メニュー

EN

トピックス

2022/03/10

蛋白構造生物学教室の大戸梅治 准教授、上司ゆき恵 大学院生、石田英子 特任研究員、張志寛 助教、清水敏之 教授らが、インフラマソーム活性化因子NLRP3の不活性化型多量体構造を解明


東京大学大学院薬学系研究科蛋白構造生物学教室の大戸梅治 准教授、上司ゆき恵 大学院生、石田英子 特任研究員、張志寛 助教、清水敏之 教授らの研究グループは、病原体の侵入や細胞の障害によって活性化され炎症応答を引き起こす高分子量複合体インフラマソームの構成因子の一つであるNLRP3の不活性化型の多量体構造を解明しました。NLRP3は不活性化状態において12量体を形成することで、シグナルドメイン同士の会合が抑制されていることが明らかとなりました。また、NLRP3の阻害剤であるMCC950の結合様式も明らかにしました。NLRP3の活性化は動脈硬化、糖尿病、肥満、アルツハイマー病などに関係しており、本研究成果はNLRP3の活性化を制御する薬剤開発の基盤となることが期待されます。
本研究成果は2022年3月7日付で米科学誌The Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS) 誌(オンライン版)に掲載されました。

原著論文:
Umeharu Ohto*,, Yukie Kamitsukasa*, Hanako Ishida*, Zhikuan Zhang*, Karin Murakami, Chie Hirama, Sakiko Maekawa, and Toshiyuki Shimizu
(*共同筆頭著者、†共同責任著者)
"Structural basis for the oligomerization-mediated regulation of NLRP3 inflammasome activation"
PNAS, Vol. 119 No. 11 e2121353119. DOI: 10.1073/pnas.2121353119
論文へのリンクはこちら
https://www.pnas.org/doi/10.1073/pnas.2121353119
 

2022/05/18
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の浅見仁太 大学院生、清水敏之 教授、大戸梅治 准教授らの研究グループがB型肝炎ウイルス感染受容体であるヒト膜タンパク質NTCPの構造を解明new
2022/04/04
プレスリリース 有機合成化学教室の布施拡 大学院生、入江優 学部生、三ツ沼治信 特任助教、金井求 教授らの研究グループが、生体内電子伝達をミミックした段階的電子移動触媒系を構築し、光触媒が不要な炭素―水素結合変換反応の開発に成功
2022/04/01
プレスリリース 基礎有機化学教室の 田中 裕介大学院生、村中 厚哉 薬学部研究員(本務先 理化学研究所)、内山 真伸 教授と理化学研究所の 金有洙主任研究員 らの共同研究グループが、単一分子で生じる光電エネルギー変換の観測に世界で初めて成功
2022/04/01
プレスリリース 基礎有機化学教室の 内山 真伸 教授らと東京工業大学の 田中 健 教授らの共同研究グループが、300通りの可能性からたった1つの分子のみを与える究極の[2+2+2]環化付加反応を開発
2022/03/15
プレスリリース 薬品作用学教室の野口朝子 大学院生、池谷裕二教授らが記憶情報を担う多様な神経活動パターンの制御機構を解明
2022/03/10
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の大戸梅治 准教授、上司ゆき恵 大学院生、石田英子 特任研究員、張志寛 助教、清水敏之 教授らが、インフラマソーム活性化因子NLRP3の不活性化型多量体構造を解明
2021/12/28
受賞 古市泰宏先生が第5回日本医療研究開発大賞文部科学大臣賞を受賞
2021/12/20
受賞 生理化学教室の北川大樹教授が第18回日本学術振興会賞を受賞
2021/12/15
受賞 免疫・微生物学教室の堀昌平教授が第24回日本免疫学会賞を受賞
2021/12/15
受賞 薬化学教室の大和田智彦教授が2022年度日本薬学会学会賞を受賞
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑