メニュー

EN

トピックス

2023/05/16

基礎有機化学教室の内山 真伸 教授らと山梨大学の佐藤 玄 助教(本学卒業生)らの共同研究グループが、理論計算を用いた強力な解析手法の開発によってテルペン系類縁天然物の難解な生合成機構の解明に成功


 基礎有機化学教室の松山 太郎 大学院生、富樫 恒 大学院生(研究当時)、内山 真伸 教授と山梨大学の佐藤 玄 助教(本学博士修了)らの共同研究グループは、生合成機構解明における強力な方法論として「逆生合成解析」という理論的手法を開発しました。本手法によって、テルペン系天然物 peniroquesine の生合成経路の全貌解明に成功しました。本研究成果は、2023年5月15日付で米国化学会誌「JACS Au」のオンライン速報版に公開されました。

発表論文
掲載雑誌名: JACS Au(オープンアクセス)
論文タイトル: Revision of Peniroquesine Biosynthetic Pathway by Retro-biosynthetic Theoretical Analysis: Ring Strain Controls the Unique Carbocation Rearrangement Cascade
著者: Taro Matsuyama, Ko Togashi, Moe Nakano, Hajime Sato,* Masanobu Uchiyama*
DOI: 10.1021/jacsau.3c00039
論文へのリンクはこちら

研究発表の概要
 自然界から得られる多種多様な天然物は、強い薬理活性を示す医薬品として創薬研究における主要な役割を担っています。しかし、天然物が有する複雑な分子骨格は、酵素内部で多段階連続反応によって生合成されるため、その詳細な反応機構の実験的な解析は困難であり、未だに多くが謎に包まれています。今回、本研究グループは理論計算による「逆生合成解析」という新たな方法論を開発することで、テルペン系天然物である peniroquesine の難解な生合成経路を解明しました。
 天然物は非常に単純な構造を持つ炭化水素(初期物質)から多くのキラル中心を持つ複雑な骨格を持つ分子へと生合成されます。すなわち、最終生成物(天然物)は初期物質と比べて自由度が低く、配座異性体の数が極めて制限されています。本研究グループは、この特徴に注目することで、最終生成物から初期物質へと生合成経路を逆向きに解析する「逆生合成解析」という理論手法を開発しました。本手法によって理論計算を進めることで、従来想定されていた生合成機構を大幅に修正する合理的な生合成経路を明らかにしました。
 本手法は、従来法では解析困難であった様々な天然物の生合成機構解明に適用可能であると考えられます。また、本手法によって生合成機構を解き明かし、非天然物創出を含む新たな天然物化学が確立されれば、創薬研究の進展に大きく貢献できると期待されます。

2024/05/28
プレスリリース 免疫・微生物学教室の瀬戸口留可准教授、千菊智也大学院生、堀昌平教授らによる研究グループが免疫記憶を担うメモリーCD8 T細胞の恒常性維持機構を解明
2024/05/22
受賞 分子薬物動態学教室の水野忠快 助教が2024年度CBI学会若手奨励賞を受賞
2024/05/17
プレスリリース 有機合成化学教室の梅田大輝 大学院生、東屋勇都 大学院生、山梨祐輝 助教、金井求教授らの研究グループが、光をあてなくても化学励起によりアミロイドを壊せる分子を開発
2024/05/09
プレスリリース 生体分析化学教室の岡部弘基 助教、大阪大学の原田慶恵 教授らの研究グループが細胞内で自発的に作られる熱が神経分化を駆動するしくみ(温度シグナリング)を解明
2024/05/09
プレスリリース 有機合成化学教室(金井 求 教授)と機能病態学教室 (富田 泰輔 教授)は共同で、アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する触媒の開発に成功
2024/04/19
プレスリリース 基礎有機化学教室の鳥海尚之講師、内山真伸教授と東京工業大学の永島佑貴助教(本学卒業生)、田中健教授らの共同研究グループが優れた円偏光発光特性を示す3次元に共役系が広がったヘリセンの不斉合成に成功
2024/04/18
受賞 薬品代謝化学教室の浦野泰照教授が第1回神戸賞・大賞を受賞
2024/03/22
プレスリリース 生理化学教室の竹田穣大学院生、知念拓実助教、畠星治特任講師、北川大樹教授らの研究グループが中心小体の基本骨格形成メカニズムを解明
2024/03/18
プレスリリース 天然物合成化学教室の渡邉歩博士、長友優典講師、廣瀬哲博士、彦根悠人大学院生、井上将行教授が、AIDS根治を志向したチグリアンジテルペンの全合成を達成
2024/02/16
プレスリリース 分子薬物動態学教室の吉開泰裕大学院生、水野忠快助教、楠原洋之教授らの研究グループが、言語AIが多様な化合物構造を学習する過程の特徴を発見
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑