メニュー

EN

トピックス

2021/12/28

古市泰宏先生が第5回日本医療研究開発大賞文部科学大臣賞を受賞


古市泰宏先生(現新潟薬科大学客員教授)は東京大学薬学系大学院時代(衛生裁判化学、浮田忠之進教授)から核酸化学を学び、その基盤の上に、1975年にm7GpppNmキャップ構造をmRNA中に発見されました。このキャップ構造はmRNAの5’末端に存在し、mRNA翻訳と安定性に関わる真核生物に共通の化学修飾です。Covid-19 mRNAワクチン開発においてもキャップ構造は不可欠なmRNA修飾として使われ、古市先生の基礎研究は多くの人を感染から守るワクチン開発に大きく貢献しました。

日本医療研究開発大賞は、医療分野の研究開発の推進に多大な貢献をした事例に関して、功績を称えることにより、国民の関心と理解を深めるとともに、研究者等のインセンティブを高めるための賞として平成29年度より行われています。文部科学大臣賞は科学技術・学術の振興の視点から特に顕著な功績が認められる事例に関して授与されます。
 

2021/12/28
受賞 古市泰宏先生が第5回日本医療研究開発大賞文部科学大臣賞を受賞
2021/12/20
受賞 生理化学教室の北川大樹教授が第18回日本学術振興会賞を受賞
2021/12/15
受賞 免疫・微生物学教室の堀昌平教授が第24回日本免疫学会賞を受賞
2021/12/15
受賞 薬化学教室の大和田智彦教授が2022年度日本薬学会学会賞を受賞
2021/12/10
プレスリリース 薬品作用学教室の小山隆太准教授らの研究グループが、神経幹細胞に発現する温度受容体を介した、ストレス応答の新たなメカニズムを解明
2021/12/09
プレスリリース 有機合成化学教室の 陳 虹宇 大学院生、三ツ沼 治信 特任助教、金井 求 教授らが、機械学習・データサイエンスを用いて有機合成化学の難題である複雑な不斉触媒反応の迅速な最適化に成功
2021/12/09
プレスリリース 天然物化学教室の淡川孝義准教授、阿部郁朗教授らが、β-NAD由来抗腫瘍天然物生合成に関わる新規酵素を発見
2021/12/07
プレスリリース 天然物合成化学教室の王瀛華博士、永井利也大学院生、渡辺樹修士、萩原浩一特任助教、井上将行教授が、多様な生物活性を有する複雑天然物であるジヒドロ-β-アガロフラン類の全合成を達成
2021/11/29
プレスリリース 薬品代謝化学教室の高木太尊 大学院生,上野匡 助教、浦野泰照 教授らの研究グループは、細胞骨格の一種であるアクチン繊維を高選択的に可視化・操作可能なプローブ分子の開発に成功
2021/11/24
受賞 天然物化学教室の森貴裕助教が2022年度日本薬学会奨励賞を受賞
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑