メニュー

EN

トピックス

2021/12/20

生理化学教室の北川大樹教授が第18回日本学術振興会賞を受賞


日本学術振興会賞は、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を見い出し、早い段階から顕彰することで、その研究意欲を高め、研究の発展を支援することにより、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的としています。
   選考は、各分野を代表する我が国のトップレベルの学術研究者により構成される審査会で厳正な審査が行われ、受賞者を決定しました。  受賞対象者は、人文学、社会科学及び自然科学の全分野において、原則45歳未満で博士又は博士と同等以上の学術研究能力を有する者のうち、論文等の研究業績により学術上特に優れた成果をあげている研究者としています。
 
授賞理由
「中心小体複製の基本原理の解明とその理論化」
(Elucidation and Theorization of Basic Principles of Centriole Duplication)
中心体は、微小管の形成中心として細胞分裂をはじめとする多様な細胞機能にとって重 要な細胞小器官である。中心体の中核的構造体である中心小体は細胞周期あたり一回だけ 自己複製するが、その仕組みは細胞生物学分野の大きな謎であった。北川大樹氏は、顕微 鏡形態学、生化学、構造生物学の手法を駆使することにより、中心小体に 9 回対称性構造を 与える分子基盤、中心小体の構造タンパク質とリン酸化酵素の相互作用、リン酸化酵素の液 -液相転移による複製開始点決定機構などを明らかにしてきた。また、中心小体構成因子 群の局在を定量解析し、数理モデリングやシミュレーションを用いて、中心小体複製の理論 モデルを初めて構築した。さらに、北川氏は、中心体の形成異常が疾患における染色体不 安定性の原因となることを明らかにしており、一連の研究は医学的にも価値が高い。以上の ように北川氏は、中心体の包括的理解を目指す研究を展開し、世界をリードしている。その 研究手腕は卓越しており、今後の細胞生物学を牽引する研究者として大いに期待される。
https://www.jsps.go.jp/jsps-prize/data/ichiran/18th_JSPSprize_reason_jp.pdf
 
 

2021/12/28
受賞 古市泰宏先生が第5回日本医療研究開発大賞文部科学大臣賞を受賞
2021/12/20
受賞 生理化学教室の北川大樹教授が第18回日本学術振興会賞を受賞
2021/12/15
受賞 免疫・微生物学教室の堀昌平教授が第24回日本免疫学会賞を受賞
2021/12/15
受賞 薬化学教室の大和田智彦教授が2022年度日本薬学会学会賞を受賞
2021/12/10
プレスリリース 薬品作用学教室の小山隆太准教授らの研究グループが、神経幹細胞に発現する温度受容体を介した、ストレス応答の新たなメカニズムを解明
2021/12/09
プレスリリース 有機合成化学教室の 陳 虹宇 大学院生、三ツ沼 治信 特任助教、金井 求 教授らが、機械学習・データサイエンスを用いて有機合成化学の難題である複雑な不斉触媒反応の迅速な最適化に成功
2021/12/09
プレスリリース 天然物化学教室の淡川孝義准教授、阿部郁朗教授らが、β-NAD由来抗腫瘍天然物生合成に関わる新規酵素を発見
2021/12/07
プレスリリース 天然物合成化学教室の王瀛華博士、永井利也大学院生、渡辺樹修士、萩原浩一特任助教、井上将行教授が、多様な生物活性を有する複雑天然物であるジヒドロ-β-アガロフラン類の全合成を達成
2021/11/29
プレスリリース 薬品代謝化学教室の高木太尊 大学院生,上野匡 助教、浦野泰照 教授らの研究グループは、細胞骨格の一種であるアクチン繊維を高選択的に可視化・操作可能なプローブ分子の開発に成功
2021/11/24
受賞 天然物化学教室の森貴裕助教が2022年度日本薬学会奨励賞を受賞
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑