メンバー

藤澤貴央(特任助教)、山内翔太(特任研究員)、林 裕輝(D1)、坪田 充司(D1)、田淵璃子(B4)、前川リラ(B4)

研究プロジェクト

  本グループは筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis;ALS)の病態分子機構の解明を目指して研究に取り組んでいます。特にALSの原因遺伝子として古くから知られるSOD1に着目し、SOD1がどのように病態の発症に関与しているのか、その分子メカニズムの解明を試みています。当研究室ではこれまでにALS関連変異型SOD1に共通する構造の変化を報告すると共に、野生型SOD1も亜鉛欠乏状態で同様の構造をとることを明らかにしました。現在はSOD1の構造変化の制御機構の解明を通したALS発症機構の更なる理解や、これまでに明らかにした新しい知見に基づいた新規ALS治療薬の創出を目指し、日々研究に取り組んでいます。