新メンバー加入

新メンバーを迎え、金井研新年度がスタートしました!

1/17 ハイブリッド触媒プロジェクトの論文がChem. Sci.誌に掲載

「単純アルケンをキラルアルコールに変換するハイブリッド触媒」の研究成果がChem. Sci. 誌に公開されました。また、東京大学よりプレスリリースされ、特集ビデオとしてハイライトされました。

1/11 ハイブリッド触媒プロジェクトの論文がChem誌に掲載

「炭化水素のC−H結合を組み換えてアップグレードする不斉触媒の開発」の研究成果がChem誌に公開されました。また、東京大学よりプレスリリースされました。

Output

光触媒によるタウアミロイドの凝集抑制:東大プレスリリース
単純アルケンをキラルアルコールに変換するハイブリッド触媒:東大プレスリリース
炭化水素のC−H結合を組み換えてアップグレードする不斉触媒の開発:東大プレスリリース
脳内のアミロイドβの量を減少させる光触媒を開発:JSTプレスリリース
遺伝子発現に関与する酵素の新しい作用部位を発見:JSTプレスリリース
染色体選択的に化学修飾をする人工的な化学触媒システム:東大・JSTプレスリリース
染色体タンパク質の狙った部位に化学修飾を導入する触媒反応: 東大・JSTプレスリリース
リボソーム生合成を標的にした新規低分子阻害剤ribozinoindole の同定:東大プレスリリース
金属フリーなトリプトファン選択的タンパク質修飾反応:東大プレスリリース
アミロイド構造のみを区別する光酸素化触媒:プレスリリース
無保護糖からのシアル酸の触媒的合成法:東大プレスリリース
特定の数・立体の水酸基を有するポリオールを選択的に合成する触媒反応: 東大プレスリリース
水素結合制御による触媒的メタ位C-Hボリル化反応:JSTプレスリリース
カルボン酸を目印とする炭素骨格構築反応:UTokyo Researchで紹介
含窒素複素環の位置選択的トリフルオロメチル化反応(PDF):JSTプレスリリース
光触媒によるアミロイドβペプチドの低毒化研究:JSTプレスリリース
アミン酸化触媒keto-ABNO:和光純薬より市販

Essay

淡青評論:夢を語ろう(PDF)
遠心力:当研究室の人材育成方針について(PDF)
胎動:2010年以降の方向性(PDF)

ページトップへ
 

MENU

ホームページ制作 フリー素材 無料WEB素材
Copyright (C) Synthetic Organic Chemistry Lab. All Rights Reserved.