メニュー

EN

トピックス

2020/09/11

遺伝学教室の山内俊敬 大学院生、三浦正幸教授、小幡史明 講師が腸内細菌によるプリン体の制御機構を発見


東京大学大学院薬学系研究科の山内俊敬 大学院生、三浦正幸 教授、小幡史明 講師らの研究グループは、加齢にともなってプリン体代謝物が増加していくこと、それが腸内細菌の一種である酢酸菌によるものであることを発見しました。酢酸菌は、腎組織における自然免疫経路を活性化することで、尿酸をはじめプリン体代謝物を増加させることを示しました。一方で、別の腸内細菌である乳酸菌は、餌中のプリン体を大幅に抑制することで、ショウジョウバエ体内のプリン体代謝物の量を減少させることも明らかになりました。
本研究成果は2020年9月11日付でiScience電子版に掲載されました。
 
発表論文
雑誌:iScience
題目:Gut bacterial species distinctively impact host purine metabolites during ageing in Drosophila
著者:Toshitaka Yamauchi, Ayano Oi, Hina Kosakamoto, Yoriko Akuzawa-Tokita, Takumi Murakami, Hiroshi Mori, Masayuki Miura and Fumiaki Obata
DOI: https://doi.org/10.1016/j.isci.2020.101477
論文へのリンク:https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589004220306696
 
発表概要
 加齢にともなってプリン体代謝物である尿酸が蓄積し、これが痛風を始め、糖尿病や高血圧のリスクになることが知られています。しかし、老化によってなぜ尿酸が増加するのかには、不明な点が多くありました。ショウジョウバエは寿命がおよそ2ヶ月と短く、老化研究のモデル動物として利用されていますが、加齢にともなうプリン体代謝物の増加の有無はこれまで報告がありませんでした。
 東京大学大学院薬学系研究科の山内俊敬 大学院生、三浦正幸 教授、小幡史明 講師らは、ショウジョウバエでも老化にともなってプリン体代謝物が増加すること、そしてそれが腸内細菌に起因することを見出しました。さらなる解析から、腸内細菌の一種である酢酸菌が、腎組織において過剰な炎症応答を誘導することで、プリン体代謝物を増加させることを明らかにしました。一方で、もう一つの腸内細菌である乳酸菌は、ショウジョウバエ餌中のプリン体を大幅に抑えることも明らかにしました。
 本研究は、一見関連が見えにくい腸内細菌とプリン代謝の相互作用に関する新たな生物学的知見となると同時に、老化によるプリン体代謝物上昇のメカニズムの一端を解明するものです。今後、さらなる研究によって健康寿命の延長、尿酸蓄積に関連した疾患治療開発に繋がると考えられます。
詳しくはこちら

2021/12/07
プレスリリース 天然物合成化学教室の王瀛華博士、永井利也大学院生、渡辺樹修士、萩原浩一特任助教、井上将行教授が、多様な生物活性を有する複雑天然物であるジヒドロ-β-アガロフラン類の全合成を達成new
2021/11/29
プレスリリース 薬品代謝化学教室の高木太尊 大学院生,上野匡 助教、浦野泰照 教授らの研究グループは、細胞骨格の一種であるアクチン繊維を高選択的に可視化・操作可能なプローブ分子の開発に成功new
2021/11/24
受賞 天然物化学教室の森貴裕助教が2022年度日本薬学会奨励賞を受賞
2021/11/18
プレスリリース 有機合成化学教室の丸山勝矢 大学院生、生長 幸之助 講師、金井 求 教授らが、チロシンにくっついたりはなれたりしてタンパク質機能を制御できる有機ラジカルを開発
2021/11/16
プレスリリース 分子生物学教室の原田雄仁 特任助教、川口大地 助教、後藤由季子 教授らが、一生にわたり維持される神経幹細胞ができる仕組みを解明
2021/11/08
プレスリリース 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、井上将行教授らが、帝京大学の浜本洋准教授、関水和久教授らの研究グループと共同で、抗生物質ライソシンEが高い治療効果を発揮するメカニズムを解明
2021/09/14
プレスリリース 有機合成化学教室のChristopher Adamson 大学院生、梶野 英俊 博士研究員、川島 茂裕 特任准教授、山次 健三 助教、金井 求 教授が、反応剤を惹き寄せる触媒を開発し、生細胞中の狙ったタンパク質の高効率な化学修飾に成功
2021/08/16
お知らせ 火災発生のお詫び
2021/07/29
受賞 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教が2021年度天然物化学談話会奨励賞を受賞
2021/07/29
プレスリリース 天然物合成化学教室の廣瀬哲博士、渡邉歩大学院生、荻野公平修士、長友優典講師、井上将行教授が、抗HIV活性や抗鎮痛活性を有する複雑天然物群の全合成に成功
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑