本間謙吾、一條秀憲:亜鉛欠乏と小胞体ストレス, 日本臨床, 74(7), 1228-1233, 2016.

  坂内千尋、服部一輝、一條秀憲:ストレス応答性MAPキナーゼ経路,生体の科学,66(5),416-417,2015.

  一條秀憲:企画 医学のあゆみ "ストレスシグナルと疾患 -細胞恒常性維持機構の破綻と病態-" 医歯薬出版(株)、254(5),2015.

  関根史織、一條秀憲:ミトコンドリア局在型プロテインホスファターゼPGAM5とストレス応答,医学のあゆみ,254(5),419-426、2015.

 一條秀憲、南康博:編集 実験医学増刊 "知る・見る・活かす!シグナリング研究2015" 羊土社,33(10), 2015.

 名黒功:哺乳類細胞のオケルシグナリングを対象としたゲノムワイドsiRNAスクリーニング,実験医学増刊「知る・見る・活かす!シグナリング研究2015」一條秀憲、南泰宏 編,羊土社,33(10), 1667-1673, 2015.

 関根悠介、一條秀憲:酸化ストレスによって誘導される多様な細胞死の分子機構,別冊・医学のあゆみ「細胞死Update-基礎から臨床までを俯瞰して」 米原伸 編 医歯薬出版(株),24-30,2014.

 渡邊謙吾、名黒 功、一條秀憲:ハイコンテントゲノムワイドsiRNAスクリーニングによるシグナル伝達研究への応用、実験医学,32(9),1405-1410,2014.

 藤澤貴央、一條秀憲:(解説)治療標的としてのASK1-MAPキナーゼシグナル伝達経路、日本臨床,72(5),957-965,2014.

圓谷奈保美、本間謙吾、一條秀憲:タンパク質間相互作用をターゲットとした阻害低分子化合物探索と創薬,実験医学増刊「研究成果を薬につなげるアカデミア創薬の戦略と実例」,長野哲雄 編,羊土社,32(2),293-298,2014.

本間謙吾、一條秀憲:亜鉛欠乏時に働く小胞体ストレス誘導スイッチとしてのSOD1の新規機能,実験医学,32(3),343-346,2014.

矢尾あかり、関根史織、一條秀憲:ミトコンドリアにおけるストレス応答と関連疾患,Surgery Frontier, 20(4),377-382,2013.

河原崎陽介、名黒功、一條秀憲:酸化ストレス応答キナーゼASK1の機能と疾患へのかかわり,医学のあゆみ,247(9),746-752,2013.

関根悠介、一條秀憲:酸化ストレスによって誘導される多様な細胞死の分子機構,医学のあゆみ,246(5), 376-381,2013.

関根悠介、一條秀憲:ASKファミリーによるストレスシグナル制御と疾患,生化学,85(3),167-173,2013.

関根悠介、一條秀憲:酸化ストレス応答シグナルおよび細胞死を制御する因子KLHDC10の同定,実験医学,31(3),437-441,2012.

松沢厚、一條秀憲:シグナル伝達系,新臨床腫瘍学,日本臨床腫瘍学会 編,南江堂,14-21,2012.

藤澤貴央、一條秀憲:家族性筋萎縮性側索硬化症における酸化ストレスの関与,実験医学増刊号「活性酸素・ガス状分子による恒常性制御と疾患」,30(17),2854-2859,2012.

山口奈美子、西頭英起:タンパク質の品質管理,イラストで徹底理解するシグナル伝達キーワード事典,山本雅他 編,羊土社,194-202,2012.

松沢厚、一條秀憲:ストレス応答キナーゼシグナルの破綻と疾患,細胞工学,31(2),138-145,2012.

関根史織、一條秀憲:生体内のROS管理の破綻とがん形成,実験医学増刊号「in vivo実験医学によるヒト疾患解明の最前線」,30(2),229-235,2012.

水上潤哉、武田弘資、一條秀憲:皮膚の炎症におけるストレス応答キナーゼASK1の役割,FRAGRANCE JOURNAL,8,27-31,2011.

渡辺毅、一條秀憲、西頭英起:神経変性疾患と小胞体ストレス,Bio Clinica,26(7),612-616,2011.

関根悠介、武田弘資、一條秀憲:ストレスシグナルによるアポトーシス制御と癌形成における役割,実験医学増刊号 「癌研究と分子標的治療」,29(2),222-228,2011.

佐藤剛裕,一條秀憲,武田弘資:ストレス応答キナーゼASK1とASK2によるアポトーシスと炎症の制御と腫瘍化,生体の科学,61(6),61-607,2010.

畑中良、関根悠介、一條秀憲:哺乳類細胞のストレス受容・伝達機構とそれに起因する疾患,化学と生物,48(7),471-477,2010.

松沢厚、一條秀憲:ストレス応答キナーゼシグナルによる細胞死のバランス制御,細胞死研究総集編>,三浦正幸 編,羊土社,1003-1010,2010.

早河輝幸、武田弘資:脱ユビキチン化酵素による癌の制御(News & Hot Paper Digest),実験医学,28(11)、1728-1729,2010.

松沢厚、一條秀憲:シグナル伝達系,新臨床腫瘍学~がん薬物療法専門医のために~,日本臨床腫瘍学会 編,南江堂,16-24,2009.

西頭英起、一條秀憲:筋萎縮性側索硬化症における小胞体ストレスを介した運動神経細胞死,蛋白質核酸酵素,54(3),237-244,2009.

石田洋輔、一條秀憲:酸化ストレスとASK1-活性酸素種センサーとしてのthioredoxin-ASK1複合体-,血液・腫瘍科,58(2),225-230,2009.

水上潤哉,武田弘資,一條秀憲 ASK (Apoptosis Signal-regulating Kinase)ファミリー.日薬理誌, 134(5) 289-290, 2009.

武田弘資,入山高行,一條秀憲 腫瘍形成におけるストレス応答キナーゼASK1とASK2によるアポトーシスと炎症の制御.実験医学, 27 (16), 2628-2631, 2009.

武田弘資,一條秀憲:細胞死とアポトーシス制御機構,口腔内科学,尾崎登喜雄 編・監,飛鳥出版室, 150-157,2008.

丸山 剛、西頭英起、一條秀憲:小胞体(ER)ストレス誘導性アポトーシスの分子メカニズム,血管医学,9(4),331-336,2008.

武田弘資、西頭英起、一條秀憲:MAPキナーゼ経路を介したストレス応答と疾患,実験医学増刊号「シグナル伝達研究2008-9」,26(15),的崎尚 編,羊土社,2334-2340,2008.

藤野悟央、野口拓也、武田弘資、一條秀憲:(シグナル伝達系-2)キナーゼを介した生存と死のシグナル,がんの分子標的治療,鶴尾隆 編,南山堂,113-119,2008.

西頭英起、一條秀憲:筋萎縮性側索硬化症における小胞体ストレスを介した運動神経細胞死のメカニズム,実験医学,26(14),2229-2232,2008.

西頭英起、一條秀憲:小胞体ストレスとアポトーシス,分子細胞治療,17(4),329-336,2008.

武田弘資、一條秀憲:ストレスキナーゼの新しい機能-ASKファミリーを中心として-,蛋白質核酸酵素,53(10),1246-1251,2008.

入山高行、武田弘資、一條秀憲:ストレスシグナルによるアポトーシス制御,Bionics,28,32-35, 2007.

一條秀憲:ASKファミリーによるストレス応答~細胞がストレスを感じる仕組みと疾患~,日薬誌,129, 89-93, 2007.

松沢厚,一條秀憲:ストレス応答キナーゼASK1による新たな自然免疫シグナルの制御機構-活性酸素を介したASK1-p38経路のTLR4下流特異的活性化-, エンドトキシン研究9, 9-17, 2006.

河野泰秀、名黒功、一條秀憲:癌とシグナル-ストレス応答シグナル(JNK経路)と癌,遺伝子医学MOOK6-シグナル伝達病を知る-,菅村和夫他 編,メディカルドゥ,192-197,2006.

名黒 功、松沢 厚、藤野悟央、一條秀憲:ASK1シグナリングのRedoxによる制御と自然免疫応答への関与,Annual Review免疫2007,奥村康他編、中外医学社,73-84,2006.

小口 遥、一條秀憲:活性酸素とストレス応答性MAPキナーゼ経路、分子細胞治療、5(6), 477-482, 2006.

梅田剛、一條秀憲:アポトーシス ASK1と酸化ストレス-ストレス応答シグナルから疾患へのアプローチ,(別冊・医学のあゆみ)酸化ストレス Ver.2-フリーラジカル医学生物学の最前線,吉川敏一 編,医歯薬出版, 106-110,2006.

武田弘資、一條秀憲:ストレスキナーゼによる細胞死制御(MAPキナーゼ:JNK,p38),細胞死・アポトーシス集中マスター,辻本賀英 編,羊土社,51-59,2006.

山口潔、武田弘資、一條秀憲:酸化ストレスと細胞内情報伝達異常,肝胆膵,52(6),843-851,2006.

門脇寿枝、西頭英起、一條秀憲:異常タンパク質蓄積が発信する神経細胞死シグナル伝達,-疾患のサイエンス-,実験医学, 24(10)(増刊)深水昭吉 編,羊土社,1553-1560,2006.

永井宏彰、武田弘資、一條秀憲:病態におけるストレス応答性MAPキナーゼ経路の役割-ASK1は疾患治療のターゲットとなるか?-,化学と生物, 44(3),144-146,2006.

松沢厚,一條秀憲:ストレス応答キナーゼASK1による自然免疫シグナルの制御機構-活性酸素を介したTRAF6-ASK1-p38経路のTLR4下流特異的活性化-,臨床免疫, 45(1), 79-84, 2006.

野口拓也,武田弘資,一條秀憲:活性酸素とリン酸化シグナルとの関わり:ASK1の活性化機構,細胞工学, 25(2), 149-152,2006.

松沢厚:TLR4シグナルを介した新たな自己・非自己抗原選別の決定機構,ファルマシア,42(11),1154-1155,2006.

藤野悟央,一條秀憲:用語解説ASK1,分子細胞治療,4(5),446-447,2005.

石井絢,一條秀憲:MAPキナーゼカスケードによるストレス誘導性アポトーシスの制御,(別冊・医学のあゆみ)レドックス-ストレス防御の医学,淀井淳司, 松尾禎之 編, 医歯薬出版, 36-41,2005.

松沢厚,三枝かおる,一條秀憲:ストレス応答キナーゼASK1による新たな自然免疫シグナル制御機構の発見:活性酸素が自然免疫応答に果たす役割,細胞工学,24(7),706-707,2005.

野口拓也,武田弘資,一條秀憲:プロテインキナーゼによる酸化ストレス応答,酸化ストレスマーカー,二木鋭雄,野口範子,内田浩二編,学会出版センター,166-170,2005.

三輪崇志,松沢厚,一條秀憲:アポトーシス,酸化ストレスナビゲーター,倉林正彦監修,山岸昌一編,メディカルビュー社,112-113,2005.

松沢厚,三枝かおる,一條秀憲:ストレス応答キナーゼASK1による自然免疫シグナルの制御機構,Annual Review 免疫 2005,奥村康、平野俊夫、佐藤昇志編,中外医学社,70-80,2004.

小室美子,武田弘資,一條秀憲:ASK1による細胞死の制御機構,生化学,76(11),1458-1462,2004.

貞光千春,一條秀憲:ASK1-生と死のストレス応答性分子-,生体の科学,55(5),442-443,2004.

西頭英起,一條秀憲:小胞体ストレス誘導性アポトーシスの分子機構,蛋白質核酸酵素,49(7),1006-1009,2004.

一條秀憲:ストレス応答の分子機構-MAPキナーゼ系によるストレスの受容・認識とシグナル変換-,ファルマシア,40(8),729-734,2004.

一條秀憲:(概論)細胞死研究の新たな展開と挑戦,実験医学 増刊号「成熟・展開するアポトーシス研究」羊土社,22(11),1470-1474,2004.

高河原周一,武田弘資,一條秀憲:ASK1の活性化機構とアポトーシスの制御,実験医学 増刊号「成熟・展開するアポトーシス研究」羊土社,22(11),1543-1550,2004.

田代啓一郎,一條秀憲:ERストレス,分子細胞治療,3(2),254-255,2004.

門脇寿枝,西頭英起,一條秀憲:アポトーシスとシグナル伝達,現代医療,35(12),2835-2843,2003.

丸山芳子,一條秀憲:ストレス誘導性アポトーシスとMAPキナーゼカスケード,実験医学 増刊号「シグナル伝達研究」,羊土社,21(2),299-304,2003.

三枝かおる 一條秀憲:アポトーシスと癌,遺伝子医学別冊「これだけは知っておきたい遺伝子医学の基礎知識」,メデイカルドウ,64-70,2003.

松浦宙,一條秀憲:神経細胞死におけるMAPキナーゼ経路の役割とその制御機構,脳21,5(3),319-323,2002.

松沢厚,一條秀憲: MAPKによるアポトーシスシグナルの制御機構-ストレス誘導性アポトーシスにおけるASK1の生理的役割-,臨床免疫  特別増刊号「アポトーシスのすべて」,臨床免疫,38(20),79-90,2002.

一條秀憲:(特集)アポトーシス-分子メカニズムとその破綻が引き起こす疾患-,アポトーシスと疾患とのかかわり,Molecular Medicine  39(6) ,626-628,2002.

松沢厚,一條秀憲:(特集)アポトーシス-分子メカニズムとその破綻が引き起こす疾患-,ストレス応答キナーゼによるアポトーシスシグナルの制御と疾患-ASK1依存性アポトーシスシグナルと疾患との関連-,Molecular Medicine  39(6), 660-670,2002.

一條秀憲:(特集)小胞体ストレスとアポトーシス,序:新たなアポトーシスシグナル発信地としての小胞体と疾患,細胞工学 21(4),360-363,2002.

西頭英起:(特集)小胞体ストレスとアポトーシス,MAPキナーゼを介した小胞体ストレス誘導性アポトーシスのメカニズム,細胞工学 21(4),377-381,2002.

西頭英起,一條秀憲:小胞体ストレスによる細胞死の分子機構と疾患,「ここまで分かった形づくりのシグナル伝達」,羊土社,竹縄忠臣,帯刀益夫編,実験医学 20(2)増刊, p352-358, 2002.

森田圭一,一條秀憲:酸化ストレスとアポトーシス-ストレスキナーゼASK1の解析から-,臨床免疫,38(1),107-112,2002.

武田弘資:ASK1による細胞の生死・分化の制御機構(学会賞受賞-総説),歯科基礎医学会雑誌,43(3),239-246, 2001.

一條秀憲:ASK1,免疫学辞典(第2版),大沢利昭他編,東京化学同人,13,2001.

飛梅 圭,一條秀憲:ストレス応答MAPKKK分子ASK1に依存するアポトーシス,実験医学 19(13),1720-1725,2001.

松沢 厚,森田圭一,一條秀憲:ASK1によるストレス誘導性アポトーシスと疾患-ASK1ノックアウトマウスの解析から-,「酸化ストレス-フリーラジカル医学生物学の最前線」,医歯薬出版,76-81,2001.

春宮 覚,一條秀憲:アポトーシス研究,「先端バイオ研究の進めかた」,羊土社,24-29,2001.

畑井多喜子,一條秀憲:キナーゼによる制御,「アポトーシスがわかる」,羊土社,83-92,2001.

一條秀憲:ストレスが誘導するアポトーシスシグナル,Apoptosis Watch, 3(4),12-13,2001.

武田弘資:ASK1による細胞の生死・分化の制御機構(学会賞受賞-総説),歯科基礎医学会雑誌,43(3),239-246, 2001.

一條秀憲:(初耳辞典)Apoptosis signal-regulating kinase 1 (ASK1), 生体の科学 51(4) 343, 2000.

松沢厚,一條秀憲:神経細胞におけるアポトーシス制御因子とその制御機構,生体の科学,51(4),266-272,2000.

森田圭一,一條秀憲:セリン・スレオニンキナーゼを介したアポトーシス制御機構,医学のあゆみ,194(5),314-318.

山本一仁,一條秀憲:アポトーシスを制御するシグナル伝達,「細胞内シグナル伝達がわかる」,山本雅,秋山徹編,羊土社,97-103,1999.

一條秀憲:アポトーシスの制御機構,循環,20(3),14-20,1999.

井下聖司、一條秀憲:アポトーシスにおけるキナーゼASK-1の役割,「臨床遺伝子学'99-免疫研究の最前線-」,最新医学54(1999年9月増刊号),2321-2329,1999.

澤田泰宏,一條秀憲:TGF-βと骨代謝,Osteoporosis Japan, 7(3),378-379,1999.

一條秀憲:アポトーシスの細胞内分子メカニズムの解明が疾患の診断・治療に役立つ,日経サイエンス,29(11),60,1999.

西頭英起、一條秀憲:MAPK, JNK, p38,PKCのキナーゼアッセイ,「新アポトーシス実験法」(実験医学別冊) 辻本賀英,刀弥重信,山田武編,羊土社,180-184,1999.

一條秀憲:アポトーシスのメカニズム,THE BONE,13(2),39-45,1999.

一條秀憲:細胞はいかにして死を迎えるか?,日本歯科医師会雑誌,52(2), 131-137,1999.

西頭英起、一條秀憲:TNFおよびFasシグナルにおけるASK1の活性化を制御する分子と機構,臨床免疫,31(5),  584-592,1999.

澤田泰宏、一條秀憲:TGF-b、アクチビン,「最新骨粗鬆症」折茂肇,須田立雄,井上哲郎他編,ライフサイエンス出版,209-212,1999.

西頭英起、一條秀憲:MAPキナーゼキナーゼキナーゼの活性化機構-ASK1を制御する分子とメカニズム-,実験医学 17(2),105-112,1999.

斉藤正夫、宮園浩平、一條秀憲:ASK1の抑制性制御因子としてのチオレドキシン,「免疫1998-99」岸本忠三編,中山書店(Molecular Medicine 35 臨時増刊号),102-110,1998.

澤田泰宏、一條秀憲:骨形成/骨吸収カップリングの分子生物学オーバービュー,現代医療 30(12),2952-2959,1998.

武田弘資、一條秀憲:BMPによって誘導される遺伝子BORGの解析(最近の歯学),口病誌 65(3),353,1998.

武田弘資、一條秀憲:TGF-βによるCdkインヒビターの制御,臨床免疫 30(5),697-700,1998.

一條秀憲:細胞の生と死の分子メカニズム,口病誌 65(2),155-163、1998.

一條秀憲、斉藤正夫、西頭英起、武田弘資、宮園浩平:ストレスによる細胞死-ASK1-MAPK経路を介したシグナル伝達-,細胞工学 17(6),914-921,1998.

一條秀憲、宮園浩平:アポトーシスシグナル伝達機構におけるASK1の役割,「Annual Review免疫」菊地浩吉、矢田純一、奥村康 編,中外医学社,155-162,1998.

一條秀憲、西頭英起、斉藤正夫、飛梅圭、武田弘資、宮園浩平:サイトカイン誘発アポトーシスにおけるMAPKKK(ASK1) の役割,臨床免疫 30(1), 88-92, 1998.

一條秀憲、斉藤正夫、西頭英起、武田弘資、宮園浩平:MAPキナーゼカスケードと細胞死,生体の科学 48(2), 124-129, 1997.

一條秀憲、宮園浩平:ストレスシグナル伝達系としてのMAPキナーゼファミリーの機能,実験医学 14(19), 2609-2615, 1996.

一條秀憲:セリン/スレオニンキナーゼ型レセプター,「細胞増殖因子療法」宮園浩平 編,メディカルレビュー社 153-163, 1996.

一條秀憲、宮園浩平:TGF-β受容体とシグナル伝達,実験医学 14(10), 1368-1371, 1996.

宮園浩平、一條秀憲:TGF-βによる免疫抑制,臨床免疫 28(6), 684-690, 1996.

山下英俊、一條秀憲:増殖因子・サイトカインからみた血管のリモデリング 循環器科,科学評論社 39, 17-22, 1996.

斉藤正夫、西頭英起、一條秀憲:Vg-1, GDF, nodal, dorsalin,「BioScience 用語ライブラリー」宮園浩平、菅村和夫 編,羊土社 152-153, 1995.

武田弘資、一條秀憲:BMP-2, -4, -7,「BioScience 用語ライブラリー」宮園浩平、菅村和夫 編,羊土社, 150-151 , 1995.

武田弘資、一條秀憲:BMPファミリー,「BioScience 用語ライブラリー」宮園浩平、菅村和夫 編,羊土社,  148-149, 1995.

一條秀憲:潜在型TGF-β,「BioScience 用語ライブラリー」宮園浩平、菅村和夫 編,羊土社,  138-139, 1995.

一條秀憲:TGF-βスーパーファミリーと口腔疾患,口病誌 62(1), 152, 1995.

一條秀憲、高木実、宮園浩平:TGF-β [サイトカインとそのレセプター:成長因子],臨床免役,27(Suppl. 16), 286-296, 1995.

西頭英起、一條秀憲:TGF-βファミリー受容体,BIO Clinica 9(12), 905-908, 1994.

一條秀憲:形質転換増殖因子β(TGF-β),「動脈硬化病変の進展阻止」 Mebio 別刷メジカルビュー社 編,持田製薬16-22, 1994.

一條秀憲、宮園浩平:TGF-βレセプターシステムの構造と作動メカニズム,実験医学 12(12), 1511-1518, 1994.

斉藤正夫、一條秀憲:潜在型TGF-β,「Key Word 1994-'95炎症・免疫系」柏崎禎夫、室田誠逸 編,先端医学社 168-169, 1994.

一條秀憲、山下英俊、宮園浩平:細胞増殖のコントロール,「Oncology-遺伝子の病気としての癌」黒木登志夫、垣添忠生 編,メジカルビュー社 107-131, 1994.

宮園浩平、一條秀憲、山下英俊:TGF-βスーパーファミリー遺伝子のノックアウトとそのレセプターシステム 実験医学 11(9), 1170-1173, 1993.

宮園浩平、一條秀憲:TGF-βレセプターの構造と働き,代謝 29(8)増刊号「免疫'92」, 101-106, 1992.

一條秀憲、宮園浩平:TGF-βレセプター,最新医学からのアプローチ「サイトカインレセプター」 宮坂昌之,田中稔之 編,メジカルビュー社  188-199, 1992.

一條秀憲:TGF-βレセプターの構造と機能,実験医学 10(15), 1845-1852, 1992.

宮園浩平、一條秀憲:TGF-βレセプターのcDNAクローニングとその新しい展開,実験医学 10(8), 975-977, 1992.

一條秀憲、宮園浩平:TGF-βレセプターとシグナル伝達,実験医学 10(3), 271-276, 1992.

一條秀憲:TGF-βの作用-癌,Medical Immunology 20(3), 281-286, 1990.

一條秀憲、宮園浩平:TGF-β,MEDICO 21(1), 17-19, 1990.