分子薬物動態学教室へようこそ

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP

大学院生募集中

修士・博士の学生を募集しています。
希望される方には研究室見学も随時行なっておりますので、本ページに記載の連絡先からお気軽にご連絡下さい。

お知らせ

2020.1.8 博士課程3年の三宅健之さんがDrug Metabolism and Disposition誌に執筆した論文が、米国薬理学会(ASPET)の"James R. Gillette Awards from the Division for Drug Metabolism and Disposition"を受賞しました。
博士課程3年の三宅健之さんが、Drug Metabolism and Disposition誌に執筆した論文が、米国薬理学会(ASPET)の"James R. Gillette Awards from the Division for Drug Metabolism and Disposition"を受賞しました。この賞は、2019年中にDrug Metabolism and Disposition誌に掲載された全論文中で特に優秀な論文2本が選ばれる賞です。
対象論文は、Miyake T, Mizuno T, Takehara I, Mochizuki T, Kimura M, Matsuki S, Irie S, Watanabe N, Kato Y, Ieiri I, Maeda K, Ando O, Kusuhara H., Elucidation of N1-methyladenosine as a Potential Surrogate Biomarker for Drug Interaction Studies Involving Renal Organic Cation Transporters. Drug Metab Dispos. 47(11),1270-1280 (2019)です。(論文のリンクはこちら)

詳細は、こちらのHPをご覧ください。
2019.10.1 こどもの肝臓難病(進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型)を対象とした治験についてのお知らせ
林久允助教が中心となり実施しているこどもの肝臓難病(進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型)を対象とした治験の被験者登録数が目標数に到達しました。本治験の周知にあたり多くの方のご支援を頂きました。有難うございました。
毎日新聞朝刊(2018年11月27日)、朝日新聞夕刊(2019年2月5日)
2019.7.14 修士課程2年の佐分雄祐さんが、第36回日本小児肝臓研究会(京都)において、こどもの肝臓難病に関する研究発表を行い、最優秀演題賞を受賞しました。
家族性肝内胆汁うっ滞症2型は乳幼児期に発症する超希少疾患です。本疾患には複数の臨床病型が存在し、各病型により予後、治療指針が異なります。しかしながら、現在の検査法では発症早期に臨床病型を決定することは困難であり、臨床経過を通じて事後に鑑別がなされています。
佐分さんは、本疾患の原因遺伝子ABCB11の分子機能と臨床病型との関連性について検証し、本研究会にて発表しました。本発表は50演題の中から最優秀演題賞に選ばれました。
発表題目:「家族性肝内胆汁うっ滞症2型の病型鑑別を目的としたABCB11の病因変異の解析」
picture picture
2019.4.9 林久允助教が平成31年度文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。
文部科学省から、平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者の決定についての発表があり、林久允助教(分子薬物動態学教室)が公益財団法人日本薬学会の推薦により文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞することになりました。本賞は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を表彰することを目的としています。
表彰式は、平成31年4月17日(水)12時10分から文部科学省講堂で執り行われます。
2018.10.5 博士課程2年の三宅健之さんが、2018 Interinational Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSXにおいてベストポスター賞を受賞しました。
博士課程2年の三宅健之さんが、2018 Interinational Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSXにおいてベストポスター賞を受賞しました。
発表題目は、「Identification of N1-methyladenosine as a surrogate biomarker for drug interaction studies involving OCT2」です。
picture picture
2018.7.17 科学技術メディアTop Researchersに林久允助教のインタビュー記事が掲載されました(記事はこちら)。
科学技術メディアTop Researchersに林久允助教のインタビュー記事が掲載されました。
詳細はこちらをご覧ください。
http://top-researchers.com/?p=1651
2018.3.16 平成29年度同窓会のお知らせ
東京大学製剤学教室同門会
日時:平成30年3月26日(月) 19:00 - 21:00
会場:ホテル金沢1階 金沢の味処「北の庄屋」

御出欠席は、2月28日までに下記幹事宛まで、お知らせいただきますようお願い申し上げます。

平成29年度同窓会幹事
加藤将夫
〒920-1192 金沢市角間町
金沢大学医薬保健研究域薬学系分子薬物治療学
Email: ykato(a)p.kanazawa-u.ac.jp

同窓会関連の情報は、メーリングリストにて配信しております。同窓会の案内がお手元届いていない場合には、メールアドレスが登録されておりませんので、配信を希望するメールアドレスを、楠原までお知らせください。
2017.12.9 博士課程1年の三宅健之さんが、第38回日本臨床薬理学会学術総会において優秀演題賞(ポスター)を受賞しました。
博士課程1年の三宅健之さんが、第38回日本臨床薬理学会学術総会において優秀演題賞(ポスター)を受賞しました。
発表題目は、「腎有機カチオントランスポーターOCT2の機能低下を診断するバイオマーカーの探索」です。
picture
2017.12.1 修士課程1年の森大輝さんが、第32回日本薬物動態学会(JSSX)(東京)においてベストポスター賞を受賞しました。
修士課程1年の森大輝さんが、第32回日本薬物動態学会(JSSX)(東京)においてベストポスター賞を受賞しました。
発表題目は、「Assessment of drug-drug interaction potency against OATP1B with paclitaxel using an endogenous substrate as an alternative probe」です。
picture picture
2017.11.20 林 久允助教、直井壯太朗さん(2015年博士課程修了)による、こどもの肝臓難病(進行性家族性肝内胆汁うっ滞症1型; PFIC1)の早期診断・治療を可能にする研究成果がプレスリリースされました(詳細はこちら)。
患者数が少ないまれな疾患(希少疾患)の1つに、こどもの肝臓に関する病気で、無治療の場合、乳幼児期に死に至る難病があります。この難病は、進行性家族性肝内胆汁うっ滞症1型(PFIC1)と呼ばれる、ATP8B1の遺伝子変異により発症する疾患です。現在、本疾患の確定診断には、臨床所見、遺伝子検査が利用されていますが、病因変異の同定に難渋し、類似疾患との鑑別に至らない症例が散見されています。林助教らは、PFIC1の原因遺伝子であるATP8B1が末梢血単球由来のマクロファージに発現しており、本遺伝子の機能破綻により、マクロファージマーカーの発現が低下すること、細胞形態が異常を来たすことを見出しました。さらに、本細胞の特性の差異から、現在の診断法では確定診断に至らなかった肝臓病の患児から、複数のPFIC1症例を見出すことに成功しました。PFIC1には治療指針が異なる複数の類似疾患が存在します。本研究成果により、PFIC1の確定診断、適切な治療選択が発症早期に可能となり、患児及び、ご家族の救済に繋がるものと期待されます。
本研究グループは、尿素サイクル異常症の治療薬であるブフェニールが、PFIC1患児が呈する胆汁うっ滞性の難治性掻痒感に著効し、当該患児の睡眠障害を解消する可能性を見出しており、本薬効の薬事承認取得を目的とした医師主導治験を計画しています。今回開発した診断法に基づいて集積させた疾患情報をベースに試験プロトコルを立案し、次年度以降の治験開始を予定しています。
お子さんの原因不明の長引く黄疸でお悩みの方、乳児の遷延する原因不明の黄疸を診た先生方、本治験の参加にご興味をお持ちの方は、確定診断のお手伝いなどをいたしますので下記にご連絡ください。
Email: hayapi[at]mol.f.u-tokyo.ac.jp (林 久允助教)
2017.9.8 修士課程2年の望月達貴さんが、APSTJ Global Education Seminar 2017-2nd (金沢)においてPresentation Awardを受賞しました。
修士課程2年の望月達貴さんが、APSTJ Global Education Seminar 2017-2nd (金沢)においてPresentation Awardを受賞しました。
発表演題はInvestigation of a Novel Drug Influx Transporter on the Blood-Brain Barrier and Kidneyです。
2017.7.25 林 久允助教が、第34回 日本小児肝臓研究会(奈良)において、こどもの肝臓難病(進行性家族性肝内胆汁うっ滞症1型)の診断法開発に関する発表を行い、最優秀演題賞を受賞しました。
picture
小児慢性特定疾患に指定されている進行性家族性肝内胆汁うっ滞症1型は、乳児期に発症する希少疾患です。 本疾患は、治療指針の異なる類似疾患が多いにも関わらず、遺伝子変異検査や、肝組織検査など既存の検査法では確定診断が困難な例が散見されるため、 発症早期に本疾患を見分ける診断法の開発が切望されています。林助教らは、末梢血に含まれる血球細胞の表現型を利用することにより、低侵襲に本疾患症例を鑑別できることを見出しました。
お子さんの原因不明の長引く黄疸でお悩みの方、乳児の遷延する原因不明の黄疸を診た先生方へ
確定診断のお手伝いをいたしますので、下記までご連絡ください。
Email: hayapi[at]mol.f.u-tokyo.ac.jp (林 久允助教)
2017.7.9 修士課程2年の望月達貴さんが、第12回トランスポーター研究会年回 (仙台)においてベストポスター賞を受賞しました。
修士課程2年の望月達貴さんが、第12回トランスポーター研究会年回 (仙台)においてベストポスター賞を受賞しました。
発表演題は血液脳関門における新規トランスポーターSLC35F2の機能解析です。
2017.2.1 林 久允助教らが、大学発の創薬研究による小児難病(進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型)の医薬品開発に向け、治験(第II相試験)を開始しました。本内容は、東京大学からプレスリリースされました。(詳細はこちら
 進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型(PFIC2)は、小児慢性特定疾病に指定されており、無治療の場合、幼児期に肝不全へと進行し、死に至る希少難病です。 現在、肝移植が本疾患の唯一の治療法となりますが、ドナー不足や、身体的、経済的な負担の大きさなどの問題に加え、移植後の再発例が散見されることから、くすりによる治療法の開発が切望されています。
 林助教らは、基礎研究から医薬品候補フェニル酪酸ナトリウムを見出し、探索的臨床研究により、本薬剤のPFIC2に対する有効性を示唆する知見を得ています。 この成果を踏まえ今回、本薬剤の薬事承認を目指し、医師主導治験を計画しました(治験調整医師:近畿大学医学部奈良病院 近藤宏樹)。 本治験では、オーファンパシフィック社より提供を受けた製剤から製造した治験薬(開発コード:KDN-413)を用い、全国6施設、合計6例のPFIC2患者さんに参加頂く予定です。 今回の治験により、大学発の創薬研究による難病の医薬品開発が大きく前進するものと期待されます。

お子さんの原因不明の長引く黄疸でお悩みの方、乳児の遷延する原因不明の黄疸を診た先生方へ
確定診断のお手伝いをいたします。ご興味のある方は、こちら(医療関係者用一般用)をご覧ください。
2016.12.14 林 久允助教の「ドラッグリポジショニングによる小児難治性肝疾患の医薬品開発」に関する紹介記事が、薬事日報(2016年12月14日、1面)に掲載されました。
林 久允助教が、第37回 日本臨床薬理学会学術総会(米子)のシンポジウム「進むオーファンドラッグ(希少疾患用医薬品)に対する創薬」において、「ドラッグリポジショニングによる小児難治性肝疾患の医薬品開発」の発表を行いました。 本発表の紹介記事が、薬事日報(2016年12月14日、1面)に掲載されました。
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.yakuji.co.jp/entry55171.html
2016.12.2 楠原洋之教授が、「臨床薬理研究振興財団 学術奨励賞」を受賞しました。
臨床薬理研究振興財団の学術奨励賞は、わが国の臨床薬理学の発展に寄与・貢献する重要な臨床薬理学的研究を行う研究者に対して与えられる賞です。
対象となった研究課題は、「トランスポーターの分子基盤に基づいた臨床薬物動態学研究」です。授賞式および受賞講演は、12/2に開催された第37回日本臨床薬理学会(米子)にて行われました。
picture picture
2016.10.14 修士課程2年の三宅健之さんが、第31回日本薬物動態学会(JSSX)(長野)においてポスター賞を受賞しました。
修士課程2年の三宅健之さんが、第31回日本薬物動態学会(JSSX)(長野)においてポスター賞を受賞しました。
発表題目は、「有機カチオントランスポーター(OCT)はトリメチルアミンN-オキシドの腎取り込みおよびクリアランスを担う」です。
picture picture
2016.6.25 修士課程1年の寺島花野さんが、The 1st workshop for Japan-Korea Young Scientists on Pharmaceutics"(京都)において、 "JKYSP Chair's Selection Award"を受賞しました。(優秀ポスター発表賞に相当)
修士課程1年の寺島花野さんが、The 1st workshop for Japan-Korea Young Scientists on Pharmaceutics"(京都)において、 "JKYSP Chair's Selection Award"を受賞しました。(優秀ポスター発表賞に相当)
発表題目は、「Development of Quantitative Evaluation Method of OATP-mediated Drug Interactions by Monitoring Endogenous Substrates」です。
picture picture
2016.6.25 特任助教の水野忠快さんが、第1回韓若手薬剤学研究者ワークショップ The 1st Workshop for Japan-Korea Young Scientists on Pharmaceutics(京都)においてベストポスター賞を受賞しました。
2016.6.25 特任助教の水野忠快さんが、第1回韓若手薬剤学研究者ワークショップ The 1st Workshop for Japan-Korea Young Scientists on Pharmaceutics(京都)においてベストポスター賞を受賞しました。
2015.11.14 修士課程1年の佐野大和さんと廣瀬友さんが、第30回日本薬物動態学会(JSSX)(東京)においてポスター賞を受賞しました。
修士課程1年の佐野大和さんと廣瀬友さんが、第30回日本薬物動態学会(JSSX)(東京)においてポスター賞を受賞しました。
発表題目は、「invetigation of endogenous compounds for quantitative evaluation of drug interaction involving renal organic anion transpoters」(佐野)
「Successflu treatment with 4-phenylbutylate in patients with familial intrahepatic cholestasis」(廣瀬)です。
picture picture picture
日経メディカル 特別編集版 既存の薬が難病を救う(2015年10月10日発刊)に林 久允助教の「小児難病(進行性家族性肝内胆汁うっ滞症)の治療薬開発」に関する研究内容が紹介されました。
日経メディカル 特別編集版 既存の薬が難病を救う(2015年10月10日発刊)に林 久允助教の「小児難病(進行性家族性肝内胆汁うっ滞症)の治療薬開発」に関する研究内容が紹介されました。
詳細はこちらをご覧ください。
2015.10.16 日本学術振興会特別研究員への採用
博士課程2年中山丈史さん、博士課程1年勝部彬さんが学振DC2に採用(内定)されました。
2015.6.26 博士課程2年の中山丈史さんが第22回HAB研究機構学術年会のランチョンプレゼンテーションにおいて最優秀ポスター賞を受賞しました。
博士課程2年の中山丈史さんが第22回HAB研究機構学術年会のランチョンプレゼンテーションにおいて「Ussing chamberを用いた薬物の消化管組織透過性に関する担体輸送機構の検討」のポスター発表を行い、最優秀ポスター賞を受賞しました。
2015.6.21 博士課程1年の勝部彬さんと仁島大毅さんが、第10回日本トランスポーター研究会(東京)において優秀発表者賞を受賞しました
博士課程1年の勝部彬さんと仁島大毅さんが、第10回日本トランスポーター研究会(東京)においてポスター発表を行い、優秀発表者賞を受賞しました。 発表題目は、「ABCA1の細胞膜発現量制御におけるリン酸化の関与の検討」(勝部)、 「ユビキチン化を介したABCA1の細胞内輸送制御機構の解析」(仁島)です。
picture picture picture picture
2015.5.22 修士課程2年の松阪佑介さんが、日本薬剤学会第30年会(長崎)において最優秀発表者賞を受賞しました
修士課程2年の松阪佑介さんが、日本薬剤学会第30年会(長崎)において、 「Atp11c機能欠損マウスにおける高胆汁酸・高ビリルビン血症の発症機序解明」 の口頭発表を行い、最優秀発表者賞を受賞しました。
picture picture picture
2015.3.31 修士課程2年の勝部彬さんが、日本薬学会第135年会において優秀発表者賞を受賞しました。       
修士課程2年の勝部彬さんが、日本薬学会第135年会(神戸)において「ABCA1のリン酸化を介した細胞膜発現量制御機構の解析」のポスター発表を行い、優秀発表者賞を受賞しました。
「日経バイオテク ドラッグリポジショニング特集(2014年9月15日号)に林 久允助教の「進行性家族性肝内胆汁うっ滞症に対する医薬品開発」に関する研究内容が紹介されました。」       
詳細はこちらをご覧ください。
2014.8.6 林久允助教、直井壯太朗(博士課程3年)らによる肝臓の小児難病(進行性家族性肝内胆汁うっ滞症1型)の治療薬開発に関する臨床研究の成果が、東京大学からプレスリリースされました(詳細はこちら)。本研究内容は、毎日新聞(朝刊28面「小児肝臓難病に有効薬」、2014.7.17)などに掲載されました。       
患者数が少ないまれな疾患(希少疾患)の1つに、こどもの肝臓に関する病気で、無治療の場合には成人前に肝不全となり、死に至る難病があります。
この難病は、進行性家族性肝内胆汁うっ滞症1型と呼ばれる遺伝子の変異が原因となる疾患で、患者は肝臓の機能の低下に伴う強いかゆみのために、物事に集中できない、夜間深い睡眠をとることができない等、日常生活において悩みを抱えています。
林助教はこれまでの基礎研究から、尿素サイクル異常症の治療薬であるフェニルブチレートがこの病気に対して有効である可能性を見出していました。今回、林助教らは、大阪大学医学部附属病院に通院している進行性家族性肝内胆汁うっ滞症1型のこどもたち3名を対象としたフェニルブチレートの投与試験を大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学講座(小児科学)の先生方と共同で実施し、フェニルブチレートには、この病気を原因としたかゆみを改善させる効果があることを発見しました。進行性家族性肝内胆汁うっ滞症に限らず、肝臓の病気を原因としたかゆみに対する有効な治療法は現在無く、こどもたちの生活の質を低下させる主な要因になっています。本薬剤は、進行性家族性肝内胆汁うっ滞症のこどもたちをかゆみという悩みから救い出すだけではなく、他の肝臓の病気によるかゆみに対する効果も期待できます。 本研究グループは現在、フェニルブチレートの本薬効に関して薬事法上の承認を得るための臨床研究(治験)を開始する準備を進めています。
本治験の参加にご興味をお持ちの方は、遺伝子変異検査などによる確定診断も併せて実施いたしますので、下記までご連絡ください。
Email: hayapi[at]mol.f.u-tokyo.ac.jp (林 久允助教)
2014.5.7 平成27年度大学院薬学系研究科入学試験について
薬学研究科のHPに平成27年度入学試験に関する情報が掲載されました。
(詳細はこちら)

また、当入試に関する説明会が以下の日程で行われます。

平成26年5月24日(土)午後1時から
場所:薬学部講堂(総合研究棟1階)

上記説明会終了後に当研究室も見学会を設ける予定です。ご希望の方はスタッフに事前に連絡をいただければと思います。
(もちろん、事前に連絡をいただければ研究室見学は随時大歓迎です!)
2014.5.21 修士課程2年の張せんさんが、日本薬剤学会第29年会において最優秀発表者賞を受賞しました
修士課程2年の張せんさんが、日本薬剤学会第29年会(大宮ソニックシティビル)において「トリプタン系薬物の体内動態における肝OCT1の寄与」の口頭発表を行い、最優秀発表者賞を受賞しました。
2014.4.18 前田和哉講師が、”ISSX(国際薬物動態学会) Asia Pacific New Investigator Award”を受賞しました。
ISSX Asia Pacific New Investigator Awardは、国際薬物動態学会(ISSX)が、アジア太平洋地域における若手(博士の学位取得後10年以内を目安)の薬物動態研究者の中で、当該領域において顕著な研究業績を挙げつつあり、将来が期待される研究者を対象とする賞です。
対象となった研究課題は、「肝臓における取り込み・排出トランスポーターの機能がin vivo薬物動態に与える影響の定量的評価研究」です。これまでの研究を通じて、①薬物の肝胆系輸送を担う薬物トランスポーターの多様性の解明ならびに定量的な寄与率評価法の確立、②肝固有クリアランスの決定要因としての肝取り込み過程の重要性のin vitro実験ならびに臨床研究による実証、③トランスポーターを介した薬物間相互作用やトランスポーターの遺伝子多型による薬物の体内動態の変動の定量的予測、を行っており、これら各成果について薬物動態研究における重要性が認められました。
授賞式および受賞講演は、5/9~5/12に開催されます5th Asia Pacific ISSX Meeting(中国・天津)にて行われる予定です。
2014.4.9 林久允助教、直井壯太朗(博士課程3年)らによる難治性小児肝疾患(進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型)の治療薬開発に関する臨床研究の成果が、東京大学からプレスリリースされました(詳細はこちら)。本研究内容は、日本経済新聞(朝刊38面「子供の肝臓病 東大チームなど 別の病気の薬有効」、2014.2.18)、産経新聞(朝刊28面「東大、小児肝臓病治療の有効性確認」、2014.2.14)、他多数の地方紙に掲載されました。
患者数が極めて少ないまれな疾患(希少疾患)の1つに、子供の肝臓に関する病気で、無治療の場合には思春期前に肝不全に陥り、死に至る難病があります。この難病は、進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型(Progressive Familial Intrahepatic Cholestasis type 2; PFIC2)と呼ばれ、Bile Salt Export Pumpと呼ばれる遺伝子の変異が原因となる疾患です。PFIC2に対する治療法は現状では、肉体的、金銭的に負担の大きい肝移植のみであることから、薬物による治療法の開発が切望されています。
今回、林助教らは、獨協医科大学越谷病院、済生会横浜市東部病院と共同で、PFIC2患者を対象とした臨床研究を実施し、尿素を合成する仕組みに異常が生じる尿素サイクル異常症の治療薬として承認されているフェニルブチレート(4-phenylbutyrate; 4PB)という医薬品が、PFIC2に対して治療効果を示すことを見出しました。今後、本薬剤が肝移植に代わるPFIC2の新規治療法として普及することが期待されます。

当研究グループは現在、4PBの本薬効に関して薬事法上の承認を得るための臨床研究(治験)を開始する準備を進めています。本治験の参加にご興味をお持ちの方は、遺伝子変異検査などによる確定診断も併せて実施いたしますので、下記までご連絡ください。

Email: hayapi[at]mol.f.u-tokyo.ac.jp (林 久允助教)
2014.4.9 第351回CBI学会研究講演会のお知らせ
「三極の薬物相互作用ガイドラインを踏まえた薬物相互作用の予測の現状と将来展望」

日時: 2014年6月19日(木)10:00-17:50
場所: 東京大学弥生講堂一条ホール(東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内)
世話人:杉山 雄一(理化学研究所)、佐藤 正延(医薬品医療機器総合機構)

開催趣旨:臨床現場では治療目的を達成するために複数の薬物が投与される場合が多いが、これらの併用薬物間の相互作用により、薬効の減弱、副作用の発現につながる場合がある。したがって、薬物相互作用の有無、そしてその程度を医薬品開発段階で評価し、適切に注意喚起、情報提供した上で上市することが重要である。また薬物相互作用にかかわらず、飲食物やサプリメントとの相互作用が生じる場合もある。しかしながら、医薬品の開発段階で併用される可能性のある全ての医薬品、飲食物及びサプリメントとの相互作用を検討するための臨床試験を実施して、併用時の有効性及び安全性を評価することは現実的ではないことから、いかに正確に薬物相互作用の有無及びその程度を予測するかが重要となってくる。
2012年2月にFDAより薬物相互作用のドラフトガイダンス、2012年6月にEMAより薬物相互作用ガイドラインが発出され、2014年には本邦でも「薬物相互作用の検討方法について」(平成13年6月4日、医薬審発第813号)の改訂版が発出される予定である。本シンポジウムでは、日米欧の薬物相互作用ガイドラインも踏まえて、産官学それぞれの立場から薬物相互作用の予測についてご講演頂き、予測の現状の理解を深め、将来展望について議論する。

詳細はこちらをご覧ください。
2013.12.16 林 久允助教が平成26年度日本薬学会奨励賞を受賞しました
日本薬学会奨励賞は、3年以上継続して日本薬学会会員で、薬学の基礎および応用に関し、独創的な研究業績をあげつつあり、薬学の将来を担うことが期待される、満38歳未満の研究者を対象とする賞です。対象となった研究課題は、「トランスポーター関連疾患に対する新規治療戦略の開発を指向した創薬研究」です。胆汁酸トランスポーターBile salt export pumpの遺伝子変異は、進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型という希少難治性疾患の原因となります。これまで本疾患に対しては肝移植以外に有効な治療法はありませんでしたが、林助教は、自らの基礎研究成果に基づいた創薬研究を進め、本疾患症例を対象とした臨床研究を実施することにより、薬物による治療を実現しました。本研究において用いられたアプローチは、他のトランスポーター関連疾患に対する医薬品開発においても応用が期待されます。授賞式および受賞講演は日本薬学会第134回年会(熊本)にて行われる予定です。
2013.12.16 林 久允助教が平成25年度アステラス病態代謝研究会最優秀理事長賞を受賞しました
本賞は、アステラス病態代謝研究会の研究助成をうけて実施した研究の成果報告会で、極めて優秀で病態代謝分野の研究に貢献するところ顕著であると認められた研究に授与されるものです。本年度は10月19日に東京で研究助成交付者(84名)による成果報告会が開催され、林 久允助教による研究成果報告「小児性肝内胆汁うっ滞症の新規診断法及び治療薬の開発」は、極めて優れた研究成果報告として最優秀理事長賞に選ばれました。11月25日に財団事務局長より、賞状と副賞が授与されました。
詳しくは、公益財団法人アステラス病態代謝研究会のホームページ(http://www.astellas.com/jp/byoutai/assist/list.html#chief)をご覧ください。
2013.11.30 TP-search(トランスポーター情報のデータベース)へのリンクを追加しました
詳細はこちらをご覧ください。
2013.10.28 日本学術振興会特別研究員への採用内定
博士3年吉田健太君が学振海外特別研究員に、博士2年相田健佑君が学振DC2に採用(内定)されました。
2013.10.11 修士課程1年の鶴谷有理さんが、日本薬物動態学会(JSSX)の第28回年会においてベストポスター賞を受賞しました
2013.10.8 杉山雄一先生が "The 2013 R.T. Williams Distinguished Scientific Achievement Award" を受賞されました
当研究室の前教授で、理化学研究所にて杉山特別研究室を主催されている杉山雄一先生が、International Society for the Study of Xenobiotics (ISSX)の "The 2013 R.T. Williams Distinguished Scientific Achievement Award" を受賞されました。
詳細はこちらをご覧ください。


その他のお知らせ