メニュー

EN

トピックス

2022/06/06

天然物合成化学教室の薛贇唯博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授らの研究グループが、天然物グラミシジンAががん細胞の増殖を抑制する仕組みを解明


 天然物合成化学教室の薛贇唯大学院生(研究当時)、伊藤寛晃助教、井上将行教授およびがん研究所の旦慎吾博士は、天然物グラミシジンAの構造改変と細胞内挙動解析によって、本分子がミトコンドリアに直接作用し、細胞のエネルギー産生を阻害することで、強力ながん細胞増殖抑制活性を示すことを明らかにしました。本研究成果は、2022年6月3日付で、英国王立化学会誌「Chemical Science」に掲載されました。

発表論文
掲載雑誌名:Chemical Science
論文タイトル:Gramicidin A Accumulates in Mitochondria, Reduces ATP Levels, Induces Mitophagy, and Inhibits Cancer Cell Growth
著者:Yun-Wei Xue, Hiroaki Itoh, Shingo Dan, Masayuki Inoue
DOI番号:10.1039/D2SC02024F
論文へのリンク

 がんは、2人に1人が罹患する疾患であり、有用な新規抗がん薬の開発は常に求められています。抗がん活性を示す天然物には、優れた性質を示す分子が多く知られている一方で、作用の詳細が不明なことも多く、応用展開を実現するにはメカニズムを明らかにすることが重要です。例えば、土壌細菌が産生する天然物であるグラミシジンAは、強力な抗がん活性を示すことが知られていますが、どのように活性を発現しているかは不明でした。
 本研究グループは、固相合成に基づくグラミシジンAの構造改変体の全合成と機能解析によって、本分子が細胞内のエネルギー産生を司るミトコンドリアに集積し、マイトファジーを誘起することを明らかにしました。さらに、細胞内ATP濃度を低下させることで、がん細胞増殖抑制活性を発現することを示しました。本成果は、イオンチャネルを形成することで知られるグラミシジンAの医薬品資源としての応用可能性をさらに拡大します。

2022/06/09
受賞 第 35 回 独創性を拓く 先端技術大賞「特別賞」を受賞
2022/06/06
プレスリリース 天然物合成化学教室の薛贇唯博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授らの研究グループが、天然物グラミシジンAががん細胞の増殖を抑制する仕組みを解明
2022/06/02
プレスリリース 天然物化学教室のHui Tao特任研究員、森 貴裕 助教、阿部 郁朗 教授らの共同研究グループが、新規テルペン生合成経路の発見と酵素の構造機能解析に成功
2022/05/18
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の浅見仁太 大学院生、清水敏之 教授、大戸梅治 准教授らの研究グループがB型肝炎ウイルス感染受容体であるヒト膜タンパク質NTCPの構造を解明
2022/04/04
プレスリリース 有機合成化学教室の布施拡 大学院生、入江優 学部生、三ツ沼治信 特任助教、金井求 教授らの研究グループが、生体内電子伝達をミミックした段階的電子移動触媒系を構築し、光触媒が不要な炭素―水素結合変換反応の開発に成功
2022/04/01
プレスリリース 基礎有機化学教室の 田中 裕介大学院生、村中 厚哉 薬学部研究員(本務先 理化学研究所)、内山 真伸 教授と理化学研究所の 金有洙主任研究員 らの共同研究グループが、単一分子で生じる光電エネルギー変換の観測に世界で初めて成功
2022/04/01
プレスリリース 基礎有機化学教室の 内山 真伸 教授らと東京工業大学の 田中 健 教授らの共同研究グループが、300通りの可能性からたった1つの分子のみを与える究極の[2+2+2]環化付加反応を開発
2022/03/15
プレスリリース 薬品作用学教室の野口朝子 大学院生、池谷裕二教授らが記憶情報を担う多様な神経活動パターンの制御機構を解明
2022/03/10
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の大戸梅治 准教授、上司ゆき恵 大学院生、石田英子 特任研究員、張志寛 助教、清水敏之 教授らが、インフラマソーム活性化因子NLRP3の不活性化型多量体構造を解明
2021/12/28
受賞 古市泰宏先生が第5回日本医療研究開発大賞文部科学大臣賞を受賞
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑