メニュー

EN

トピックス

2021/11/18

有機合成化学教室の丸山勝矢 大学院生、生長 幸之助 講師、金井 求 教授らが、チロシンにくっついたりはなれたりしてタンパク質機能を制御できる有機ラジカルを開発


有機合成化学教室の丸山 勝矢 大学院生、生長 幸之助 講師、金井 求 教授らが、チロシンにくっついたりはなれたりしてタンパク質機能を制御できる有機ラジカルを開発しました。本研究成果は、2021年11月18日付で、Journal of the American Chemical Society電子版に掲載されました。
 
タンパク質の翻訳後修飾は、タンパク質機能を可逆的に制御する生物学的メカニズムであり、その人工模倣を意図した合成化学研究が検討されています。しかしながら、疎水性アミノ酸を対象に化学結合形成、ひいてはタンパク質機能を可逆的に制御する事例は極めて限られています。
当研究室では、反応性に富み水中でも活用可能な有機ラジカル種に着目し、疎水性アミノ酸との選択的な合成化学的タンパク質修飾法の開発を進めてきました。今回、オキシムから一電子酸化によって生成される「イミノキシルラジカル」を独自に設計し、チロシン選択的タンパク質化学修飾法の開発に成功しました。イミノキシルラジカルの置換基をメチル基一つぶんだけ嵩高くすることで、形成される化学結合が可逆になるという興味深い事実も併せて発見しました。さらにこの可逆的修飾法を応用し、タンパク質機能に深く関わるチロシン残基を修飾・脱修飾に附すことで、酵素活性やモノクローナル抗体の抗原親和性といったタンパク質機能のオンデマンド制御が可能であることも実証しました。本成果は生命科学研究を進展させる化学ツールの創出や生物製剤の新規プロドラッグ化法につながることが期待されます。
 
雑誌名:「Journal of the American Chemical Society」(2021年11月18日付)
論文タイトル:Protein Modification at Tyrosine with Iminoxyl Radicals
著者: Katsuya Maruyama, Takashi Ishiyama, Yohei Seki, Kentaro Sakai, Takaya Togo, Kounosuke Oisaki, Motomu Kanai
DOI番号:10.1021/jacs.1c09066.
論文のURL:https://pubs.acs.org/doi/10.1021/jacs.1c09066
 

2021/12/07
プレスリリース 天然物合成化学教室の王瀛華博士、永井利也大学院生、渡辺樹修士、萩原浩一特任助教、井上将行教授が、多様な生物活性を有する複雑天然物であるジヒドロ-β-アガロフラン類の全合成を達成new
2021/11/29
プレスリリース 薬品代謝化学教室の高木太尊 大学院生,上野匡 助教、浦野泰照 教授らの研究グループは、細胞骨格の一種であるアクチン繊維を高選択的に可視化・操作可能なプローブ分子の開発に成功new
2021/11/24
受賞 天然物化学教室の森貴裕助教が2022年度日本薬学会奨励賞を受賞
2021/11/18
プレスリリース 有機合成化学教室の丸山勝矢 大学院生、生長 幸之助 講師、金井 求 教授らが、チロシンにくっついたりはなれたりしてタンパク質機能を制御できる有機ラジカルを開発
2021/11/16
プレスリリース 分子生物学教室の原田雄仁 特任助教、川口大地 助教、後藤由季子 教授らが、一生にわたり維持される神経幹細胞ができる仕組みを解明
2021/11/08
プレスリリース 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、井上将行教授らが、帝京大学の浜本洋准教授、関水和久教授らの研究グループと共同で、抗生物質ライソシンEが高い治療効果を発揮するメカニズムを解明
2021/09/14
プレスリリース 有機合成化学教室のChristopher Adamson 大学院生、梶野 英俊 博士研究員、川島 茂裕 特任准教授、山次 健三 助教、金井 求 教授が、反応剤を惹き寄せる触媒を開発し、生細胞中の狙ったタンパク質の高効率な化学修飾に成功
2021/08/16
お知らせ 火災発生のお詫び
2021/07/29
受賞 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教が2021年度天然物化学談話会奨励賞を受賞
2021/07/29
プレスリリース 天然物合成化学教室の廣瀬哲博士、渡邉歩大学院生、荻野公平修士、長友優典講師、井上将行教授が、抗HIV活性や抗鎮痛活性を有する複雑天然物群の全合成に成功
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑