メニュー

EN

トピックス

2021/07/29

天然物合成化学教室の廣瀬哲博士、渡邉歩大学院生、荻野公平修士、長友優典講師、井上将行教授が、抗HIV活性や抗鎮痛活性を有する複雑天然物群の全合成に成功


東京大学大学院薬学系研究科天然物合成化学教室の廣瀬哲博士、渡邉歩大学院生、荻野公平修士、長友優典講師、井上将行教授は、特異な抗HIV活性を示すプロストラチンや強力な鎮痛活性を有するレジニフェラトキシンなど5種類の天然物の統一的な全合成を達成しました。本研究成果は、2021年7月28日付で、化学分野の総合学術雑誌である[Journal of the American Chemical Society]電子版に掲載されました。
 
発表論文
掲載雑誌名: Journal of the American Chemical Society
論文タイトル: Unified Total Syntheses of Rhamnofolane, Tigliane, and Daphnane Diterpenoids
著者: Akira Hirose, Ayumu Watanabe, Kohei Ogino, Masanori Nagatomo, Masayuki Inoue*
DOI: 10.1021/jacs.1c06450
論文へのリンク:https://doi.org/10.1021/jacs.1c06450

発表概要:
プロストラチンやレジニフェラトキシンの類縁体は、環構造が複雑に組み合わさった5/7/6員環炭素骨格上に多数の酸素官能基を有し、6員環上の置換基構造の違いから3つのジテルペンに分類されます。これらには400以上の天然物が属し、その多くが抗ウイルス、抗がん、鎮痛、免疫調節、神経栄養、腫瘍促進などの幅広い特性を示すことから、薬理学的に有用な生物活性天然物群として注目されています。一方、これら3つの複雑な構造を持つジテルペン類の全合成には、多くの場合長大な工程数を要していました。また、構造的に密接な関係があるにもかかわらず、個々の天然物に対して個別の全合成経路を開発する必要がありました。今回、本研究グループは、新たに設計した共通中間体である高度に官能基化された3環性化合物を、分子内ラジカル付加反応を鍵として効率的に構築しました。さらに共通中間体から様々な化学・立体選択的な官能基導入による構造多様化を行うことで、プロストラチンおよびレジニフェラトキシンを含む5つの標的分子の統一的全合成を短工程で達成しました(16から20工程)。
本研究成果により、今まで存在しなかった類縁天然物の統一的な全合成経路を開発しました。今後は、これら天然物の合成による供給が可能になるだけでなく、これら合成戦略を応用展開することで、より高酸化度かつ強力な生物活性を有するジテルペン類の創出が期待されます。このような全合成研究は、稀少天然物群の未知活性の解明、様々な疾患の治療を目的とした医薬品開発および多様な生物学的機能の研究を促進します。

2021/09/14
プレスリリース 有機合成化学教室のChristopher Adamson 大学院生、梶野 英俊 博士研究員、川島 茂裕 特任准教授、山次 健三 助教、金井 求 教授が、反応剤を惹き寄せる触媒を開発し、生細胞中の狙ったタンパク質の高効率な化学修飾に成功new
2021/08/16
お知らせ 火災発生のお詫び
2021/07/29
受賞 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教が2021年度天然物化学談話会奨励賞を受賞
2021/07/29
プレスリリース 天然物合成化学教室の廣瀬哲博士、渡邉歩大学院生、荻野公平修士、長友優典講師、井上将行教授が、抗HIV活性や抗鎮痛活性を有する複雑天然物群の全合成に成功
2021/07/21
プレスリリース 天然物化学教室の森貴裕助教と阿部郁朗教授らが、一回の反応で基質に3つの酸素原子を導入する世界初の新奇酸素添加酵素の立体構造基盤を解明
2021/07/19
プレスリリース 基礎有機化学教室の内山 真伸 教授らと山梨大学の佐藤 玄 助教(本学卒業生)らの共同研究グループは、理論計算を用いてテルペン系類縁天然物の複雑な化学構造がどのように生合成されているのか、長年の謎を解き明かした
2021/04/16
プレスリリース 分子薬物動態学教室の根本駿平 大学院生、森田勝久 大学院生、 水野忠快 助教、楠原洋之 教授がトランスクリプトームデータ解析による、天然物の複雑な作用の理解を促進する方法論を開発
2021/04/14
プレスリリース 機能病態学教室の富田泰輔 教授と堀由起子 講師、 有機合成化学教室の金井求 教授と相馬洋平 グループリーダーらが、アルツハイマー病モデルマウス脳内に蓄積したAβを光酸素化し、病態を改善することに成功
2021/04/09
受賞 薬学系研究科所属の淡川孝義 准教授が、令和3年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。
2021/04/08
プレスリリース 細胞情報学教室の中村俊崇 大学院生、名黒功 准教授、一條秀憲 教授らが、 低温ストレスによるフェロトーシス誘導機構を解明
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑