メニュー

EN

トピックス

2021/03/26

有機合成化学教室と機能病態学教室が共同で、アルツハイマーモデルマウスの脳内で非侵襲的にアミロイドβの凝集体を低減する化学触媒を開発


有機合成化学教室の永島 臨 大学院生(当時)、古田 将大 大学院生、大井 未来 博士研究員、相馬 洋平 グループリーダー、金井 求 教授と、機能病態学教室の小澤 柊太 大学院生、堀 由起子 講師、富田 泰輔 教授のグループが、アルツハイマーモデルマウスの脳内で非侵襲的にアミロイドβの凝集体を低減する化学触媒の開発に成功しました。この化学触媒をマウスに静脈注射すると血液脳関門を透過し、頭部にオレンジ色の光を照射することでアミロイドβ凝集体をマウスの脳内で選択的に酸素化し、アミロイドβを減少させることができました。アルツハイマー病に対する根本的治療法は現在、存在しませんが、触媒が促進する化学反応を用いる新たなアルツハイマー病治療法の創出につながることが期待されます。
本研究成果は、Science Advances誌(3月24日オンライン版)に掲載されました。
 
雑誌名:「Science Advances」(3月24日付)
論文タイトル:Catalytic photooxygenation degrades brain Aβ in vivo
著者:Nozomu Nagashima, Shuta Ozawa, Masahiro Furuta, Miku Oi, Yukiko Hori, Taisuke Tomita, Youhei Sohma, and Motomu Kanai
DOI番号:10.1126/sciadv.abc9750
アブストラクトURL:https://advances.sciencemag.org/content/7/13/eabc9750
詳しくはこちら

2021/11/24
受賞 天然物化学教室の森貴裕助教が2022年度日本薬学会奨励賞を受賞new
2021/11/18
プレスリリース 有機合成化学教室の丸山勝矢 大学院生、生長 幸之助 講師、金井 求 教授らが、チロシンにくっついたりはなれたりしてタンパク質機能を制御できる有機ラジカルを開発new
2021/11/16
プレスリリース 分子生物学教室の原田雄仁 特任助教、川口大地 助教、後藤由季子 教授らが、一生にわたり維持される神経幹細胞ができる仕組みを解明new
2021/11/08
プレスリリース 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、井上将行教授らが、帝京大学の浜本洋准教授、関水和久教授らの研究グループと共同で、抗生物質ライソシンEが高い治療効果を発揮するメカニズムを解明
2021/09/14
プレスリリース 有機合成化学教室のChristopher Adamson 大学院生、梶野 英俊 博士研究員、川島 茂裕 特任准教授、山次 健三 助教、金井 求 教授が、反応剤を惹き寄せる触媒を開発し、生細胞中の狙ったタンパク質の高効率な化学修飾に成功
2021/08/16
お知らせ 火災発生のお詫び
2021/07/29
受賞 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教が2021年度天然物化学談話会奨励賞を受賞
2021/07/29
プレスリリース 天然物合成化学教室の廣瀬哲博士、渡邉歩大学院生、荻野公平修士、長友優典講師、井上将行教授が、抗HIV活性や抗鎮痛活性を有する複雑天然物群の全合成に成功
2021/07/21
プレスリリース 天然物化学教室の森貴裕助教と阿部郁朗教授らが、一回の反応で基質に3つの酸素原子を導入する世界初の新奇酸素添加酵素の立体構造基盤を解明
2021/07/19
プレスリリース 基礎有機化学教室の内山 真伸 教授らと山梨大学の佐藤 玄 助教(本学卒業生)らの共同研究グループは、理論計算を用いてテルペン系類縁天然物の複雑な化学構造がどのように生合成されているのか、長年の謎を解き明かした
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑