大学院講義

目的:本講義は、「患者主体の医療に大きく貢献し、社会主体の理解と共感を得ることのできる医薬品」の創製・開発に関する社会的責任を果たす重要な役割を担い、薬学の基盤の上で社会と直結した認識を持ち、最新の知識を備え、確かな評価のできる視野の広い実務者・研究者を養成することを目指して平成17年に開講致しました。
本年度も、医薬品の研究開発・承認審査における薬効評価の手法、背景となる法規制の体系、意思決定の考え方などについて学内外に開かれた教育の機会を提供いたします。
なお、受講対象者は原則として、大学を卒業した者とします。

[2017年度]
日時:9月25日〜1月22日までの月曜日 15:45〜17:30  全13回
場所:薬学部南館4階大学院講義室      

日付 講義内容 講師名 講師所属
2017/9/25 レギュラトリーサイエンス概説 佐藤 陽治 国立医薬品食品衛生研究所
10/2 医薬品開発における品質評価 本田 二葉 医薬品医療機器総合機構
10/16 グローバルヘルスと医薬品評価 渋谷 健司 東京大学大学院医学系研究科
10/23 医薬品の薬物動態評価 岩田 大祐 医薬品医療機器総合機構
10/30 医薬品審査の実例とこれからの臨床開発 美上 憲一 医薬品医療機器総合機構
11/6 医薬品開発における毒性評価 篠田 和俊 医薬品医療機器総合機構
11/13 新医療技術産業化の課題 大西 昭郎 東京大学公共政策大学院
11/20 新薬臨床開発の国際化の進展と今後の展望 杉井 寛 ノボノルディスクファーマ
11/27 臨床開発・薬効評価の仕組みと判断 小野 俊介 東京大学大学院薬学系研究科
12/4 薬効評価の理論と実践 山口 拓洋 東北大学大学院医学系研究科
12/18 医療イノベーション政策と医薬品研究開発 鈴木 寛 東京大学公共政策大学院/
慶応義塾大学政策メディア研究科兼総合政策学部
1/15 日本における新薬承認審査―リスクとベネフィットの比較考量 藤原 康弘 国立がん研究センター中央病院/
東京大学大学院薬学系研究科
1/22 医薬品開発・評価方法の現状と未来 成川 衛 北里大学薬学部


科目等履修生登録の手続き

1.登録諸経費

検定料 9,800円  小計:9,800円 *出願時
入学料28,200円  
授業料29,600円  合計:57,800円 *受講許可時

2.履修に必要な手続き書類

1)入学願書

2)C票貼付用紙 (検定料振込後、「東京大学」入学検定試験検定料振込金受付証明書(C票)を入学願書の所定の場所に必ず貼付すること。)

3)最終学校の卒業(修了)証明書 1通

※証明書が旧姓の場合は、本人確認のため戸籍抄本のコピーを1通提出のこと。(裏面や追記ページに氏名変更が記載されている場合は、運転免許証やパスポートでも可。両面をコピーのこと。)

4)勤務先の承諾書 1通(様式を入学願書請求の際に送付します)1通 *1

5)写真(縦4cm×横3cm) 2枚(願書・学生証用写真貼付台紙に貼付)

6)学生証用写真貼付台紙(生年月日、フリガナ、氏名を記入し、写真を貼付)

7)返信用封筒(角2)(速達分切手420円(1部140円+速達料金280円)を貼り、住所・氏名を記入)

8)外国人の場合は、上記のほかに外国人登録済証明書および日本語の学力を表す証明書 各1通

*1 出願時に間に合わない場合は、後日提出可能。

3.出願及び入学に関する日程

1)出願手続:郵送(書留郵便)により、6月12日(月)から6月16日(金)までの消印のあるものを受け付けます。

※受講希望者が定員を大幅に超えた場合は、後日レポート課題により検定することになります。

2)受講許可:7月27日(木)頃に結果を郵送します。

3)入学料・授業料納入期間: 8/1(火)〜8/3(木)

4.問合せ先
(資料請求/出願/事務手続き)

〒113-0033 文京区本郷 7-3-1
東京大学大学院薬学系研究科 事務部教務チーム
TEL:03-5841-4704
E-mail:gakuin1@mol.f.u-tokyo.ac.jp
※資料請求の際は、教務チーム宛にメールにて事前に問い合わせて下さい。

5.講義についての問い合わせ先

〒113-0033 文京区本郷 7-3-1
東京大学大学院薬学系研究科 医薬品評価科学講座 岡嶋 早苗 (月水のみ)
TEL:03-5841-1692
E-mail:prstokyo@mol.f.u-tokyo.ac.jp

東京大学大学院薬学系研究科
医薬品評価科学講座
TEL:03-5800-6988
FAX:03-5800-6949
PRS事務局
Email

↑ページ上部へ