メニュー

EN

トピックス

2023/06/13

天然物化学教室の呂双 大学院生(研究当時)、森貴裕 准教授、阿部郁朗 教授らの研究グループが、抗生物質の生物活性に重要な分子骨格を構築する新奇縮合酵素の構造機能を解明


 抗生物質として利用されているリンコサミド化合物群の生合成中、生物活性の発現に必須なアミド結合の形成反応を触媒する新奇縮合酵素CcbDについて、酵素反応の立体構造基盤を解明しました。酵素のX 線結晶構造解析から本酵素群が、これまでに天然から見出されたことのない、新規な全体構造を有していることを明らかとし、さらに、本来の基質の類縁体化合物を用いた酵素の機能解析や、立体構造をもとにした部位特異的変異導入により、本酵素は過去に解析されているアミド結合形成酵素とは異なる新たな反応機構でアミド結合の形成を触媒することを解明しました。自然界には依然として多くの反応機構がわかっていない未開拓な生合成酵素が眠っています。その触媒原理を解明し、さらに酵素の機能を改変して有用物質生産へ応用することで、新たな創薬シード化合物の創出など、薬科学の発展への貢献が期待されます。 本研究成果は、2023年6月12日付(現地時間)で「Nature Catalysis」(電子版)掲載されました。

雑誌名:Nature Catalysis
題目: Molecular basis for carrier protein-dependent amide bond formation in the biosynthesis of lincosamide antibiotics
著者:Takahiro Mori*, Stanislav Kadlcik, Shuang Lyu, Zdenek Kamenik, Kosuke Sakurada, Aninda Mazumdar, Huibin Wang, Jiri Janata*, and Ikuro Abe*(*共同責任著者)
DOI: 10.1038/s41929-023-00971-y
論文へのリンク: https://www.nature.com/articles/s41929-023-00971-y

2024/07/10
受賞 天然物合成化学教室の萩原浩一助教が2024年度天然物化学談話会奨励賞を受賞new
2024/07/10
プレスリリース 分子薬物動態学教室の東一織大学院生、水野忠快助教、楠原洋之教授らの研究グループが、組織中の細胞種の比率を準網羅的に推定するアルゴリズムを開発new
2024/06/21
プレスリリース 薬品作用学教室の吉本愛梨 大学院生、池谷裕二 教授らの研究グループが心拍数を意図的にコントロールする神経メカニズムを解明
2024/05/28
プレスリリース 免疫・微生物学教室の瀬戸口留可准教授、千菊智也大学院生、堀昌平教授らによる研究グループが免疫記憶を担うメモリーCD8 T細胞の恒常性維持機構を解明
2024/05/22
受賞 分子薬物動態学教室の水野忠快 助教が2024年度CBI学会若手奨励賞を受賞
2024/05/17
プレスリリース 有機合成化学教室の梅田大輝 大学院生、東屋勇都 大学院生、山梨祐輝 助教、金井求教授らの研究グループが、光をあてなくても化学励起によりアミロイドを壊せる分子を開発
2024/05/09
プレスリリース 生体分析化学教室の岡部弘基 助教、大阪大学の原田慶恵 教授らの研究グループが細胞内で自発的に作られる熱が神経分化を駆動するしくみ(温度シグナリング)を解明
2024/05/09
プレスリリース 有機合成化学教室(金井 求 教授)と機能病態学教室 (富田 泰輔 教授)は共同で、アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する触媒の開発に成功
2024/04/19
プレスリリース 基礎有機化学教室の鳥海尚之講師、内山真伸教授と東京工業大学の永島佑貴助教(本学卒業生)、田中健教授らの共同研究グループが優れた円偏光発光特性を示す3次元に共役系が広がったヘリセンの不斉合成に成功
2024/04/18
受賞 薬品代謝化学教室の浦野泰照教授が第1回神戸賞・大賞を受賞
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑