2-1 核磁気共鳴装置の詳細

機器名称
核磁気共鳴装置
仕様
ブルカーダルトニクス社製 Avance III HD 400 MHz NMR
写真

写真をクリックで拡大します。

備考
核磁気共鳴は、有機分子の構造解析に必須であるのみならず、分子間・分子内相互作用、分子運動性など極めて有用な情報を与える測定手段で、有機系・物理系・生物系総ての解析のコアとなる機器です。生命科学、医農薬・食品開発等への幅広い展開が期待されます。
ご利用料金
公開利用:2,000円(円/時間あたり)
専有利用:5,700円(円/時間あたり)