メニュー

EN

トピックス

2020/10/20

蛋白構造生物学教室の張志寛 助教、大戸梅治 准教授、 清水敏之 教授と大日本住友製薬株式会社の共同研究チームがクライオ電子顕微鏡 (Cryo-EM) 分析を用いて高分解能でのTLR7/新規阻害剤の複合体構造を解明


東京大学大学院薬学系研究科蛋白構造生物学教室の張志寛 助教、大戸梅治 准教授、 清水敏之 教授と大日本住友製薬株式会社の共同研究チームがクライオ電子顕微鏡 (Cryo-EM) 分析を用いて高分解能でのTLR7/新規阻害剤の複合体構造を解明しました。本研究成果は2020年10月15日付でNature Communicationsに掲載されました。
 
発表雑誌
雑誌名:Nature Communications
題目:Structural analysis reveals TLR7 dynamics underlying antagonism
著者:Shingo Tojo*†, Zhikuan Zhang*, Hiroyuki Matsui, …, Umeharu Ohto† and Toshiyuki Shimizu† (* co-first authors, †co-corresponding authors)
DOI:10.1038/s41467-020-19025-z
論文へのリンク:https://www.nature.com/articles/s41467-020-19025-z
 
発表概要
 自然免疫は病原微生物感染に対する重要な生体防御システムであり、Toll様受容体 (Toll-like receptor, TLR) は自然免疫システムにおいて中心的な役割を果たしています。TLR7は一本鎖RNAの受容体として知られていますが、過剰な応答は全身性エリテマトーデス(SLE)などの自己免疫疾患に関与することが知られています。近年、TLR7を標的とした自己免疫疾患の治療薬が世界中の研究グループおよび製薬企業により開発されていますが、阻害剤によるTLR7の阻害機構の分子メカニズムは解明されていませんでした。
 大日本住友製薬の共同研究チームは、TLR7の強力な低分子アゴニストを起点とし、様々な誘導体化合物を合成しTLR7に対する特異的かつ強力な阻害剤を創出しました。この化合物をSLEモデルマウスに投与した結果、腎炎発症の抑制および生存率の改善が見られました。さらに本研究グループはクライオ電子顕微鏡およびX線結晶構造解析を併用して、TLR7が上記の阻害剤による動的な構造変化を引き起こすこと、つまりTLR7は、クローズ型(活性化型)とオープン型(不活性化型)のコンフォメーション間の動的な平衡状態のため、安定な活性化状態を保持できず、不活性の阻害状態となることを明らかにしました。さらに、東京大学Cryo-EM施設のTitan Krios電子顕微鏡を用いて、世界で初めてTLR7/阻害剤複合体の高分解能の分子構造も明らかにしました。
 本研究グループの成果はの阻害機構を理解するうえで重要な構造的基盤を提供し、TLR7をターゲットとした自己免疫疾患の画期的な治療薬の開発が進むと期待されます。
詳しくはこちら

2019/10/08
プレスリリース 薬学系研究科薬品代謝化学教室の浦野泰照教授、医学系研究科生体情報学分野の千葉真由美博士課程学生、神谷真子准教授らが、1細胞レベルで標的細胞の細胞死誘導が可能な試薬を開発
2019/09/25
お知らせ 研究・教育年報第23巻を公開しました
2019/09/24
プレスリリース 遺伝学教室の篠田夏樹特任助教、花輪望未大学院生、三浦正幸教授らが、細胞死を実行する因子として知られるカスパーゼが、非細胞死性に器官の成長を促進し、器官サイズの安定性に寄与することを発見
2019/08/28
プレスリリース 薬学系研究科薬品代謝化学教室の浦野泰照教授、医学系研究科生体情報学分野の河谷稔博士課程学生、山本恭子博士課程学生、神谷真子准教授らが、前立腺がんをその場で光らせて検出する新しい種類の蛍光試薬を開発
2019/08/28
プレスリリース 生理化学教室の高尾大輔助教・山本昌平研究員 ・北川大樹教授が、中心小体複製の制御メカニズムをモデル化
2019/08/02
プレスリリース 薬化学教室の翟 璐晗(ザイ ルーハン)特任研究員と大和田智彦教授らが、アルツハイマー病に関係していると考えられているアミロイドβの凝集構造の起源について計算化学を用いて解析し、今まで認識されていなかった弱い電子相互作用を疎水性領域に発見
2019/07/07
プレスリリース 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、井上将行教授らの研究グループが、OBOCライブラリー戦略の応用により強力な抗菌活性を示す人工化合物群の創出に成功
2019/06/21
プレスリリース 天然物合成化学教室の今村祐亮大学院生、長友優典講師、井上将行教授らが、がん細胞毒性を有する複雑天然物1-ヒドロキシタキシニンの全合成に成功
2019/06/10
プレスリリース 化学物質安全性評価システム構築(社会連携講座)の竹内春樹特任准教授、および薬品作用学教室の中嶋藍特任助教と伊原尚樹大学院生らの研究グループが神経回路形成の新たなルールを解明
2019/06/05
プレスリリース 薬品作用学教室の小山隆太准教授と安藤めぐみ大学院生らの研究グループが、自閉症モデルマウスを用いて、自閉症の治療における運動の有効性とマイクログリアの関与を発見
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑