メニュー

EN

トピックス

2021/07/29

天然物合成化学教室の廣瀬哲博士、渡邉歩大学院生、荻野公平修士、長友優典講師、井上将行教授が、抗HIV活性や抗鎮痛活性を有する複雑天然物群の全合成に成功


東京大学大学院薬学系研究科天然物合成化学教室の廣瀬哲博士、渡邉歩大学院生、荻野公平修士、長友優典講師、井上将行教授は、特異な抗HIV活性を示すプロストラチンや強力な鎮痛活性を有するレジニフェラトキシンなど5種類の天然物の統一的な全合成を達成しました。本研究成果は、2021年7月28日付で、化学分野の総合学術雑誌である[Journal of the American Chemical Society]電子版に掲載されました。
 
発表論文
掲載雑誌名: Journal of the American Chemical Society
論文タイトル: Unified Total Syntheses of Rhamnofolane, Tigliane, and Daphnane Diterpenoids
著者: Akira Hirose, Ayumu Watanabe, Kohei Ogino, Masanori Nagatomo, Masayuki Inoue*
DOI: 10.1021/jacs.1c06450
論文へのリンク:https://doi.org/10.1021/jacs.1c06450

発表概要:
プロストラチンやレジニフェラトキシンの類縁体は、環構造が複雑に組み合わさった5/7/6員環炭素骨格上に多数の酸素官能基を有し、6員環上の置換基構造の違いから3つのジテルペンに分類されます。これらには400以上の天然物が属し、その多くが抗ウイルス、抗がん、鎮痛、免疫調節、神経栄養、腫瘍促進などの幅広い特性を示すことから、薬理学的に有用な生物活性天然物群として注目されています。一方、これら3つの複雑な構造を持つジテルペン類の全合成には、多くの場合長大な工程数を要していました。また、構造的に密接な関係があるにもかかわらず、個々の天然物に対して個別の全合成経路を開発する必要がありました。今回、本研究グループは、新たに設計した共通中間体である高度に官能基化された3環性化合物を、分子内ラジカル付加反応を鍵として効率的に構築しました。さらに共通中間体から様々な化学・立体選択的な官能基導入による構造多様化を行うことで、プロストラチンおよびレジニフェラトキシンを含む5つの標的分子の統一的全合成を短工程で達成しました(16から20工程)。
本研究成果により、今まで存在しなかった類縁天然物の統一的な全合成経路を開発しました。今後は、これら天然物の合成による供給が可能になるだけでなく、これら合成戦略を応用展開することで、より高酸化度かつ強力な生物活性を有するジテルペン類の創出が期待されます。このような全合成研究は、稀少天然物群の未知活性の解明、様々な疾患の治療を目的とした医薬品開発および多様な生物学的機能の研究を促進します。

2022/08/05
プレスリリース 新型コロナウイルスのウイルス形成に必須の膜タンパク質の構造を解明new
2022/07/19
プレスリリース 附属創薬機構の小島宏建特任教授と岡部隆義特任教授、長野哲雄名誉教授と東京慈恵会医科大学医学部の奥田賢一講師と金城雄樹主任教授らの研究グループが、黄色ブドウ球菌のバイオフィルム形成を阻害する化合物を発見
2022/06/09
受賞 第 35 回 独創性を拓く 先端技術大賞「特別賞」を受賞
2022/06/06
プレスリリース 天然物合成化学教室の薛贇唯博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授らの研究グループが、天然物グラミシジンAががん細胞の増殖を抑制する仕組みを解明
2022/06/02
プレスリリース 天然物化学教室のHui Tao特任研究員、森 貴裕 助教、阿部 郁朗 教授らの共同研究グループが、新規テルペン生合成経路の発見と酵素の構造機能解析に成功
2022/05/18
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の浅見仁太 大学院生、清水敏之 教授、大戸梅治 准教授らの研究グループがB型肝炎ウイルス感染受容体であるヒト膜タンパク質NTCPの構造を解明
2022/04/04
プレスリリース 有機合成化学教室の布施拡 大学院生、入江優 学部生、三ツ沼治信 特任助教、金井求 教授らの研究グループが、生体内電子伝達をミミックした段階的電子移動触媒系を構築し、光触媒が不要な炭素―水素結合変換反応の開発に成功
2022/04/01
プレスリリース 基礎有機化学教室の 田中 裕介大学院生、村中 厚哉 薬学部研究員(本務先 理化学研究所)、内山 真伸 教授と理化学研究所の 金有洙主任研究員 らの共同研究グループが、単一分子で生じる光電エネルギー変換の観測に世界で初めて成功
2022/04/01
プレスリリース 基礎有機化学教室の 内山 真伸 教授らと東京工業大学の 田中 健 教授らの共同研究グループが、300通りの可能性からたった1つの分子のみを与える究極の[2+2+2]環化付加反応を開発
2022/03/15
プレスリリース 薬品作用学教室の野口朝子 大学院生、池谷裕二教授らが記憶情報を担う多様な神経活動パターンの制御機構を解明
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑